パートをしていると、キャッシング審査の基準が甘くなる?

審査

2015.09.16

095

パートをしている女性は、キャッシング審査が甘くなるか―。これは「まったくしていない」よりは、当然ゆるくなります。ただ「少しでもパート収入があれば、それでカードローン審査に通る」ということは、必ずしもありません。

(当然と言えば当然ですが…)

パート収入がいくらあれば、キャッシングできるか?

簡単にいうと「月収5万円~7万円」です。これがパート収入でキャッシングする最低限のラインといえます。この月収で審査に通るかは、その他の条件(下の一覧)によります。

  • 職業の安定性
  • 勤続年数・月数
  • 自宅情報(持家かどうか、同居家族の人数など)
  • 個人信用情報(過去の借入・返済の履歴)
  • その業者・ブランド・銀行の他のサービスの利用実績

…というものです。以下、それぞれ詳しく説明します。

パートでも職業の安定性によって、審査結果が違う

当然ですが、一口にパートと言っても、職業の安定性は全然違います。

  • 市役所で事務の仕事をしている
  • 「レンタルお姉さん」をしている

この両者だったら、言うまでもなく「市役所」が断然信用されるでしょう。「市役所の清掃」でもかなり信用度は高いですが、これが「事務作業」となると、ある程度経験が必要で換えがききづらいので、評価されるわけです。

「レンタルお姉さん」は、換えが効かないのは確かですが、「そもそも、業種自体が不安定」です。人によっては「いかがわしい」と評価する場合もあるでしょう。

キャッシング審査というのはとにかく「お堅い」ことが最重視される世界なので、パートの職種についても「とにかく堅実」な方がいいのです。

勤続年数・月数が長いほど審査で有利

これはサラリーマン・OLの正社員・契約社員などの人、あるいは派遣社員・嘱託社員でも言えることです。やはり勤続年数・月数が長い人の方が、カードローン審査では断然有利になります。それはパートの女性でも変わりません。

特に最近は、いろんな業界で「非正規雇用の増加」が進んでいます。そして、飲食店などは「社員が一人もいなく、アルバイトとパートのみで店を回している」というケースも、かなり多いのです。

そういうご時世なので、勤続年数・月数が長いパートの人というのは「その職場で欠かせないキーマン」である可能性も、高いと見られます。「社員なし」までは行かなくても、長くいるパートの女性が、そうそうクビにならないというのは、皆さんの経験からもわかるでしょう。

ということで、「クビにならない」というのはカードローン審査の重要な要素。それを満たしているわけなので、審査でも当然通りやすくなります。

自宅情報がいい(建物種別・名義など)

「自宅情報」というのは「どんな家に住んでいるか」という情報です。これもキャッシング審査の結果をかなり左右します。重要なのは、下のような項目です。

  • 建物種別…一軒家か、マンション・アパートか
  • 所有者名義…自分か、家族か
  • 契約種別…持家か、賃貸か
  • 居住年数…続けて何年住んでいるか
  • 同居家族人数…一緒に住んでいる家族は何人いるか

…という内容です。「持家・自分名義」など「自分の資産である」割合が高いほど有利です。また、居住年数も長いほど有利で、家族も多いほど有利です。

というような自宅情報を満たしていれば、パート収入がある女性の人なども審査に通りやすくなります。

個人信用情報(過去の借入・返済の実績)

個人信用情報は「クレジットヒストリー」とも言われます。過去にその人がした借金の記録を、借入・返済ともに、すべて残しているんですね。

  • クレジットカード
  • 分割払い
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • 住宅ローン
  • 奨学金

…というように、すべての種類の借金です。これらの遅延・延滞がなく、「たくさん借りてたくさん返済している」ほど、クレジットヒストリーが良好とみなされます。

その業者・ブランド・銀行の他のサービスを利用している

たとえば「新生銀行カードローン・レイク」の審査を受けるとしましょう。そうすると、新生銀行が関係している他のサービスの利用実績がすべて審査に影響します。

  • 新生銀行の口座
  • 国際キャッシュカード
  • 新生銀行の外貨預金
  • ノーローン(新生銀行グループの消費者金融)

…という風です。他にも住宅ローンでも学資ローンでも何でもありますが、そういう「新生銀行のサービス」を、たくさん使っているということです。

関連サービスの利用実績が、有利になる理由

有利になる理由は、2つにまとめられます。

  • その利用実績から、返済能力を証明できる
  • その業者・ブランド・銀行のお得意さんと見なされる

…ということです。1つ目は「実際にこれだけの返済能力があるから、融資していい」という機械的な判断ですね。

2つ目は「これだけうちのサービスを使ってくれてるんだから、カードローンでも少し甘目にすれば、さらにお得意さんになってくれるかも知れない」という、人間的な判断です。

こういう二つの理由で「関連サービスを利用すればするほど」、キャッシング審査でも有利になる…ということです。

以上、パートの女性(主婦など)が、さらにカードローン審査に通りやすくするための条件をまとめました。これらの条件や方法は、会社員・OL・公務員などの人にも応用できるものです。ぜひ参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング