お金が借りれない人の原因 ~なぜキャッシング審査に落ちるのか~

審査

2015.10.12

141

お金が借りれない人は、何が原因か―。これは多くの人が想像のつくものでしょうが、下のような理由です。

  • 年収が少ない
  • 職業が不安定
  • 借入総額が多い
  • 多重債務である
  • 過去に返済トラブルを起こした
  • 自宅情報に問題がある

…というものです。大体は「年収・借入状況・返済トラブル」で審査落ちしていると言っていいでしょう。以下、上の条件を詳しく説明します。

お金が借りれない人は、年収が少ない

これは「太っている人は運動していない」というのと同じくらい、当たり前の話です。本当に当たり前なので「働いて稼ぐ」しかないのです。しかし、多くの人は労働と遊びを分けて考えているから仕事が辛いし、実際に最近はブラックな仕事も多いです。

ということで、結局「あまり働かない=年収も増えない」ということになり、お金が借りれない人のままでとどまってしまうのです。これについては、副業で稼ぐなり何なりして、とにかく高収入を目指すしかありません。「終身雇用で、給料が右肩上がり」などという時代は、とっくの昔に終わったのです。

職業が不安定な人は、お金が借りれない

また、年収がある程度あっても、不安定な職業についている人は、カードローン審査に落ちやすいです。ただ、これは「年収が少ない」というほど審査落ちの原因にはなりません。

「収入の割には、限度額が少々小さいね」とか「審査に時間がかかったね」という程度の不利で、カードローン審査自体は通ることが多いです。というわけで「お金が借りれない人」というよりは「審査が厳しくなる人」かも知れません。

もっと、「無職・ニート」など、完全に不安定な職業・属性の場合、これは「お金が借りれない」となりますが。

借入総額が多いと、審査落ちする

これも小学生でも想像がつきそうな原因ですが「借入総額が多い=キャッシング審査で不利」です。ただ「絶対に審査に落ちる」とは限りません。

というのは、返済をしっかりしている限り、むしろその借入総額は「その人の実績(クレジットヒストリー)」として、プラスにもなるからです。

借金は、その人の信用度のバロメーター

昔の日本人(主におじさん)が言っていた言葉に「借金は男の甲斐性」といいうものがあります。今ではこんなおじさんもいないでしょうが、これはある意味事実です。

というのは、借金というのは融資する側が「この人は、この金額までは完済できるだろう」と信じて貸す「ある種の信用」だからです。実際「クレジット」というのは英語で「信用」という意味です。

作家の中村うさぎさんが、膨大な借金を抱えながらも、20年近く、あちこちの出版社からお給料を前借りできた…というのも「信用」の賜物なんですね。ということで「借入総額が多い」ということは「絶対のマイナス」ではないのです。

総量規制いっぱいまで借りていたらダメ

ただ、キャッシングには「総量規制」というルールがあります「年収の3分の1までしかキャッシングできない」というものですね。

どれだけ「借金は信用の証」といっても「年収の3分の1まで借りている」のであれば、法的にそれ以上融資できません。また、それに近い金額を借りているなら、限度額もどうしても小さくなります。物理的に。

ということで、「絶対のマイナスではない」とはいっても、「限りなく、お金が借りれない原因になる」と考えてください。

多重債務者は、カードローン審査に落ちやすい

借入総額と違って「借入件数が多い」…つまり「多重債務者」だと、これは確実にお金が借りれない原因となります。「総額」と違って「件数」は評価されないのです。少なければ少ないほどいいんですね。

なぜ借入件数が少ないほどいいのか

同じ「借入総額100万円」でも、それが「一つの業者」からの融資なら、「その業者が、100万円分、その申し込み者を信用した」と受け取ることもできます。実際その通りなので、その会社は100万円も融資しているのです。

ということで「借入総額が多い」人でも「借り入れが1件だけ」という場合は「全然OK」なんですね。しかし、この100万円が「5社から20万円ずつ」となると、話は別です。

これはつまり「どの業者も、この人を20万円分しか信用しなかった」「20万円以上のリスクを負いたくないと思った」ということなのです。それだけ「信用がない人」という証明になってしまうんですね。

もちろん「どこからも借金できなかった」人よりはマシですが、それでも、できるだけ「一つの業者にまとめる(借り入れの一本化する)」方がいいのです。

過去の返済トラブルは、審査落ちにつながる

これが一番大事ともいえますが「過去の返済トラブル」というのは、審査落ちの大きな原因です。いわゆる「ブラックリスト」ですが、たとえば下のような内容が影響します。

  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 重度の遅延・延滞
  • 強制退会・強制解約
  • 審査落ちの記録

…というものです。他にもいろいろありますが、主なブラックリストの内容は、このようなものです。返済トラブルというと「遅延・延滞」を真っ先に想像するでしょうが、それ以外でも「払えずに債務整理した」などもすべて含まれます。

このような返済トラブルは、お金が借りれない人の原因の中でも、特に重いものです。内容によっては人生全般にも関わることがだと言えるでしょう。

自宅情報に問題があると、審査に通らない

これは他の原因に比較すると、あまり大きなものではありません。それでも「ある程度」は影響します。自宅情報の審査項目は、下のようなものです。

  • 持家かどうか
  • 自分名義か家族名義か
  • 一軒家・マンション・アパートのどれか
  • 月々の住宅ローン・家賃の支払い
  • 同居家族の人数

これらに致命的な問題がある場合も、やはりキャッシング審査に落ちます。しかし、自宅情報だけが原因で審査に落ちるということは、めったにありません。

大抵、自宅情報が致命的に悪い人というのは、他の審査条件も悪いので、そちらで落ちていることが多いです。

…以上、「お金が借りれない人の条件」を書きましたが、まとめると「普通の人であれば、審査に通る」ということです。

  • 安定・継続収入がある
  • 過剰な借り入れをしていない
  • 借りたお金は、遅れずに返済してきた

…という、「ごく普通の条件」ですね。もっとも、当たり前のことを当たり前にやるというのは、お金の世界でも、なかなか難しいものなのですが…。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング