オリックス銀行カードローンは、おまとめにもオススメです!

銀行カードローン

2015.09.10

orix-omatome

オリックス銀行は、プロミス・アコムなどのように「おまとめ専用のコース」というものは持っていません。しかし、オリックス銀行に限らず銀行カードローンは、皆そういうスタイルです。「おまとめ専用のコース」ではなく「普通のカードローンで、そのまま借金の一本化をする」というやり方なんですね。

300万円以上の借入総額で、オリックス銀行は特におすすめ

オリックス銀行は基本的に「高額融資」のためのカードローンです。そのため、借金の一本化をする場合でも「高額の借金の一本化」に向いています(普通のキャッシングの金利がそのまま適用されるので)。

なぜオリックス銀行カードローンが「高額融資向け」といえるのか。ここでは借入総額ごとの適用金利を、オリックス銀行と他の銀行で比較してみましょう。

借入総額ごとの、オリックス銀行と他行の金利比較

最初に説明すると、キャッシングというのは「借入総額」によって金利が変動します。「たくさん借りるほど安くなる」ということですね。普通の商品の「まとめ買い割引」とまったく同じ要領です。

ということで、借金総額で多い金額である「100万円・200万円・300万円」について、それぞれの金額帯での適用金利を比較してみます。

100万円での、オリックス銀行と他行の金利一覧

まず、おまとめローンとしては最小金額といえる「100万円」で比較・一覧してみます。

  • オリックス銀行…11.8%
  • みずほ銀行…12.0%
  • 三井住友銀行…13.2%
  • 楽天銀行…12.1%
  • 三菱東京UFJ銀行…12.6%
  • 横浜銀行…11.8%
  • イオン銀行…8.8%
  • ソニー銀行…9.8%

こうしてみると、オリックス銀行は「それほど高金利」というわけではありません。「イオン銀行・ソニー銀行」に比べると劣りますが、「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行」よりは大分低金利です。

また、みずほ銀行・楽天銀行にも僅差で勝っています。横浜銀行とは同じ金利です。こうしてみると「むしろ100万円でも低金利では?」と思われるかも知れません。

オリックス銀行の金利は固定制でないので注意

実は、上に書いたオリックス銀行の金利は、実際にはもう少し幅があります。100万円の場合、「9.0%~14.8%」という金利なのです。その中間値をとって、上では「11.8%」と書いています。

これは100万円「以上」ですが、もし「未満」なら、「12.0%~17.8%」なので、中間は大体「14.5%」程度になります。そのため、あくまで「100万円を超えた時の金利」と考えてください。また、これで固定というわけではありません。

(他の銀行は、三井住友銀行・楽天銀行以外固定です)

借入金額200万円の時の、オリックス銀行&他行の金利

続いて「借入総額200万円」のケースで、オリックス銀行カードローンと他の銀行の金利を比較・一覧してみましょう。

  • オリックス銀行…9.4%
  • 三井住友銀行…11.0%
  • 楽天銀行…11.2%
  • 三菱東京UFJ銀行…9.6%
  • イオン銀行…8.8%
  • 横浜銀行…8.8%
  • ジャパンネット銀行…10.0%
  • みずほ銀行…9.0%

この一覧で見ると、オリックス銀行の金利は比較的安い部類です。一番安いイオン銀行・横浜銀行でも、オリックス銀行と0.6%の差しかありません。逆にオリックス銀行より高い三井住友銀行・楽天銀行は「2%」程度、オリックス銀行より高くなっています。

ただ、借りられるならイオン銀行・横浜銀行の方がいいかも知れません。この時点では積極的にオリックス銀行をおすすめする理由はありません。

おまとめ総額300万円の時の、オリックス銀行の金利

続いて、おまとめ総額が「300万円」のケース。これはほとんどの人の借金の一本化で「最大」に近い金額でしょう。少なくとも、プロミス・アコムなど消費者金融のおまとめローンは「最大限度額300万円」となっています。

では、その300万円の借入総額での、金利を比較してみましょう。

  • オリックス銀行…6.0%
  • イオン銀行…7.8%
  • 楽天銀行…8.7%
  • 横浜銀行…6.8%
  • 三菱東京UFJ銀行…7.1%
  • みずほ銀行…7.0%
  • 三井住友銀行…9.0%

この金額帯では、オリックス銀行はかなり低金利ということがわかるでしょう。この「6.0%」というのは確定ではないのですが、確率は高いです。

オリックス銀行の「150万円~300万円」の金利

オリックス銀行カードローンの金利設定は、金額帯の区切りが少々独特。300万円の場合は「150万円~300万円」の枠に入ります。そして、この金額帯での金利は「6.0%~12.8%」となっているんですね。

この「安い方の金利」を「下限金利」と言いますが、それは大抵「マックスまで借りた時」に適用されます。この場合のマックスは「300万円」ですから、「6.0%」が適用される可能性が高いのです。

もちろん、その人の信用度によっては、もっと金利を上げる可能性もあるでしょう(金利は借り手の信用度に比例します)。そのため、絶対に6.0%というわけではありませんが、これに近い金利になるはずです。

このように、オリックス銀行は300万円を超える高額のおまとめローンの時、特に低金利になります。借金総額が多い多重債務者の方は、ぜひオリックス銀行も含めて、審査申込みを検討してみてください。

他ならどの銀行カードローンがおすすめ?

インターネット上の口コミ・評判でもよく言われている通り、オリックス銀行カードローンはおまとめローンとして活用するのにもおすすめですし、審査が甘い・ゆるいということではありませんが、消費者の多重債務の一本化に対して理解があるので、審査をした上で、信用度(クレジットスコア)が高いと判断された人であれば、問題なくおまとめローン・借り換えローンとして利用できるようになっています。

ということで、多数のキャッシングの利用者の方々がネット上の評判・口コミに書き込んでいるように、オリックス銀行カードローンは銀行のキャッシングをおまとめローンとして借り入れする中で、特におすすめの選択肢の一つなのですが、ここではあえて「オリックス銀行カードローンを除外したら、他の銀行カードローンではどこがおまとめローンに向いているのか、おすすめなのか」ということを解説していきます。

借換プランがある新生銀行レイク

まず第一におすすめなのは、新生銀行カードローン レイクです。完済応援プラン・借換プランという名前の、おまとめローン・借り換えローン専用のカードローン商品を、新生銀行カードローン レイクは用意しているからです。

実は、オリックス銀行カードローンも含めて、銀行でキャッシングをする場合には、最初から総量規制の対象外ということもあり、おまとめ専用のコース・プランはないのが基本という風になっています。つまり「普通のキャッシングでそのまま借り換え・乗り換えもできるし、借金の一本化もできるので、おまとめ専用のコース・プランは用意されていない」ということですね。

これはメリット・長所・利点でもありますし、逆にデメリット・短所でもあります。というのは、「おまとめローンだったら借り入れの一本化が歓迎されていることがわかるので、ある程度審査に通りやすいことも想定できる」わけですが、「おまとめローン専用のキャッシングでなければ、多重債務の一本化をしてもらえるかどうかわからない」ということですね。

(マンションで言うなら「ペット可」より「ペット専用」の方が、飼育をしやすいというようなものです)

その点、オリックス銀行カードローンや他の金融機関・銀行と違い、おまとめ・借り換え専用のコース・プランを持っている新生銀行カードローン レイクは、おまとめローンで借り入れの一本化をしたいと考えている方にとって、特におすすめの選択肢と指摘することが可能でしょう。

おまとめローン・フリーローンがあるイオン銀行

上の段落で書いた「おまとめ専用のコース・プランがある」という点では、イオン銀行も新生銀行カードローン レイクと同様に、そのようなスタンス・体制になっています。(オリックス銀行カードローンの記事ですが、このような「おまとめ・借り換え専用のコース・プランを用意している」というのは、利用者にとって重要なことの一つなので、しばらくおつきあい下さい)

新生銀行カードローン レイクの場合は、はっきりと「借換プラン」というように「借り換え・おまとめや多重債務の一本化のためのコース」ということが書かれているわけですが、イオン銀行の場合は、おまとめローン・フリーローンという名称なので、あくまで利用用途自由のフリーローンに、おまとめローンの機能がプラスされているという扱いになります。

なぜこのように「おまとめローン」という名称をオリックス銀行カードローンも含めて、銀行・金融機関があまり使いたがらないのかというと「借入超過者・多重債務者でも安易に借りられる」というイメージがついてしまうかも知れない…ということが一つあると言えます。もちろん、そのようなことはないですし、実際にはオリックス銀行カードローンでもどこでも、おまとめローンの審査というのはとても厳しいのですが、それでも「多重債務者の俺でも審査に通るんだ、ラッキー」などと審査がゆるい・甘いと勘違いする利用者の方が、やはり一定数いると想定できるわけですね。

(私も多重債務者だった過去がありますが、多重債務状態になる人というのは、何でもそうして甘く考える傾向があります)

ということで、イオン銀行カードローンBIGでもオリックス銀行カードローンでも、あるいはその他の銀行カードローンでも、おまとめローンとして利用できる場合でも、あえて「おまとめローン」という名称をそのままは使わない、ということが多いのだと想定されます。もちろん、これはインターネット上の口コミ・評判でそのように書かれていたり、あるいは私が推測した部分などもあるので、実際にその通りかどうかはわかりません。しかし、ある程度は当たっている部分もあるでしょう。

おまとめに積極的なみずほ銀行カードローン

オリックス銀行カードローンと同様「おまとめローン専用のコース・商品」は用意していないものの、おまとめ・借り換えの審査に割と積極的に取り組んでいる(審査が甘い・ゆるいということではない)という銀行カードローンとして、みずほ銀行カードローンが指摘できます。これはキャッシングに関するインターネット上の口コミ・評判でも、よく言われていることです。

なぜ「みずほ銀行カードローンはおまとめローンに積極的」ということが推測できるのかというと、みずほ銀行カードローンの公式サイトで「おまとめ・借り換えOK」という文言が、明確に書かれているということです。

「そのくらい当たり前では?」という疑問は、インターネット上の評判・体験談が集まるWEBサイトでも、確かに書かれているし、そのように思うのはわかります。しかし、実は意外と次の公式ページでは、オリックス銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどのように「おまとめ・借り換え可能」ということがはっきり書かれている所は少ないのです。

これはつまり「明記しているオリックス銀行カードローンなどと比較すると、おまとめ審査が厳しい」ということです。必ずしもそうとは限りませんが、銀行カードローンも企業である以上、「おまとめローンを使って欲しいと思っているなら、歓迎していることを強調する」というのは間違いありません。それをしていないということは、それほどおまとめローンに積極的ではない=審査が厳しいということになるわけです。

オリックス銀行カードローンのおまとめ審査の特徴

最後に補足として、オリックス銀行カードローンのおまとめローンの審査に、厳しい・甘い・ゆるい、あるいは「こういう人は審査に通りやすい」というような特徴はあるのか…ということを書いていきます。結論を書くと、下のような人は、同じ条件でも比較的おまとめローンの審査に通りやすくなる可能性があるかも知れません。(あくまで可能性があるというだけであり、絶対に審査に通りやすくなるということではないので、その点は重々理解して下さい。

  • すでにオリックス銀行カードローンで借りている
  • オリックス銀行カードローンでの利用状況が良好である
  • 職業・属性などのクレジットスコア(信用度)がもともと高い
  • オリックス・クレジットなど、関連サービスを利用している

あくまで一部ですが、これらの状況・条件を満たしている方であれば、多重債務の一本化や借り換え・乗り換えをオリックス銀行カードローンでしたいと考えた時、おまとめローンとして利用したいと考えた時に、審査通過率の面で比較的有利になる可能性があります。

もちろん「オリックス銀行カードローンのおまとめローンの審査に落ちた」という人のインターネット上の口コミ・評判でも、このような条件をクリアしていたのに落ちた、という方の評判・体験談は見られます。なので、必ずしもこれらの条件に該当する方であれば審査に通る…というような基準を示すことはできません。

しかし、上にリストアップした審査条件をクリアしている方であれば、オリックス銀行カードローンのおまとめローンの審査に申し込みをする時でも、ある程度審査で有利になることはある、という風に想像してもいいでしょう。(繰り返し書いてきた通り、絶対ということではないのですが)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング