イオン銀行カードローンは当日審査・即日借り入れも可能

即日融資

2015.09.10

aeon-sokujitsu

イオン銀行カードローンは、最短即日キャッシングも可能?

イオン銀行カードローンは、最短即日借り入れも可能。ただし「イオン銀行の口座をすでに持っている」という条件が必要です。イオン銀行の口座を持っていない人の場合、最短当日借入はできません。

イオン銀行の口座を当日開設することは可能か?

上のように書くと「じゃあ、当日イオン銀行の口座を開設すれば?」と思う人もいるでしょう。結論を言うと、この方法は使えません。イオン銀行の口座は当日開設することはできません。

正確に言うと「開設自体」はできるのですが、「キャッシュカードが自宅に届くまで、融資はできない」のです。これはイオン銀行の公式サイトの「よくある質問」のページに明記されています。

  • 口座開設の手続きは、当日できる
  • しかし、融資は「キャッシュカードが自宅に届いてから」
  • キャッシュカードが届くには2週間かかる

…ということです。つまり、このQ&Aの通りだと「イオン銀行の口座がない人が借りるには、2週間かかる」ということです。最短即日借り入れどころではないですね。

実際には、4日~7日程度で開設できることも

上では2週間と書いたものの、イオン銀行で口座開設した人の体験談・口コミを読んでいると「4日~7日程度」で開設できることが多いようです。公式ページのQ&Aは、クレームが来ないように「多めの日数」を書いているのでしょう。

ただ、いずれにしても「イオン銀行の口座を持っていない人」は、最短当日借入できないのは確かです。

イオン銀行の口座がある場合、何時までに申し込む?

イオン銀行の口座がある人の場合、何時までに申し込みをすれば、最短当日融資できるのか―。これは基本「14時まで」です。公式ページに「14時までの審査申込みは、原則当日中に回答」と書かれているので、この時間で大体OKでしょう。

もちろん、あくまで「原則」なので、確実に間に合うためには、もっと早めに申し込むことをおすすめします。2時間早く、午前中~正午で申し込むようにしたら、さらに最短即日キャッシングできる可能性が高まるでしょう。

イオン銀行は、土日・祝日でも最短当日キャッシングできる

イオン銀行カードローンは、土日・祝日でも最短当日審査してくれます。時間は上にも書いた通り「14時まで」です。もちろん、最短当日審査だけでなく、審査に通ればそのまま最短即日融資してもらえます。

ということで、土日・祝日など休日に突然お金が必要になった場合でも、イオン銀行の口座がある人だったら、何も慌てることはありません。

イオン銀行カードローンの審査の所要時間は?

イオン銀行カードローンの審査は、どのくらいの時間がかかるのか―。これは、消費者金融や三菱東京UFJ銀行などのように「最短30分」などの明記はありません。

しかし、おそらく「3時間」程度と思われます。というのは「14時までの申し込みで、最短即日回答」だからです。当日中に審査して回答できるのは、大体「17時まで」でしょう。イオン銀行も普通の会社である以上、基本の勤務時間は17時までなので。

14時の申し込みで、17時までに審査回答するということは「大体3時間」です。あくまで目安ですが、これがイオン銀行カードローンの審査時間…と考えていいでしょう。

審査にかかる時間は、申し込み者の返済能力で変わる

上のように書いたものの、キャッシングの審査の所要時間というのは「申し込み者の信用度」によって変化します。信用度=返済能力・クレジットヒストリーなどですね。

これは、自分がお金を貸す側になったと想像すればわかるでしょう。明らかに返済できる人が借金を申し込んできたら「ああ、いいよ」と二つ返事で融資するはずです。

しかし、返済できるかどうか不安な人が借り入れを申し込んできたら…。これは「少し考えさせてくれ」というでしょう。というように「その人の信用度=クレジットスコア」によって、審査にかかる時間がかわるのは当然なのです。

クレジットスコアに自信がない場合、特に早めに

ということで、自分のクレジットスコアに自信がないという人は、イオン銀行に限らずどの業者・ブランド・銀行でも「早めに申し込む」のがいいでしょう。万が一審査落ちしてしまった場合も、早めに申込みしていれば、すぐに次の業者・ブランド・銀行で申し込むことができます。

銀行カードローンは日中しか最短当日審査してくれませんが、消費者金融ならどこも20時~21時までに申し込みすれば、最短当日借入できます(土日・祝日でも)。というように「早めに申し込む」ようにすると、最短当日借入できる可能性がぐんと高まるのです。

要は「お金が必要な状況」さえクリアできればいいのですから、イオン銀行でなくてもいい場合、落ちてもともとと思い、早めに申し込むようにしましょう。

(クレジットスコアの高い人の場合は落ちないので、安心してください)

イオン銀行カードローンBIG以外の銀行の最短即日融資

ここまでは、主にイオン銀行カードローンBIGの最短即日キャッシングについて書いてきましたが、当然急ぎでお金を借りたいという人は、「イオン銀行カードローンBIGだけではなく、他の銀行カードローンだったら、最短即日融資のシステムはどのようになっているのか知りたい」と思っているでしょう。やはり急ぎでお金が必要な時には、一番早くキャッシングができる借入先で借りたいものですからね。

ということで、この段落では「イオン銀行カードローンBIGを除外した、他の銀行カードローンでは、どのように最短即日融資・最短即日キャッシングのシステムが整備されているか…ということをまとめていきます。

じぶん銀行カードローンの最短即日融資の審査

まず、イオン銀行カードローンBIG同様「都市銀行や地方銀行でない金融機関のキャッシング」の中で、最短即日融資ができる選択肢として人気な「じぶん銀行カードローン」について比較検討していきます。まず共通点としてはイオン銀行カードローンBIGでもじぶん銀行カードローン「じぶんローン」でも「最短即日キャッシングのためには、それぞれの銀行口座が必要ということが言えます。つまり「銀行口座を持っていない人は、最短即日融資ができない」ということですね。これは銀行カードローンではよく見られるルールです。もしこの点で最短即日キャッシングがやりにくいと感じるのであれば、SMBCモビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融でお金を借りた方がいいでしょう。

(これらの消費者金融であれば、特定の銀行口座を持っていなくても、最短当日キャッシングをすることができます。)

一方、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」とイオン銀行カードローンBIGの最短即日融資のシステムの違いは何かというと、これは「特にない」というのが結論になります。スピードの面では相違点はなく「じぶん銀行カードローンの上限金利が消費者金融に近い17.5%であるのに対して、イオン銀行カードローンBIGは大手の銀行カードローンで一番低金利な13.8%」というのが、最大の違いということができます。つまり「金利・利息面で、イオン銀行カードローンBIGの方が有利」ということですね。

そのカードローンの最短即日キャッシング

上の段落では上限金利の話になりましたが、イオン銀行カードローンBIGと上限金利が同じ13.8%である、ソニー銀行カードローンの最短即日キャッシングについても、イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資とどちらが申し込みやすいか、比較してみましょう。これは、イオン銀行カードローンBIGで借りたいと考えている方には少々残念かも知れませんが「ソニー銀行カードローンの方が有利」という結論になります。理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • イオン銀行カードローンBIGは「平日の最短即日融資」でも、口座が必要である
  • ソニー銀行カードローンは「土日・祝日は必要」だが「平日は不要」という条件

つまり、土曜日・日曜日の最短即日キャッシングだったら互角だけど、平日の最短即日融資であれば、ソニー銀行カードローンの方が有利ということですね。ソニー銀行カードローンの審査最短即日融資も、常に銀行口座なしで借入可能ということではありません。あくまで初回のみとなっています。

(特に急ぎでお金が必要という場面は、どの利用者でも初回に限られるので、初回のみそのように「口座不要」という条件にしているということですね。)

何にせよ、イオン銀行カードローンBIGよりソニー銀行カードローンの方が急ぎで申し込みやすいということは変わりませんが、あくまで「平日のみ、初回のみ」ということなので、大差はないと考えて下さい。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最短即日融資

続いて、メガバンクのキャッシングとして、特に人気がある三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最短即日融資とも、イオン銀行カードローンBIGを比較してみましょう。結論を書くと「最短即日キャッシングのしやすさ」というポイントだけに限定して比較すると、どうしても「三菱東京UFJ銀行・バンクイックが有利」という結論になります。理由は下の通りです。

  • イオン銀行カードローンBIGは「口座が必須」である
  • しかし、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「口座なしでも最短即日融資ができる」という条件
  • 審査の所要時間もバンクイックなら「最短30分」である

このように「特に銀行口座なしで最短即日キャッシングができるかどうか」という点で、大きな違いが生じるということですね。イオン銀行で当日口座開設ができればいいですが、残念ながらそれはできないようになっているので、この点を考えると、やはり「最短即日融資の受けやすさ」という点だけを見れば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が、どうしてもイオン銀行カードローンBIGより有利という結論になるわけです。

消費者金融の最短即日融資と比較

最短即日融資の受けやすさという点では、やはりイオン銀行カードローンBIGなどの銀行キャッシングよりも、SMBCモビット・プロミス・アコム・アイフルなどの消費者金融のキャッシングブランドの方が、有利なことは否めません。ここでは、このような消費者金融での最短当日借入と、イオン銀行カードローンBIGでの最短即日融資の違いはどのような点にあるのかということも、合わせて比較してみましょう。

簡単に違いを箇条書きすると、下のようになります。

  • 指定の銀行口座が必要かどうか
  • 審査の所要時間が短いかどうか
  • 審査通過率が高いかどうか
  • 夜間でも最短即日融資ができるかどうか

ということですね。これらのすべての点で、消費者金融はイオン銀行カードローンBIGよりも、最短即日融資の面で有利…ということが指摘できます。ただ、これは少しでも金融の知識がある人であれば、当たり前のことである…というのがわかるでしょう。消費者金融はイオン銀行カードローンBIGよりも金利が高い分、最短即日キャッシングがしやすいのは当然、ということですね。

鉄道でもクリーニングでも、何でも「特急料金」と言うものがありますが、キャッシングの世界では「最短即日融資をしやすい代わりに、金利が高くなる」という意味での特急料金が設定されているわけです。

なので、消費者金融よりも最短当日借入がしにくいという条件だったとしても、これでイオン銀行カードローンBIGがキャッシングのサービスとして不利ということは全くないので、この点は重々理解して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング