全国銀行個人信用情報センター(JBA)とは ~JICC・CICとの違い~

審査

2015.12.21

190

全国銀行個人信用情報センター(JBA・全銀協)とは、「個人信用情報機関の1つ」です。そして「主に銀行や、銀行系のクレジット会社などが参考にする」個人信用情報機関です。

つまり、消費者金融の大手はあまり参考にしません。消費者金融の場合「JICC、CIC」がメインです。というわけで、消費者金融の審査では全銀協の個人信用情報は、あまり関係ありません。

JICC、CICと、全銀協の違い

JICC・CICと全国銀行個人信用情報センターは何が違うのか。これは下のようなポイントです。

  • 事故情報の保管期間が長い
  • 消費者金融はJICC・CICがメイン
  • 銀行系の業者は、全銀協がメイン
  • 開示請求が、全銀協はやりにくい

以下、それぞれ解説していきます。

全銀協は、異動情報の保管期間が長い

全国銀行個人信用情報センターは、事故情報・異動情報が長く保管されます。たとえば「債務整理」の場合、JICC・CICと比較すると、下のようになっています。

  • 全国銀行個人信用情報センター…10年
  • JICC・CIC…5年

この「10年・5年」というのはあくまで目安で、絶対にこの期間保管される、というわけではありません。この期間内でも異動情報・事故情報が削除されることもありますし、逆にもっと長く有効になる場合もあります。

その期間内の借入・返済の履歴が悪質だった人などは、さらに延長されます。逆に、まじめにクレジットスコアを積み上げた…という人の場合、早く無効化される…という場合もあります。

ということで、「全国銀行個人信用情報センター…10年」「JICC・CIC…5年」というのはあくまで目安ですが、このように「期間が違う」というのは、参考にしてください。

(同じ条件でも、全銀協の方が長く保管されるのは確かです)

カードローン審査の対象が違う

冒頭にも書いた通り、申し込みをする業者・銀行によって、対象となる個人信用情報機関が、下のように違っています。

  • 消費者金融・一般のクレジット会社…JICC・CIC
  • 銀行・銀行系のクレジット会社…全国銀行個人信用情報センター

銀行系のクレジットカードというのは、たとえば「三井住友VISAカードカード」などですね。こういうものの審査に申し込む場合、全銀協のデータが参考にされます。

逆にセゾンなど「一般のクレジットカード」の場合、JICC・CICの個人信用情報がメインになります。

全銀協は開示請求がやりにくい

個人信用情報は「開示請求」をすることができます。間違ってブラックリスト入りしていないかどうか、などを確認できるわけです。あるいは「自分の事故情報・異動情報は、もう時効が来ただろうか」などと確認する場合ですね。

で、その開示請求は、JICC・CICの場合、ネット・郵送・電話などと、多彩な方法で申し込みできるようになっています。しかし、全国銀行個人信用情報センターの場合「郵送のみ」と、やや面倒になっています。

ということで、この3つの個人信用情報機関の「どこでもいい」という場合、開示請求はJICC・CICのどちらかでした方がいいでしょう。その方が早くカンタンに手続きが終わります(手数料も安く済みます)。

アメックスの審査は、全銀協

先に書いた分類から少々漏れる例外としては「アメリカン・エキスプレス」の審査があります。アメリカン・エキスプレスは完全に「民間のクレジットカード」ですが、この審査のみ、全国銀行個人信用情報センターがメインになっているのです。

「全銀協がメイン」というと「審査が厳しい」というイメージがあるかも知れません。しかし、実際には「アメックスは、日本の通常のクレジットカードと比較すると、やや審査が甘い」と言われています。

もちろん、あくまで口コミ・評判に過ぎないので、本当にアメリカン・エキスプレスが審査がゆるいのかはわかりません。ただ、何らかの参考にはなるでしょう。

アメリカのクレジット会社は、実績重視

基本的にアメリカはクレジットカードの審査でも何でも「チャンス」を多くの人に与えます。たとえばクレジットカードで言うなら、

  1. まず、持たせてみる
  2. しばらく借入・返済の履歴を観察する
  3. 信用できたら、限度額を増やす・カードの色を変える

…というシステムになっているのです。日本と違って「クレジットヒストリーがとことん重視される社会」なので、「まず持たせる」が基本なんですね。

で、実績さえ積めば、いくらでもブラックカードやゴールドカードなどにステップアップできる…というわけです。そういう意味では、アメックスのカードは、申し込む人の状況・条件によっては「日本のクレジットカードより、審査が甘い」と言えるかも知れません。

以上、全国銀行個人信用情報センター(JBA・全銀協)とはどんな組織かを紹介しました。参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング