カードローンの無利息期間ってどんなもの?

銀行カードローン

2015.07.27

port338
必要な時に必要な金額だけを借りることができて、非常に便利なキャッシングやカードローン。でも、つまりはそれって「借金」ということ。「借金」には利息が付いて、借りた分以上を返せないといけないので、すごく損。

そういったふうに考えていませんか?

実は、最近では、特定のサービス、条件を満たせばキャッシングやカードローンを利用しても、無利息期間といって、これらのキャッシングサービスを実質的に「無料」「無利息」で利用できてしまうのです。
これは、知っているのと知らないのとでは、支払う金額が千円単位以上で変わってくるので、これからキャッシングを利用しようかと検討しているあなたには、是非把握しておいて欲しい情報ですね。

無利息期間とはどういう仕組み?

でも、「無利息」ということは、キャッシング会社にとって何のメリットもありませんよね。
カード発行手数料も、契約時の郵送料も無料なのに、利息すら無料にしてしまっては、キャッシング会社はつぶれてしまう。
そう考えると、無利息も何だかあやしいのではと思ってしまいますよね。
もちろん、あなたが考えたように、もしも「永久に」無利息の場合であればその通りなのですが、キャッシングが無利息になるのは、ある一定の「期間」だけに限られているので、それ以外の利息収入で会社は運営していけるという訳なのです。
いずれにせよ、無利息期間中に返済してしまえば、一切費用は発生しないので、状況によっては提携コンビニATMで引き出し手数料を取られる銀行からお金を引き出すより、キャッシングで借りて返済する方が安くつく(無料ですから・・・)という本末転倒な状況にもなります。
それ位、無利息期間とは有益なサービスなので、是非活用して頂きたいと思います。
そんな無利息期間ですが、さきほど述べたように、限定された期間や回数があります。

無利息期間の2つのパターン

そして、キャッシングやカードローンの無利息期間には2つのタイプがあります。
ひとつには、キャンペーン等で「初回融資限定」や「キャンペーン期間中限定」で無利息期間が設定されているというもの。これらは、使える回数が少ない分、期間は長め(1ヶ月~半年等)に設定されています。
もう1つは、「回数無制限」で利用できる固定サービスとしての無利息期間が設定されている場合。ただし、この回数無制限での無利息期間がある場合は、その期間はキャンペーンタイプと違って短くなっていて、大体1週間や10日等となっています。
もしあなたが、まとまった金額を1回だけ無利息で借りたいならば、キャンペーンタイプの無利息期間を作っている会社と契約をしましょう。
または、少ない金額を毎月定期的に無利息で借りて、無利息期間中にすぐに返済する場合には、回数無制限の無利息期間がついてくる会社を選ぶと、長い目で見ると数万円~数十万円もの違いがでてくるくらい、お得になります。
これらのサービスは、申込み時期によって変更になる可能性がありますので、本サイトでも随時ご紹介しています。
是非各社が提供している無利息期間を有効に使って、お得なキャッシングを利用して頂きたいと考えています。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング