キャッシングで多重債務になるとどうなる?デメリットのまとめ

ルール

2016.11.08

243

キャッシングで多重債務になるとどうなるのか―。「借金地獄になる」というのは当然ですが、具体的にどういう状況なのか、まとめます。

  • それぞれの返済日が把握できず、遅延しやすい
  • 返済の手間・手数料が、通常の数倍かかる
  • 新たなクレジット審査なども通らない
  • 一つの業者でまとめて借りるより、利息が高くなる

という風です。詳しく説明しましょう。

多重債務と借入超過の違い

まず、最初に説明すると「多重債務」と「借入超過」は違います。

  • 多重債務…複数の業者から借りる
  • 借入超過…借入金額が多すぎる

ということです。極端な話「2つの業者から、1万円ずつ」借りているだけでも、一応「多重債務」といいます。逆に、借り入れが1件だけでも、500万円などの巨額を借りていたら、「借入超過」といいます。

もちろん大抵の場合、多重債務だったら借入超過でもあるので、両者はよく混同されています。「多重債務=カードローン地獄」という認識ですね。

大体それでいいのですが、一応「多重債務と借入超過は、本来別の意味」ということは意識してください。

多重債務状態は、返済の遅延・延滞の原因に

多数の業者からキャッシングしている多重債務状態は、返済日に遅延・延滞する原因になります。当然ですが、月に5回や6回という返済日を記憶しているのは難しいので、どうしてもどれか遅れてしまうのです。

まして、多重債務者の人の多くは、いつも銀行口座の残高に余裕がありません。返済日を覚えにくいのに加えて「お金自体ない」という状態なのですから、返済に遅れるのは当然でしょう。

そして、カードローンの返済に遅れるというのは、個人信用情報に事故情報・異動情報として記録され、大きなマイナスとなります。こうしたトラブルを防ぐためにも、多重債務状態から解放されて、返済日が1つに固定される方がいいのです。

返済の手間・手数料がかかる

たくさんの業者に返済していれば、当然それだけ返済の手間が増えます。また、ATM返済などは利用手数料がかかることが多いため、これらの手数料も馬鹿になりません。

大手の消費者金融は、コンビニATMでの借入・返済はすべて有料です。プロミスが一部例外となるくらいで、基本的にどこでも返済の度に手数料をとられる、と考えてください。

銀行ATMでも、やはりほとんどは有料です。ということで、消費者金融で多重債務になっている人は、返済の手数料もムダに多く払っている可能性が高いのです。

また、手数料だけでなく時間も重要です。手数料がかからない専用ATMなどにでかけて返済する時間と、その時間分の自分の時給も考慮しなくては行けません。

新たな借入審査も通らない

多重債務状態の人は、カードローン審査やクレジット審査でも信用されません。借入総額自体に問題があるというよりも「多重債務状態である」ということに問題があるのです。

どの業者からも、少額しか融資してもらえない、信用されていない人。という烙印を押されてしまうんですね。実際、たくさんの業者から借りていると、ここまで書いたようなデメリットを背負っているので、新たな借り入れでも返済できない可能性があります。

ということで、多重債務状態であるうちは、新しいキャッシング審査などに通らなくなります。追加の審査をよそで受けるつもりがなければいいですが、予定がある人の場合は注意してください。

多重債務状態だと、利息が高くなる

また、多重債務者の場合、同じ借金総額を一つの業者から借りている場合と比較して、利息が高くなります。というのは、消費者金融のキャッシングの場合「100万円以上から、金利が安くなる」という仕組みになっているからです。

ということは、多重債務の合計額が「100万円以上」の場合、バラバラで借りているのは損なんですね。わざわざ高い金利で利息を払っているのです。

これを一つの業者でまとめるだけで金利が下がり、利息も安くなるわけですね。というのも、多重債務の不利な点の1つです。

まとめ ~多重債務はメリットが1つもない~

このように、多重債務状態というのは当然ながら何一つメリットがありません。借金の一本化をするのは、最初は面倒かも知れませんが、これらのデメリットを解消するためにも、ぜひ早めのおまとめローンの利用を検討してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング