バンクイックの金利&返済方法・手数料のまとめ

銀行カードローン

2015.09.10

ufj-kinri

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの金利は高い?低い?

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の金利は高いか低いか―。これは「銀行カードローンのちょうど平均的な金利」です。

銀行カードローンの金利は大体「4.5%~14.5%」ですが、バンクイックの金利は「4.6%~14.6%」です。上限金利・下限金利ともに「0.1%」だけ高いですが、このくらいは違いのうちに入りません。

ということで、バンクイックの金利は「銀行カードローンの平均」と考えてください。

他の銀行カードローンの金利と比較

実際にバンクイックの金利がどのくらいの水準なのか、他の銀行カードローンの金利と比較してみましょう(数値はすべて「実質年率」です)。

(バンクイックは「三菱東京UFJ銀行」として表記)

  • 三菱東京UFJ銀行…4.6~14.6%
  • 三井住友銀行…4.0~14.5%
  • イオン銀行…3.8~13.8%
  • 楽天銀行…4.9%~14.5%
  • オリックス銀行…3.0~17.8%
  • みずほ銀行…4.0~14.0%

バンクイックと他の銀行の金利比較・まとめ

上のように見ると、バンクイックの金利は大体、

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行

などと同じことがわかります。オリックス銀行は「下限金利はバンクイックより安いかわりに、上限金利が高い」という風で、高いとも安いとも言えません。

バンクイックよりも低金利な銀行について

一方、三菱東京UFJ銀行カードローンよりも低金利な銀行は、

  • ソニー銀行
  • イオン銀行

…となります。この中で、ソニー銀行は低金利な分デメリットもあります。2015年の夏まで新規募集を停止していたので、今後もいつまで新規申し込みができるかわかりません(多分、今後は大丈夫だとは思うのですが)。

そうしたことを考えると、ソニー銀行よりはバンクイックの方が安定していいといえます。また、イオン銀行と比較すると「申し込みに、銀行口座が必要か」という違いがあります。

イオン銀行は、事前に「イオン銀行の口座を持っている」ということが条件。そうでなければ即日借り入れできません(最短で、5日程度後になります)。これに対して、バンクイックは「三菱東京UFJ銀行の口座なし」で当日融資できます(当日口座開設する必要もありません)。

という点で、金利以外の点も見ると総合的にはバンクイックの方が有利と言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンの返済方法・手数料

次に三菱東京UFJ銀行(バンクイック)の返済方法と手数料についてまとめましょう。まずバンクイックの返済で便利なのは「コンビニATM」です。全てのコンビニで、返済・借入ともに無料(手数料が)となっています。

消費者金融の場合、ごく一部の例外を除けば、コンビニATMでの借入・返済は利用手数料が有料。というのと比較すると、バンクイックは非常に使いやすいといえます。

銀行ATMで無料なのは、三菱東京UFJ銀行のみ

銀行ATMでの返済については、バンクイックは銀行カードローンということで、他の銀行ATMは利用手数料がかかります。これは大体の銀行カードローンで同じなので、特にバンクイックだけが「手数料が高い」というわけではありません。

なお、三菱東京UFJ銀行のATMであれば、時間外の借入・返済でも手数料はかかりません。「時間外だと手数料がかかる」という銀行カードローンが多い中、これは便利だといえます。

(みずほ銀行・横浜銀行などは、時間外だと利用手数料が発生します)

毎月の銀行引き落としは、三菱東京UFJ銀行以外でもOK

毎月決まった返済日に、所定の返済金額を引き落とす、口座振替―。この返済方法は当然バンクイックでも利用可能です。そして指定する口座は三菱東京UFJ銀行のものでなくてもかまいません。

他の銀行口座でもOKなので、自分がいつも使っているメインの銀行の口座にしましょう。申し込みの時も、バンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座なしで即日借り入れできます。という点で「メインの銀行に関係なく使いやすいカードローン」といえるでしょう。

銀行振り込みでの返済も、バンクイックは可能

その他の返済方法としては「銀行振り込み」があります。バンクイックが指定する返済用口座に振り込むわけです。ATM返済との違いは、あなたの通帳に振り込みの利益が残ることです。

ATM返済の場合は、その場で「利用明細・領収書」は発行されますが、通帳には履歴が残りません。ATMを経由しただけで、銀行口座は経由していませんからね。

ということで、もし履歴が残った方がいいなら銀行振り込みでの返済をしましょう。また、普段の銀行で「ネットバンキング・オンラインバンキング」を使っているなら、これを使ってスマートフォンやパソコンでいつでも返済できる…というのも、銀行振り込みでの返済の便利な点です。

最大融資枠500万円の銀行カードローンと比較

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最高限度額は、ここまでにも触れてきた通り、500万円となっています。キャッシングの実質年率・金利を比較するためには、特に下限金利の比較の時に、この「最大融資枠」について考える必要があります。最高与信枠が大きければ大きいほど、下限金利も低くなるというのがキャッシング・カードローンのルールだからですね。絶対にそうなるというわけではありませんが、基本的にほとんどの場合は、そのようになります。

ということで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利が、他の銀行のキャッシングと比較して高いか低いかということを比較するためにも、この「最高限度額が同じ銀行カードローンと比較する」ということが必要になるわけなのです。その検証作業をするため、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と同様に、最高与信枠が500万円と設定されている銀行カードローンをピックアップし、下限金利を中心に比較してみましょう。

新生銀行カードローン レイクより低金利

まず、最大限度額500万円で人気がある銀行カードローンとしては、新生銀行カードローン レイクが最初に上がります。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」とレイクの実質年率(金利)を、それぞれ並べて比較してみましょう。

  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%~14.6%
  • 新生銀行レイク…4.5%~18.0%

このように、上限金利・下限金利ともに、ひと目で分かるくらい三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が金利が低いということがわかるでしょう。ほとんどのキャッシングで適用される金利である上限金利についても、14.6%と18.0%ということで、3.4%という大きな金利差がついています。(これは、消費者金融・銀行カードローンの上限金利の差と大体同じということが言えます)

また、下限金利についても1.8%と4.5%ということで、やはり2.7%という大差になっています。先にも書いた通り、「最高限度額が違う」ということであれば、それが原因で下限金利の差がついているということも指摘できます。しかし、新生銀行カードローン レイクも三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、両方同じ「最高与信枠500万円」なわけですから、これは完全に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が低金利、という結論になります。

ただ、その分新生銀行カードローン レイクには、バンクイックにはない「無利息期間」があります。それも初回30日間無利息だけではなく、5万円まで180日間無利息という「他の消費者金融・銀行カードローンには一切ない、2種類の無利息キャッシングが適用可能」ということで、このジャンルでは新生銀行レイクは最強の借入先ということも言えます。なので、必ずしも金利・利息面で新生銀行カードローン レイクが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」より不利と決まっているわけではありません。1ヶ月から半年程度の短期間で完済できるのであれば、むしろ新生銀行カードローン レイクの方が最終的な利子総額は小さくなるのです。

ということで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が必ずしも有利とは断言できませんが、実質年率(金利)だけを見れば、明確にバンクイックの方が、レイクより金利が低いということが言えるでしょう。

静岡銀行カードローン「セレカ」とは下限金利だけ違う

続いて、最大融資枠が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と同じ500万円の銀行のキャッシングを選択すると、静岡銀行カードローン「セレカ」もそれだと言えます。こちらも三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と並べて、実質年率を比較してみましょう。

  • 静岡銀行…4.0%~14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%~14.6%

このように、まず上限金利についてはほぼ同じ、ということがわかります。14.5%と14.6%なので、0.1%の金利差しかありません。上限金利ということは、基本的に100万円未満の借入総額の時の適用金利なので、0.1%違っていても、実際の利子総額の違いはほとんどありません。ということで、この点では、静岡銀行カードローン「セレカ」の上限金利と、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最高金利は同じようなもの、と考えていいでしょう。

一方、下限金利については三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方がかなり低くなっています。1.8%と4.0%ということで、2.2%という大差がついています。新生銀行カードローン レイクの時よりは0.5%差が縮まっていますが、それでも相当大きな金利差であることは間違いありません。下限金利ということは、キャッシング総額が大きいわけですから、0.1%当たりの実際の利子総額の差が大きくなります。

ただ、これについてもやはり、静岡銀行カードローン「セレカ」には「最大45日間利息キャッシュバック」という無利息キャッシングがある、という指摘ができます。これは「全ての消費者金融・銀行カードローンが提供する無利息キャッシングの中で、期間が一番長いもの」であり、実際の利子総額をもっとも安く出来る借入方法の一つなのです。新生銀行カードローン レイクの場合は、元の実質年率(金利)がやや高いですが、静岡銀行カードローン「セレカ」の場合はそれもまったく高くない(銀行カードローンの標準的な金利)ということで、短期間で完済する必要もないですからね。

という無利息期間のことも考えると、必ずしも静岡銀行カードローン「セレカ」が利子・利息の面で、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」に劣るということでもないのです。要はそれぞれにメリット・長所・利点があるということですね。

りそな銀行カードローンよりはやや高金利

最後に、キャッシング・カードローン・消費者金融の情報サイトではあまり登場しない銀行のキャッシングですが、りそな銀行カードローンとも比較してみましょう。りそな銀行のキャッシングで、三菱東京UFJ銀行のバンクイックに相当するのは「クイックカードローン」というものですが、その実質年率(金利)と、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利を併記すると下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行…1.8%~14.6%
  • りそな銀行…9.0%~12.475%

りそな銀行カードローンの上限金利が「12.475%」ということで、小数点以下の桁が多く、少々わかりにくいかも知れません。上限金利だけを抜粋すると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%
  • りそな銀行…12.475%

このように「14.6%」と「12.475%」ということで、大体2%ほど、りそな銀行カードローンの方が低金利という結論になります。下限金利については、りそな銀行カードローンの方は最高限度額が「200万円」までしかないので、500万円である三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と、単純比較はできません。

しかし、とりあえず上限金利だけ比較すると、このりそな銀行カードローンのように「かなり低金利な銀行のキャッシングがある」ということです。ただ、当然ですが低金利なキャッシングは、消費者金融でも銀行カードローンでも、その分審査が厳しいのでお金を借りにくいというデメリット・短所・注意点もあります。要は「三菱東京UFJ銀行・バンクイックよりも、さらに厳しい審査を通過する自信がある」という人のためのキャッシングが、りそな銀行カードローンであるという風に考えて下さい。

(基本的に、キャッシングが必要になる人の大部分は審査に通りにくい人なので、メガバンクの三菱東京UFJ銀行・バンクイックより審査が厳しい銀行カードローンというのは、あまりおすすめできません。バンクイックの方がおすすめだといえます)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング