Fマネーカードの返済・借入の方法 ~ATMは利用手数料がかかる~

消費者金融キャッシング

2015.10.18

128

Fマネーカードの返済・借入の方法は、他のカードローン業者とほぼ変わりありません。銀行引き落とし・ATMなどです。ここではFマネーカードの返済・借入の方法を詳しくまとめます。

Fマネーカードの返済方法

Fマネーカードの返済方法は、大別して下のようなやり方があります。

  • 口座引落
  • 銀行振り込み
  • ATM返済

このあたりのやり方は、どの消費者金融・銀行カードローンでも大体共通です。Fマネーカードの特徴としては「インターネット返済ができない」というコト程度でしょう。

インターネット返済とは?

インターネット返済とは、各銀行の「オンラインバンキング」から返済するもの。オンラインバンキング(ネットバンキング)は、通常の振り込みなどをネットでできるサービスです。

自分が使っている銀行のネットバンキングに登録すると、大手の消費者金融などの返済もそれを経由してできます。手数料もかからず、その場ですぐ返済できるという便利さがあります。

という「インターネット返済」ができないというデメリットはありますが、それ以外の返済方法については、大手の消費者金融や銀行カードローンと、Fマネーカードはまったく変わりありません。

Fマネーカードの返済で利用できるATM

Fマネーカードの返済で使えるATMは、下の通りです。

  • コンビニ全部
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

…という風です。りそな銀行やゆうちょ銀行まで含めて「日本の主要銀行」はすべて揃っています。

その他、全国各地の地方銀行・第二地方銀行のATMでも返済できるので、ATM探しには苦労しないでしょう。

Fマネーカードの返済は、手数料がかかる

このように「返済に利用できる」という点では、ほぼすべてのATMが対応しています。しかし「利用手数料なし」というATMはありません。基本的にどのATMでも手数料がかかります。

これに対して、銀行カードローンのATM返済は「コンビニはすべて無料」ですし、他の銀行ATMでも、無料なものはいくつかあります(銀行によって違います)。

また、消費者金融でもプロミス・モビットは「三井住友銀行のATMが無料」ですし、どの業者でも、それぞれの専用ATMは無料です。というように、無料で返済ができるという点では、大手の消費者金融の方が優れています。

とりあえず「手数料がかかってもいい」という人であれば、Fマネーカードの返済は便利でしょう。

Fマネーカードの借り入れ方法

Fマネーカードの借り入れ方法は、大別して2通り。

  1. ATMで借りる
  2. 電話で振り込んでもらう

…というものです。「ATMで借りる」というのは一般的な方法なので、特に説明は必要ないでしょう。「電話で借りる」というのが、Fマネーカードの少々特殊なところです。

これは、Fマネーカードに電話して希望金額を伝えると、その金額を振り込んでくれる…というサービス。ただ、即日振込みではなく「翌日」になります。

ということで1日タイムラグは生じますが、それでも問題ないという人は、この借り入れ方法もありでしょう。逆に「インターネットでの手続きはできないのか」と思われるかも知れませんが、これは残念ながらできません。

というわけで、若い人はインターネットでの借り入れができる大手の消費者金融の方が便利でしょう(あるいは銀行カードローン)。しかし、年配の方など「どの道インターネットの手続きが面倒」という人は、電話で借りられる、Fマネーカードの方が便利かも知れません。

(大手の消費者金融は、電話での借り入れは基本的に対応していませんからね)

借り入れも、ATMの場合は手数料がかかる

FマネーカードのATM利用は手数料がかかる―。というのは返済の時だけではありません。借り入れの時でも、やはり同様に手数料がかかります。

キャッシングの「提携ATM」というのは、「手数料無料」という意味だと思っている人が多いかも知れませんが、提携している=「利用できる」という意味であって、有料のATMは多いのです。

手数料なしでATMを使いたいなら、ネット専業銀行

もし「利用手数料なし」で使えるATMが多いキャッシング業者がいいなら「ネット専業銀行」のカードローンをおすします。楽天銀行・オリックス銀行などですね。

特にオリックス銀行カードローンの「手数料なしのATM」の数はダントツで、コンビニは当然全部無料。銀行ATMも、下のように多くの銀行で無料となっています。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 西日本シティ銀行

…というように、ATMでの借入・返済が便利なのは銀行カードローンです。この点ではFマネーカードは少々銀行カードローンに劣りますし、消費者金融と比較しても、専用ATMがないという点で不利です。

しかし、特にATMで小まめに借入・返済するのでなければ、デメリットにはならないでしょう。というわけで、Fマネーカードは「ATMでの返済・借入を小まめにしない」という人向けだといえます。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング