横浜銀行の大口利用で返済計画を再編 ~金利・審査のまとめ~

銀行カードローン

2015.09.10

yokohama-omatome

横浜銀行はおまとめローン(返済計画再編のための融資)として利用する人も多くいます。

  • 借入可能金額が大きい(最大1000万円)
  • 金利が安い(下限金利が業界最安)

…というように、おまとめローン(返済計画再編のための融資)として求められる要素・条件を満たしているからです。

横浜銀行は返済計画の再編に積極的

上にあげた条件以外でも、銀行カードローンを返済計画の再編に利用する場合、もう一つ重要な条件があります。それは「返済計画の再編に積極的」ということ。中には積極的でない、消極的な銀行カードローンもあるからです。

それは銀行カードローンの公式サイトを見てみればわかります。横浜銀行カードローンの場合はハッキリと「おまとめ可能」と大きく書かれています。これに対して、トップページにも、その他の解説のページでも、「おまとめ・借り換え」について何も書いていない…という銀行カードローンは結構あります。

(あえてどの銀行カードローンかは書きませんが…)

というように消極的な銀行カードローンもある中で、横浜銀行のように「おまとめ・借り換えOK」を強調している銀行は「返済計画の再編の審査も通りやすい」と言えるんですね。

借入金額ごとの横浜銀行の金利を、他行と比較

続いて、おまとめローン(返済計画再編のための融資)で重要な金利の比較。返済計画の再編というのはそもそも「多重債務を一つにまとめて、金利が安くする」というのが主目的の一つです(他にもいろいろ目的はありますが)。

そして、キャッシングの金利は「借入金額ごと」によって大きく変動するので、「100万円での金利」「200万円での…」というように、金額ごとの適用金利を一覧・比較していきましょう。

借入総額100万円での、横浜銀行と他行の金利比較

まず、キャッシングの返済計画の再編としては最小金額と言ってもいい「100万円」の時の金利で比較してみます。

  • 横浜銀行…11.8%
  • イオン銀行…8.8%
  • 楽天銀行…12.1%
  • 三菱UFJ銀行…12.6%
  • 三井住友銀行…13.2%
  • オリックス銀行…11.8%
  • ソニー銀行…9.8%
  • みずほ銀行…12.0%
  • ジャパンネット銀行…15.0%

…という風です。この中で見ると、横浜銀行の「11.8%」という金利は、イオン銀行・ソニー銀行についで安い金利です。オリックス銀行も11.8%で並んでいますが、何にせよ横浜銀行は「3位」といえます。

横浜銀行は上限金利は安くなく、下限金利の安さが売り。そのため、上限金利に近い金利が適用される「100万円」でこの順位というのは、かなりいい結果です。

200万円の借り入れで適用される金利の比較

続いて、おまとめ総額「200万円」の場合の金利で比較してみましょう。

  • 横浜銀行…8.8%
  • オリックス銀行…9.4%
  • みずほ銀行…9.0%
  • 三井住友銀行…11.0%
  • みずほ銀行…9.0%
  • 三菱UFJ銀行…9.6%
  • 楽天銀行…11.2%
  • イオン銀行…8.8%
  • ソニー銀行…8.0%

ここでも横浜銀行は好順位。ソニー銀行の「8.0%」についで「2位」に入っています。イオン銀行と並んで「同率2位」ですが、200万円のおまとめ総額でも横浜銀行は「おすすめ」と言っていいでしょう。

返済計画の再編の総額「300万円」の時の金利

最後に「300万円」で比較してみましょう。プロミス・アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)の最大限度額が「300万円」であるのを見ても、この金額は返済計画の再編の総額としては「最大レベル」といえます。これ以上の比較は、特に必要ないでしょう。簡単に言えば「ここで勝負が決まる」ようなものです。

  • 横浜銀行…6.8%
  • ソニー銀行…6.0%
  • 三菱UFJ銀行…7.1%
  • 楽天銀行…8.7%
  • オリックス銀行…9.4%
  • 三井住友銀行…9.0%
  • イオン銀行…7.8%
  • みずほ銀行…7.0%
  • ジャパンネット銀行…6.5%

ここでも、横浜銀行の金利はいい結果を出しています。「ソニー銀行…6.0%」「ジャパンネット銀行…6.5%」についで、横浜銀行の「6.8%」は3位。実に「100万円~300万円の間で「3位、2位、3位」というランキングを維持しているのです。

「1位じゃないじゃん」と思われるかも知れませんが、全体的には非常にいい数値だと言えるでしょう。横浜銀行ということで、神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤とう条件がありますが、この条件さえ満たしていれば、おまとめローン(返済計画再編のための融資)にもおすすめと言えます。

銀行カードローンなので、最初から貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)

最後に補足しておくと、横浜銀行カードローンは銀行が提供しているキャッシングなので、貸金業法第13条の2第2項の規定のルールは、最初から対象外です。つまり「年収の3分の1以上、借りてもいい」わけですね。

ということで、すでに年収の3分の1まで借りてしまっている…という人でも、返済計画の再編のための「おまとめ資金」を、追加でいくらでも借りることができます。

(いくらでもというのは、その人の返済能力・信用度などによります)

ということで、すでに貸金業法第13条の2第2項の規定いっぱいまで借りてしまっているという人でも、安心して申し込みしてください。

高額の返済計画の再編なら、横浜銀行カードローン

大手の銀行カードローンは基本的におまとめローン(返済計画再編のための融資)として利用できるものがほとんどです。しかし、その中でも特に高額の借入総額でおまとめローン(返済計画再編のための融資)として利用したいということであれば、見出しの通り横浜銀行カードローンをおすすめします。ここではそのように「高額の返済計画の再編でおすすめ」となる理由を、説明していきます。

最高で1000万円まで、借り換え・おまとめが出来る

横浜銀行カードローンの最高限度額は、1000万円となっています。そのため、単純計算でキャッシング総額が1000万円の時でも、借り換え・乗り換えや返済計画の再編ができるということなのです。

もちろん、言うまでもなく「1000万円まで借りられる人はほとんどいない」というのが現実ですし、そもそもそのくらいの超高額のキャッシング総額だったら、債務整理を検討する方が、おまとめローン(返済計画再編のための融資)で返済計画の再編を目論むよりも、現実的かも知れません。

しかし、中にはどうしても債務整理をしたくなく、おまとめローン(返済計画再編のための融資)によって解決したいという方もいるでしょう。実際、任意整理・個人再生・特定調停などの債務整理は、すべて個人信用情報にブラックリストとして、5年間は事故情報・異動情報が記録されるという現実があります。つまり「債務整理をした方が楽になるけど、その分その後のクレジットカードなどの借入審査に、一切通らなくなる」ということなんですね。下手をすると、今契約しているクレジットカードから強制解約を言い渡されることもあります。(この人は危険だ、と途上与信によって判断されるということですね。6ヶ月程度で定期的に個人信用情報を確認しているわけです。どのクレジットカード会社でも)

というように、1000万円に近いような多重債務を抱えている場合も、必ずしも債務整理が一番いい方法とは限りません。そのような時は、おまとめローン(返済計画再編のための融資)の出番になるわけです。しかし、普通の銀行カードローンは800万円が最高限度額ということが多いですし、中には三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などのように、500万円までしか借りられない、という銀行カードローンもあります。

もちろん、普通の人は500万円あれば十分すぎるくらいですし、そもそも500万円のキャッシングの審査に通るにも年収1500万円が必要ということで、これでも最大融資枠としては余裕で大きすぎるでレベルです。なので、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のサービスが悪いとか、最高与信枠が小さいということはまったくありません。

ただ、例外的に500万円や800万円を越えるような多額の借り入れで返済計画の再編をしたいということであれば、大手の銀行カードローンでは横浜銀行カードローンなど、一部の「最大融資枠1000万円」の銀行カードローンしか選択の余地がない、ということです。

最高与信枠が1000万円の銀行カードローン

高額の返済計画の再編の時に、なぜ横浜銀行カードローンがおすすめなのかという理由について、「最高限度額が1000万円だから」ということを、上の段落では書いてきました。ここで当然湧くだろう疑問が「横浜銀行カードローン以外でも、最高与信枠が1000万円の銀行キャッシングはあるのではないか?」ということです。実際、これはあります。

キャッシングの知識がある人であれば、このあたりはもはや常識になっているでしょうが、みずほ銀行カードローンやジャパンネット銀行「ネットキャッシング」が、それになります。他にもマイナーな銀行カードローンで、1000万円まで最高限度額が設定されているものはありますが、メジャーなキャッシングブランドの中では、横浜銀行カードローンも含めたこれら3つの銀行カードローンのみ、という風に考えて下さい。改めて一覧にすると下のようになります。

  • 横浜銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

この3つの銀行カードローンが、最高借入枠1000万円ということですね。高額のおまとめローン(返済計画再編のための融資)の時には(あるいは借入先の変更のための融資の時には)これら3つの銀行カードローンを活用するのがおすすめ、ということです。

借入総額が大きい時は、債務整理も検討する

当然のことながら、500万円や800万円を超越するような高額の多重債務になった場合は、普通は債務整理を検討します。これは先にも書いた通りです。

債務整理をすると個人信用情報に記録されてしまうというデメリット・短所・注意点はあるものの、債務整理をした後、5年間程度新たなクレジットカードなどを作ることを諦めれば、借金完済が圧倒的に楽になるという点で、債務整理には大きなメリットがあります。

具体的に債務整理というのはどのような種類・内容があるのかというと、簡単には下のようになります。

  • 任意整理…借入総額や利息の一部減額など(内容は自由)
  • 特定調停…任意整理を裁判所の仲介で行う(弁護士・司法書士などのお金がかからない)
  • 個人再生…最高で借入残高を5分の1まで減らすことができる
  • 自己破産…借金がチャラになる

主にこの4種類にあります。(一番有名な過払い金の返還請求については、任意整理に含まれます)

個人再生については、法律的には、最大で10分の1まで減額できるようになっていますが、10分の1になるのは、3000万円以上を借りている人だけなので、これはほとんどの人の場合は無関係です。3000万円以上の借金で苦しんでいるのであれば、普通は自己破産するレベルです。(横浜銀行カードローンの1000万円という最大限度額を持ってしても、おまとめ・借り換えがまったくできないレベルですね)

借入残高が500万円から1500万円の場合は、個人再生では5分の1まで減額できるようになっています。普通の人の多重債務は、どれだけ多くてもこの程度のキャッシング残高で終わるはずなので、「個人再生の減額幅は、最大で5分の1」という説明になるわけですね。

任意整理については、もっと減額される割合が小さくなります。反面「利息だけカット」「過払い金の返還請求をする」など、内容が自由(任意)なので、比較的取り組みやすい債務整理となっています。当然ながら、内容が自由というのは、あくまでお金を借りているキャッシング業者や銀行カードローンなどと合意が取れたらということなので、その点は重々理解して下さい。

横浜銀行カードローンと消費者金融のおまとめローン(返済計画再編のための融資)を比較

最後に補足的な解説として、消費者金融のおまとめローン(返済計画再編のための融資)で返済計画の再編をするのと(あるいは乗り換え・借り換えをするのと)、横浜銀行カードローンで返済計画の再編や乗り換え・借り換えを実施するのと、どちらがいいかということを解説していきましょう。

結論を書くと審査に申し込みやすいのは消費者金融のおまとめローン(返済計画再編のための融資)の方で、低金利で高額の返済計画の再編に対応できるのは横浜銀行カードローンという風になります。つまり「審査に通るのであれば、横浜銀行カードローンの方がいい」ということですね。

これは誰もが知っていることでしょう。おまとめローン(返済計画再編のための融資)に限った話ではなく、通常のキャッシングでも、消費者金融・銀行カードローンの立ち位置というのはこのようになっています。飛行機でいうなら「誰もがファーストクラスに乗りたいけど、乗るにはお金がかかる」ということですね。何でも「それを手に入れるために必要なお金や労力との兼ね合い」の問題なので、審査に通るだけの信用度・クレジットスコアがあるなら、返済計画の再編にしても、借り換え・乗り換えにしても、消費者金融のおまとめローン(返済計画再編のための融資)より横浜銀行カードローンで申し込みをした方がいいということです。

しかし、言うまでもなくおまとめローン(返済計画再編のための融資)・借入先の変更のための融資が必要になっている時点で、クレジットスコア・信用度は大分低いというのが現実であり、そのような多重債務者・借入超過者の方々でも借り入れができる、しかもおまとめローン(返済計画再編のための融資)なのに最短即日融資ができるという点では、消費者金融が提供するおまとめ専用のコース・プランの方が、状況を少しでもよく出来る…ということができます。

ということで、最終的には横浜銀行カードローンと消費者金融のおまとめローン(返済計画再編のための融資)、どちらがいいと結論付けることはできず、それぞれの申込者・借入超過者・多重債務者の状況によって異なるという結論になるわけですが、それぞれのメリット・長所・利点を理解した上で、ご自身に適合した方を選んで下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシング総合人気ランキング