年末年始でもカードローンの即日融資は可能?営業日・休業日一覧

即日融資

2015.09.11

cardloan8

年末年始や正月のキャッシング会社の営業日はどうなっているか。年末年始でも即日借り入れできるのか―。

結論は「大手はどこも、ほぼ無休」で「プロミス・モビットは、元旦以外すべて即日キャッシング可能」です。以下、年末年始のカードローン業者の営業日と休業日をまとめます。

大手の消費者金融の年末年始の営業日・休業日まとめ

大手の消費者金融各社の年末年始の休業日は、下のようになっています。これら以外の日であれば、即日審査・当日借入できます。

  • プロミス…1月1日
  • アコム…12月31日~1月1日
  • アイフル…12月31日~1月3日
  • モビット…1月1日
  • ノーローン…12月31日~1月3日

これを見ると、プロミス・モビットが最も休業日が少ない…ということがわかります。最初に書いた通り、「1月1日以外、すべて即日審査可能」です。

一応、12月31日のみ受付日時が少し短くなります。といっても22時まで申し込み可能だったのが18時なる…というだけです。4時間短くなるだけですね。

ここまで休みなく即日審査するあたり、いかに消費者金融というビジネスに需要があるか…ということがわかります。アイフルやノーローンの休業日は少々長いですが、これでも普通の会社に比べたら、かなり休みが少ない方でしょう。

年末年始の即日借り入れで注意するポイント

このようなスケジュールで、年末年始に消費者金融で当日借入する時―。注意すべきことは「勤務先への在籍確認」です。当然ですが「年末年始は、ほとんどの職場が休み」だからですね。

職場が閉まっているということは、当然在籍確認ができません。これが原因で審査通過できないということも多いわけです。

プロミス・モビットは電話連絡なしすることも可能

ただし、モビット・プロミスの場合は裏ワザがあります。というのは「書類の提出」によって、電話連絡なしにできるんですね。勤務先の保険証・給与明細を提出すればいいのですが、そうして電話確認なしにしたら、年末年始でも問題なく即日借り入れできるわけです(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)。

一応、モビットについては「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかの口座がある」という条件もあります。そのため、この両銀行の口座がない人の場合は在籍確認の回避ができませんが、その場合はプロミスで借りるようにしましょう。

ゴールデンウィーク・お盆などの連休も借入可能

年末年始について、ここまで書いてきましたが、その他の連休はもちろん当日キャッシング可能です。ゴールデンウィークやお盆など、世間が休みの時でも、大手の消費者金融はすべて営業しているのです。

通常の土日・祝日のキャッシングでも「21時まで」即日審査しているので、夜間ギリギリの申し込みでも大丈夫。受付日時が21時までなので、その1時間前の「20時」には申込みフォームから審査情報を送信した方がいいでしょう。

年末年始や土日・祝日の即日借り入れで注意すべきこと

年末年始も含めて、土日・祝日の当日キャッシングで注意すること―。それは「借りた後、誰かにそのお金を振り込むことはできない」ということです。

つまり、振り込みや支払いの約束がその日にあっても「現金で直接支払う」ならともかく「振り込みによって支払う」ということは、基本的にできない―、ということですね。

楽天銀行・オリックス銀行などは可能

ただし例外もあり、楽天銀行やオリックス銀行などの「ネット専業銀行」の場合は、可能です。同じ銀行同士の口座間なら、これらのネット銀行は基本的に「24時間&年中無休」で即日振り込みできるんですね。

というわけで、約束の振り込みや支払いがこのような銀行同士だったら、振り込みも可能です。しかし、そうでない場合は「現金で直接支払う」ことしかできません。この点はよく注意しておいてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング