横浜銀行カードローンの即日融資 ~口座がなくても当日借入可能~

即日融資

2015.09.10

yokohama-sokujitsu

横浜銀行カードローンは、即日借り入れも問題なくできます。基本的に横浜銀行の口座が必要と考えてください。

横浜銀行の口座なしでも「当日口座開設して、申し込む」という方法はあります。みずほ銀行などでも使える方法です。しかし、横浜銀行は口座開設に少々時間がかかるので、この方法だと「朝イチで申し込んでもギリギリ」と思ってください(つまり、あまりおすすめできません)。

横浜銀行の口座があれば、午前中の申し込みでOK

横浜銀行の口座をすでに持っている人の場合―。これは「午前中に審査申込み」すれば、かなりの確率で当日借入できます。

横浜銀行カードローンの審査にかかる時間は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのように「最短30分」などと明記はされていません。「最短即日」というだけなので、どのくらいかかるかは、完全にケースバイケースと考えてください。

ただ、横浜銀行のキャッシング審査に関する口コミ・評判を集めていると「大体、午前中に申し込みすると、その日中に間に合う」ということがいえます。審査は大体17時までやっていて、それより5時間早い正午までに申し込みをすれば、大体審査完了する…ということです。

ということで、絶対間に合うというわけではありませんが、「午前中に申し込んだら、横浜銀行は大体即日借り入れできる…と思ってください。

横浜銀行以外の口座にも即日振り込みできる?

横浜銀行カードローンの審査に受かった後、横浜銀行以外の口座に振り込んでもらうことはできるか―。これは残念ながらできません。借り入れの振り込み先は横浜銀行の口座のみと決まっています。

だから、横浜銀行の口座を持っていない人は、カードローンの申し込み前に「口座開設」が必要なんですね。そして、冒頭にも書いた通り口座開設はそれなりに時間がかかるので、ギリギリでお金を借りたい場合、横浜銀行の口座がない人は、自分のメインバンクがやっているカードローンで借りた方がいいでしょう。

横浜銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入OK?

土日・祝日の即日キャッシングは、横浜銀行は対応していません。横浜銀行の即日審査のルールはみずほ銀行とよく似ています(みずほ銀行カードローンも、土日キャッシングには対応していません)。

ということで、土日・祝日に当日借入をしたいという人は、他の銀行に当たる必要があります。このように横浜銀行カードローンは少々不便なところがありますが、その分業界でもほぼトップの低金利になっている…ということを考えると、仕方ないとも言えるでしょう。

横浜銀行の即日審査で提出する書類、必要なもの

横浜銀行カードローンの即日審査で必要な書類―。これは、他の業者・銀行とほぼ同じです。基本的に「本人確認書類」のみで大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 住基カード
  • パスポート

…というような身分証明書ですね。これらは誰でもどれかは持っているはずなので、特に難しいことはありません。

横浜銀行の口座を当日開設する場合の注意点

当日口座開設をして、それからカードローンの申し込み。そして、審査通過したら希望金額を振り込んでもらい、それをATMで引き出す―。

という流れをイメージしている人が多いでしょう。本来これで正しいのですが「口座開設を当日する」というやり方だと「ATMで引き出す」という最後の部分ができません。

というのは、ATMで借り入れするためには「横浜銀行のキャッシュカード」が必要なんですね。そして、これは口座開設をした当日にはもらえず、「後日郵送する」というやり方なのです。そのため、大体1週間ほどかかります。

横浜銀行の窓口で、直接現金を引き出す

ここまで書いた通りキャッシュカードがない以上、ATMは使えません。ではどうやって、横浜銀行から振り込んでもらったお金を借り入れ(引き出し)すればいいのか。

これは「横浜銀行の店舗窓口で直接申請する」というやり方をします。「口座からいくら引き出ししたい」ということを伝える用紙に記入し、順番待ちをしてそれを窓口に提出する…ということですね。

キャッシュカードさえあればあっという間に終わる作業も、口座開設をその場でする場合は、このようにかなりの時間と手間がかかるわけです。もしその日中にどこかに振り込む、直接現金で返済する…などの事情がある場合、この最後の時間も計算して、行動するようにしましょう。

横浜銀行以外の、地方銀行のキャッシングの最短即日融資

横浜銀行カードローンは地方銀行を代表するキャッシングブランドですが、その他の地方銀行のカードローンの最短即日融資のシステムやルールはどのようになっているのか、ということに興味がある人も多いでしょう。ここでは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>や静岡銀行カードローン「セレカ」など、横浜銀行カードローン以外で人気が高い、地方銀行のキャッシングについて、横浜銀行カードローンとの比較を行っていきます。

静岡銀行カードローン「セレカ」は審査スピードが最速

まず、最短即日融資では審査の所要時間・審査スピードが非常に重要になりますが、その点では静岡銀行カードローン「セレカ」のスピードが一番早くなっています。これは多くのキャッシング・カードローン・消費者金融の口コミ・評判で書かれていることですが、地方銀行のカードローンでは唯一、静岡銀行カードローン「セレカ」が「最短30分」で審査できるようになっているという点に理由があります。

「唯一」と書きましたが、もっとマイナーな地方銀行のキャッシングであれば、「最短30分」かそれより短い時間で審査が完了することも可能となっています。しかし、横浜銀行カードローンや静岡銀行カードローン「セレカ」レベルの知名度、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などのメガバンクの銀行キャッシングと並ぶようなブランドでは、静岡銀行カードローン「セレカ」が(地方銀行では)唯一「最短30分」ということなんですね。

なので、最短即日融資を希望する人の中でも、特に審査にかかる時間がひたすら短い方がいい、という場合には、静岡銀行カードローン「セレカ」を選択するのがいいでしょう。

(横浜銀行カードローンでも十分スピードキャッシングは可能なのですが、最短即日ということしか、時間面についてはわからないので)

提出書類はちばぎんカードローンが一番少ない

最短即日融資をより簡単にするためには、必要書類が少ない方が当然有利になります。そのように提出書類が少ないという点では、メジャーな地方銀行のキャッシングでは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が一番有利になっています。

具体的にどのように提出書類が少ないのかというと、WEB完結というシステムによって最短即日融資を受ける場合、自分の本人確認書類すら提出しなくていいという風になっているのです。つまり簡単に書くと、「提出書類がまったくない」ということになります。

これはキャッシング・カードローン・消費者金融の知識がある程度ある方でも、驚くでしょう。「運転免許証など本人確認書類だけは、どの銀行カードローン・消費者金融の審査でも絶対必要」と思っている方が多いからです。(実際、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のWEB完結は例外的な措置なので、どこでも必ず必要という認識は、大体合っています)

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査で「ネット完結」でお金を借りるためには、千葉銀行の口座のキャッシュカードを持っているということが条件になります。口座開設だけは当日中にできても、キャッシュカードは郵送されるまでに1週間程度かかるので、ある程度前から千葉銀行の口座を持っている必要があるということですね。

そして、千葉銀行の口座をすで保有しているということは、その開設手続きの段階で、すでに保険証・パスポートや運転免許証などの身分確認資料をチェックしているということです。なので、わざわざキャッシングの審査の時に提出しなくてもいい、ということなんですね。

(当たり前ですが、キャッシングで審査が甘く・ゆるくして一番困るのは、遅延・延滞をされる銀行カードローン・消費者金融の側なので、審査が甘く・ゆるくするわけがないのです)

このような理由から、千葉銀行の口座とキャッシュカードをすでに持っている人に限り、身分証明書の提出もなしで最短即日融資をするということが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では可能となっています。千葉銀行の対象エリアである、首都圏・関東に在住・在勤している方々でなければ利用できませんが、条件に該当する方であれば、ぜひ検討してみてください。

その他の地方銀行のカードローン

ここまでは、横浜銀行カードローン以外でメジャーな地方銀行のキャッシングとして、静岡銀行カードローン「セレカ」とちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>を紹介してきました。その他の地方銀行のカードローンの場合、最短即日融資のサービスやシステムはどのようになっているのか―。

結論を言うと「最短20分」などの、静岡銀行カードローン「セレカ」を上回る短時間で最短即日融資・審査ができる地方銀行のカードローンというのは、一応あります。(これは先にも書いた通りです)

ただ、「じゃあこれらの地方銀行のキャッシングの方が、横浜銀行カードローンなどよりも最短即日融資で有利なのか」というと、必ずしもそうではありません。というのは、最短というのはあくまで最短であって、実際にその審査の所要時間で完了するとは限らないという点が、まず第一に指摘できます。

当然ですが、最短即日融資・スピードキャッシングというのは「金融機関の規模が、大きければ大きいほどやりやすくなる」のです。これは、三大メガバンクに入っている三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローンが、両方「最短30分」というのを見ればわかります。

(みずほ銀行カードローンは「最短30分」ではありませんが、その分低金利なので、ギリギリでお金が必要な人をむしろ避けて、良質な顧客に低金利でキャッシングを提供する、という方針だといえます)

このように、基本的に最短即日融資のサービスというのは「銀行カードローンの規模が大きいほど有利」となるのです。となれば、同じ地方銀行のカードローンの中でも、横浜銀行カードローンなどより規模で劣る小規模な地方銀行のキャッシングが、横浜銀行カードローンなどよりも審査が早い…ということは、本来あり得ないわけですね。

(絶対にあり得ないというわけではありませんが、物理的に考えて難しいのは間違いありません。)

審査が早い所は、審査が厳しいことが多い

これは大手の消費者金融の中のノーローンでも言えることなのですが、規模が他のキャッシングブランドより小さいのに審査が早いという場合は、その分審査が厳しいという可能性があります。つまり信用度・クレジットスコアが低い申込者については、細かく審査することなく、どんどん足切りをしているという可能性があるわけですね。

例えば「他社借入が2件あったら、その他の部分を一切審査することなく、すぐに落とす」というような審査基準です。あくまで例え話ですが、このような足切りが多ければ多いほど「融資可能かどうか、すぐに審査できる」というのは間違いないでしょう。

というように、横浜銀行カードローンよりも小規模な地方銀行のキャッシングで、横浜銀行カードローン、あるいはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などよりも審査スピードが早いという時は、このように「足切りなどによって、審査が厳しくなっている」という可能性があるわけですね。

あくまで、インターネット上の評判・口コミなどでそのように書かれていることがある、というだけであって、この見方が正しいという保証はありません。しかし、ある程度的を射ているということは間違いないでしょう。

そのため、一応静岡銀行カードローン「セレカ」の「最短30分」という時間設定よりも、さらに短時間で最短即日融資をできる地方銀行のキャッシングはあるのですが、基本的にはそのような所は、逆に借りにくいという風に考えて下さい。(そもそも、小規模な地方銀行のキャッシングだと、在住・在勤エリアにも制限がありますしね)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング