アイフルの当日融資 ~最短30分で即日キャッシング可能~

即日融資

2015.09.08

aiful-sokujitsu

アイフルの最短即日融資は、20時までの申し込みで可能

アイフルの最短当日借入は「20時まで」に申し込みすればOKです。毎日夜8時までOKということですね。平日だけでなく土日・祝日でもこの時間まで最短即日審査してもらえます。

ということで「夜間に最短即日借り入れしたい」という場合も、アイフルだったら問題なく借りられます。もちろん、実際に審査に受かるかはその人の返済能力や個人信用情報次第ですが、時間的には&システム的には問題ない、ということです。

アイフルで当日振り込み希望の場合は、13時までに

ただの最短即日キャッシングではなく「銀行振り込み」で借りたいという場合―。アイフルだと遅くても「13時」までには申し込みする必要があります。

というのは、銀行振り込みは「銀行が開いている時間」の中で申し込みし、審査完了していないといけないため。銀行は15時で閉まります。そして、アイフルの銀行振り込みは「14時」で締めきっています。

14時に審査完了するには、13時に申し込む

ということで、午後2時までに審査完了させるためには午後1時(13時)に申し込みしている必要があります。アイフルの審査の所要時間は「最短30分」なので、もう少し遅くてもいいかも知れませんが、一応1時間前には申し込んだ方がいいでしょう。

さらに確実に最短当日借入するためには「午前中」に申し込みした方がいいです。これだったら、審査過程で何かトラブルがあっても、問題なく最短即日借り入れできる可能性が高いです。

現金で直接借り入れする場合、20時までに審査

もし「銀行振り込み」ではなく、「現金で直接借入」でいい場合。これはもっと遅い時間までOKです。

「20時までに審査申込み」→「21時までに審査完了」という流れで、最短当日借入できます。平日だけでなく土日・祝日でもこの時間帯でOKです。

ローンカードを発行すれば、ATMで借入可能

アイフルの契約ルーム(自動契約機・無人契約機)は「21時」まで開いているので、この時間までに「ローンカード」を発行すればいいんですね。そのカードを使って、アイフルATMや提携コンビニATM・提携銀行ATMで借り入れすればいいのです。

21時にカード発行をするためには、その時点で「審査通過」している必要があります。ということは、1時間前の「夜8時」までに申し込みが必要…ということですね。

申し込みはWEBでもOKですし、契約ルーム(ローン契約機)でしてもOKです。アイフルの契約ルームでの審査は「書類をすべて手書き」する必要があるので、少々面倒かも知れません。

ネット申込みだったら、必要な審査条件をすべてタイピングなどでできるので、こちらの方が楽です(特に会社の住所など、コピペできますからね)。

ということで「審査はネットで自宅から」→「カード発行のみ、契約ルーム」というやり方が一番いいでしょう。

アイフルは在籍確認必須なので、注意

アイフルの最短当日キャッシングで注意する点は「勤務先への在籍確認が必須」ということ。いわゆる「在籍確認の回避」はできないわけです。

つまり、たとえば土日・祝日・夜間など「職場が閉まっている」時には、アイフルの最短即日審査はできないんですね。アイフルはすぐに審査してくれても、肝心の勤務先が閉まっているせいで「在籍確認できない」ということです。

このように土日・祝日・夜間に勤務先が閉まっている人は、アイフルでは最短当日借入できない可能性が高いです。この場合は、プロミス・SMBCモビットなど「書類の提出によって、電話連絡なしにできる」という業者で申し込みする方がいいでしょう。

アイフルは職場への電話連絡がなしになる場合もある?

アイフルの審査に通った人々の体験談・口コミを読んでいると「電話連絡なしで審査に通った」というものも多いです。場合によっては電話確認なしで審査が終わることもあるようですね。

実際、キャッシング審査での在籍確認というのは、義務ではありません。貸金業法・銀行法で強制されているわけではなく、あくまでそれぞれの業者・ブランド・銀行が「貸し倒れのリスクを減らす」ためにやっているんですね。

返済能力が高い人は、電話確認なしになる場合も

というわけで、返済能力が高く借入希望金額も少ない、…という人の場合は、アイフルの最短即日審査でも「在籍確認の回避」をできる可能性が高いです。判断はアイフルがすることですが「この人なら在籍確認するまでもない」という場合、なしになることもあり得る…ということですね。

その時の審査の混み具合など、諸条件によって変わるでしょう。ただ「必ずしも必須とは限らない」ということです。

それでも、やはり「当日中に絶対借りたい」という人の場合、確実に借りられるよう、SMBCモビット・プロミスなどの「電話連絡をなし」にできる消費者金融で借りる方が安心でしょう。

アイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」

消費者金融でお金を借りたことがない人でも、アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルなどの消費者金融に「自動契約機・無人契約機」と呼ばれるマシンがあるのは知っているでしょう。アコムのむじんくんが一番有名ですが、同様のローン契約機が、その他の消費者金融でもあるということですね。

これはアイフルでも同じで、アイフルの場合は見出しの通り、無人契約でんわBOX「てまいらず」という名称になっています。単純に無人契約ルームと呼ばれることもありますが、ここではこの無人契約でんわBOX「てまいらず」について、最短即日融資の参考として、詳しく説明していきます。

他の消費者金融の自動契約機との違い

アイフルの無人契約ルーム・コーナーが、他の消費者金融のローン申込機・自動契約機などと、どのように違うのか。これは簡単に書くと、タッチパネルなどのマシンを操作するのではなく、電話と紙の書類によって契約をするというものです。要は「自動契約機ではない」ということですね。なので「契約ルーム」という言葉が使われるのです。

こう書くと「何だ、自動契約機じゃないなんて遅れているな」と思う人もいるかも知れませんが、そうではありません。「自動でないこと」には、下のようなメリットがあります。

  • 人間が審査する割合が大きいので、より確かな与信ができる
  • 機械の操作が苦手な方でも、申し込みやすい

ということです。特に後者については高齢者の方や、目が不自由な方(視覚障害者まで行かなくても弱視の方)などは、助かるでしょう。必ずしも消費者金融の最短即日融資の審査というのは、自動契約機の方がいい…ということではないんですね。

なので、特にいわゆるアナログタイプの方にとっては、アイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」は、急ぎでお金を借りたい時にも、機械の操作などで手こずることなく、最短即日融資がしやすい…ということが出来ます。

アイフルのローン契約機のデメリット・短所

一方、アイフルの無人契約コーナーには少々のデメリット・短所・注意点もあります。物事にはすべて一長一短があるので、別にアイフルの契約ルームに不利な点があるということではありません。その前提で書くと、下のような点がデメリット・短所・注意点として指摘できます。

  • オペレーターさんと電話で話す量が多くなるので、電話が苦手な人は困る
  • 紙の書類に手書きをする量が多い(タッチパネルがない分)

ということです。ただ、前者については逆にこの方がいいという人は多いしょう。つまり、インターネット申込などのパソコンの操作は苦手だけど、電話での会話なら得意という方ですね。特に50代や60代など、年齢の高い方ほどそうなる傾向があるでしょうが、このような方の場合は、アイフルの無人契約機・自動契約機・ローン契約機のデメリットはむしろメリット(長所・利点)として働きます。

また、「紙の書類の手書き」にしても同様のことが言えますし、「先にインターネット申込をしておけば、紙の書類に記載する内容はほとんどない」ということも言えます。インターネットの申込みフォームから、必要な審査情報を事前に送っておいて、その上で契約手続きやローンカードの発行をするために、無人契約でんわBOX「てまいらず」に行く…というやり方ですね。このようなやり方だったら、紙の書類にたくさん審査項目を記入する…という必要もありません。

ということで、どのようなものにもメリット・デメリットがある以上、アイフルの契約ルームにも短所はあるのですが、それは人によってはメリット・長所・利点となり、あるいはインターネット申込など手続きの方法を工夫することで、十分にカバーできるものだと理解して下さい。

他の大手の消費者金融の審査時間と比較

ここまでは契約ルームについて語ってきましたが、ここからは「審査時間」という点に着目して、アコム・SMBCモビット・プロミスなどの他の消費者金融と、アイフルの審査の所要時間を比較してみましょう。特に最短即日融資を受けたい人にとって「どのくらいの審査時間になっているのか」という情報は貴重なものだと思うので、参考になればと思います。

「最短30分」というスピードは同じ

まず、「最短30分」で審査できるという時間設定については、アイフルもその他の大手の消費者金融(プロミス・SMBCモビット・アコム)なども同じです。ノーローンのみ「最短20分」ということで、アイフルも含めた他の4つの消費者金融よりも審査時間が短くなっていますが、ノーローンはその代わりに審査が厳しい・審査通過率が低いということで有名なので、最短即日融資を確実に成功させたいという場合は、アイフルなどの他の大手の消費者金融で申し込んだ方がいいでしょう。

何はともあれ、このようにノーローンという例外はあるものの、基本的に大手の消費者金融はアイフルも含めて「最短30分」という審査時間が設定されています。なので、最短即日融資のスピードについては、アイフルでもアコム・SMBCモビットなどのその他の大手の消費者金融でも、基本的に同じだと考えて下さい。

なお、この「最短30分」というのはあくまで審査だけに単純にかかる時間という意味での「審査時間」ということなので、実際の融資の手続きなども含めると最短60分程度になるということは理解しておいて下さい。

ノーローンとアイフル、どちらが早い?

先程、ノーローンの最短即日融資の審査時間について「最短20分」ということで、アイフルの「最短30分」よりも短いということを書きました。これだけ単純に見ると「ノーローンの最短即日融資の方が、アイフルよりも早い」ということになりますが、必ずしもそうとは限りません。というのは、上の段落で書いた「審査通過率」の問題もあるのですが、持つ別の理由もあるからです。

それは、ノーローンは最短即日振込の締切時間が平日の12時30分までと、アイフルよりも早く締め切ってしまうということ。アイフルは「14時」まで最短即日振込の手続きが出来るようになっているので、この点で「銀行振込によって最短即日融資を受けたい」という方の場合は、審査時間に関係なく「締切時間」という観点・ポイントからもアイフルの方が最短当日借入がしやすいということができます。

このように、どの消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングを比較する時でも「どちらが最短即日融資をしやすいか」という比較については、単純に審査時間だけで見ることはできない、ありとあらゆる観点・ポイントから見る必要がある…ということを理解して下さい。

審査結果を大体知りたいなら、SMBCモビット

審査時間が短いということも、最短即日融資を受けたいという場面・シチュエーションではかなり重要なことになります。もし「借りられない」ということが事前にわかったら「次の消費者金融・銀行カードローンで申し込むための準備」をできますし、する必要がありますからね。そのように「審査結果をすぐに知りたい」という方の場合は、アイフルよりSMBCモビットの方がおすすめとなります。

というのは、SMBCモビットには10秒簡易審査というシステムがあり、普通のお試し診断・借入診断よりもかなり正確な本審査に近い大体の結果が、わずか10秒でわかるからです。もちろん本審査の結果とは違うこともあるのですが、とりあえず「一番本審査に近い結果がすぐにわかるのはSMBCモビット」というのは間違いありません。アイフルの1秒診断や、プロミスの3秒診断などではあくまで「お試し診断・借入診断」しかできないので、「借入可能かどうか事前に判別する」という機能では、どうしてもSMBCモビットに劣るわけですね。

(代わりにプロミス・アイフル・アコムなどは初回30日間無利息でキャッシングができるなどのメリットがあり、この点でSMBCモビットより有利ですが。なお、プロミスで30日間無利息でお金を借りるためには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要となっています。)

何はともあれ、このように審査時間や10秒簡易審査など、部分的にはSMBCモビット・ノーローンなど他の大手の消費者金融がアイフルの最短即日融資より有利という面はあります。しかし、全体的にはアイフルはノーローン・SMBCモビットも含めて、あるいはアコム・プロミスも含めて、他の消費者金融の最短即日融資と互角のスピードキャッシングができる…という風に考えて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング