キャッシング審査の内容&やること ~申し込みの流れ~

審査

2015.10.02

123

キャッシング審査の内容&やることは、大雑把な流れだと、下のようになります。

  1. 審査情報を送信する
  2. 自分の携帯に確認電話が来る(業者・銀行から)
  3. 身分証明書を送信する
  4. 業者・銀行が審査する
  5. 勤務先への在籍確認をする(業者・銀行が)
  6. 審査完了・振り込み

…という風です。以下、詳しくまとめます。

キャッシング審査の内容とポイント

上に書いた流れは、業者・銀行によって多少順番が前後します。ただ、大体上のような内容であり、流れです。

補足としてポイントを箇条書きすると、下の通りです。

  • 確認電話は自宅の固定電話には来ない
  • 審査時の郵送はない
  • 銀行の場合、審査後にローンカードの郵送がある場合も
  • 在籍確認は回避できる業者もある
  • これらの審査を、自動契約機ですることもできる

…ということです。特に「自動契約機」ですが、これは「カード発行だけ」に使ってもいいですし、「審査を全部自動契約機で受ける」というのも可能です。以下、自動契約機での審査について書きます。

自動契約機・無人契約機での審査の内容

最初から全部の審査を無人契約機でやる場合、下のような流れです。

  1. 指定された審査情報を入力&手書き
  2. 本人確認書類をスキャンして送信
  3. 契約書に記入して、同じくスキャンして送信
  4. オペレーターさんが会社への在籍確認
  5. 確認が取れたら、融資決定

…という流れです。これも業者・銀行によって順番や内容が多少違いますが、大体このようなやり方になっています。

アイフルはテレビ電話でなく「手書き&電話」

無人契約機・ローン契約機は、普通はテレビ電話ですが、アイフルのみ「契約ルーム」といって、テレビ電話がなく「電話&手書き」のみとなっています。かなりアナログな感じです。

契約ルームに入ると、机と電話があって、引き出しの中に書類が入っています。この書類に審査情報を記入して、それをスキャンして送信するんですね。

アイフルの契約ルーム以外は、どの業者・銀行の自動契約機も、全部テレビ電話になっています。オペレーターさんに顔を見られながら審査するのが緊張するという人は、アイフルで申し込むのもいいかも知れません。

ネット申込みした後、自動契約機で本審査をする

審査スピードをより早くする方法として、

  1. 自宅でネット申込み
  2. 本審査を無人契約機で受ける

…という方法があります。なぜ、わざわざ二段階にするのか。と疑問に思う人もいるでしょう。この理由を説明します。

まず、自動契約機の審査は優先される

まず、無人契約機での申し込みは、自宅からの申し込みよりも優先される、というのがポイントです。当然ですが、そこで待っている以上、自宅で自由に行動できる人よりも、自動契約機の申し込み者を優先すべき…ということですね。これは人道的に見ても当然のことでしょう。

しかし、自動契約機はそうして優先してもらえるものの「個人情報の記入が面倒」というデメリットもあります。手書きにしても、タッチパネルにしても、すべてのキャッシング審査の情報を、自動契約機から送信するというのは、かなり面倒なのです。

ということで、審査情報の送信だけは、パソコンなどを使って「自宅から」した方が早いし簡単なんですね。そのため、まず最初に自宅(出先でもいいですが)から「WEB申し込み」をするわけです。

そして、その後の身分証明書の送信などの本審査の作業は、すべて無人契約機で行う―。こうすると、本審査の作業は優先的にしてもらえるので通常より早くなります。

これが、「WEB申し込み→無人契約機」の合わせ技が、最速でスピードキャッシングしてもらえる理由です。

自動契約機が近くにある場合、おすすめ

この方法がおすすめなのは、カードローン会社のローン契約機が自宅の近くにある場合…です。遠くにある場合、そこまで移動するだけでも30分などかかるので、それだったら自宅で大人しく待っていた方が早いです。時間も有効に使えますしね。

ということで、この方法はあくまで「自宅から10分程度の距離」にカードローン業者のローン契約機がある場合のみにしましょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング