モビットは土日や祝日でも即日審査&当日キャッシング可能です

即日融資

2015.09.10

mobit-donichi

モビットは土日キャッシングも問題なく可能です。土日・祝日でも平日と同じく「21時まで」即日審査をしているので、大体20時までに申し込めば、当日中に借りられるようになっています。

銀行振り込みでなく、ATMで直接借り入れする

モビットの土日借入は、銀行振り込みによって借りるのではなく、ATMで直接かります。手順を書くと、

  1. 審査通過する
  2. 自動契約機でカード発行する
  3. そのカードで、コンビニ・銀行のATMで借り入れする

…という風です。「モビットのATMでは借りられないのか?」と思うかも知れません。これはできません。というのは、モビットには他のプロミス・アコムなどのような、専用ATMがないのです。

というわけで、利用手数料がかかってしまいますが、カード発行をした後、コンビニATM・銀行ATMで借り入れします。ただ、三井住友銀行だったら手数料はかからないので、節約した人は、三井住友銀行のATMで借りるようにしてください。

なぜ銀行振り込みでは借りられないのか?

この理由は簡単で「土日・祝日は銀行が営業していない」からです。モビットに限らずどの消費者金融で申し込みした場合も、土日・祝日は基本的に即日振り込みできません。

ただ、提携している銀行の場合は別です。アコムの場合は楽天銀行だったら土日・祝日でも即日振り込み可能。プロミスも三井住友銀行・ジャパンネット銀行だったら可能です。

というような例外はありますが、基本的に土日・祝日は振り込みで借りることはできないので、「カード発行→ATMで直接借り入れ」という流れになるのです。

モビットの土日審査の在籍確認について

モビットに限らず、土日のキャッシング審査でしばしば問題になるのは「会社への在籍確認」です。当然ですが、「土日・祝日は休みの職場が多い」ということですね。

職場が休みの場合、当然在籍確認はできません。そのため、普通の在籍確認必須の消費者金融の場合は、「土日・祝日は借りられない」ということも多いのです。

しかし、この点モビットは安心です。なぜなら「書類の提出」によって、合法的に電話連絡なしにできるからです。

モビットの電話連絡なしにするために提出する書類

モビットで電話連絡なしにするために必要な書類は下の通りです。

  • 勤務先の給与明細
  • 勤務先の保険証

給与明細については、フリーター・アルバイト・パートの人でも持っているでしょう。問題は保険証で、会社員・OLの人は持っていますが、フリーターの人などは持っていないことが多いです。

この場合は少々難しいですが、逆に言うと、会社員・OLの人などは、特に問題なく電話連絡なしにできるといえます。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座が必要

モビットで電話確認なしにするにはもう一つ条件があります。それは「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の、いずれかの口座が必要」ということ。このどちらかの口座があれば、その口座情報をネット申込みで一緒に記入するだけで、自動的に電話連絡なしにできます。

というようにいくつかの条件がありますが、これらを満たせば「WEB申し込みだけで電話連絡なしにできる」というのがモビットの最大の魅力。これがモビットの自慢の「WEB完結申込」というものですが、条件をクリアしている人にとっては、非常にありがたいシステムでしょう。

モビットは年末年始でも、一番長く営業している

土日・祝日の中でも一番特別なのは、やはり「年末年始」でしょう。この時期も、モビットは大手の消費者金融の中で一番長く営業しています。年度によって多少営業日・休業日は違うでしょうが、基本的に「元旦以外」は営業しています。

嘘のようですが、完全に休むのは「1月1日」だけで、あとは大晦日も、1月2日も営業しているのです。大晦日(12月31日)はさすがに営業時間が四時間ほど短くなりますが、1月2日からは通常営業で審査しています。

これほど休業日が少ないのはモビットだけです。こういう点でも、土日・祝日の即日借り入れに一番強いのはモビットだといえるでしょう。

土日借入の注意点は「その後の振り込み・支払い」

これはモビットだけでなく、どの業者・銀行でも共通することですが、土日融資には注意点があります。それは「借りた後の振り込みができない」ということ。

たとえば誰かとの約束でその日中に振り込まないといけない、という場合。残念ながら銀行が動いていないので、その日に振り込むことはできません。

楽天銀行同士など、ネット銀行同士の場合はリアルタイムに反映されるので大丈夫です。しかし、みずほ銀行などのリアル銀行の場合は反映されないので、この点は注意してください。

モビット以外の大手の消費者金融の土日・祝日の最短即日融資

土曜日・日曜日の最短即日融資は、モビット以外の大手の消費者金融ではどのようになっているのか―。ここまでは、モビットの土日融資について書いてきましたが、「モビット以外の大手の消費者金融でお金を借りることも考えているので、モビット以外のキャッシングブランドについても、日曜日・土曜日の借り入れ・審査に関して知りたい、というニーズは多いでしょう。

大手の消費者金融でモビット以外のカードローンブランドというのは、皆さんもよく知っているプロミス・アコム・アイフル・ノーローンなどのブランドですが、これらのキャッシングブランドの場合は、土曜日・日曜日の最短即日融資はどのようになっているのか、ということを解説していきましょう。

当日審査の受付時間の長さなら、アコム・プロミス

最短即日審査の受付時間の長さなら、モビットよりもプロミス・アコムの方が有利となっています。具体的にどのように有利なのかというと、モビットの日曜日・土曜日や祝日の最短当日審査の受付時間は「21時まで」が基本であるのに対して、アコム・プロミスの場合は、受付時間が基本的に22時(夜10時)までになっているということですね。

つまり1時間分、プロミス・アコムの方が最短当日審査の受付時間が長いということです。当然ですが、最短即日融資において長時間最短即日審査に対応しているというのは有利なことです。急ぎでお金が必要な利用者・申込者にとっては、その1時間が大きな分かれ目になるということもありますからね。

もちろん、本来、そのような1時間の締切時間の違いに左右されないよう、時間に余裕を持ってキャッシングの審査に申し込むというのが一番いいわけですが、最短即日融資が一つになるような状況・シチュエーションというのは、やはりそのような余裕はないものでしょう。ということで、1時間であっても、最短即日融資をしやすいアコム・プロミスの方が、ギリギリでお金が必要という場面では、土日融資・審査でも有利だといえます。

審査通過率ならアイフルの方が有利?

最短即日融資ができる時間でなく、「そもそも審査に通るかどうか」という審査通過率の部分では、他の消費者金融とモビットではどのような違いがあるか―。これについては、アイフルだとモビットよりもやや審査通過率が高い…、というインターネット上の口コミ・評判が多く見られます。

これについては、事実なのかわかりません。というのは、アイフルの審査通過率は公式ページのマンスリーレポート・月次データで公開されているものの、モビットについては、少なくともモビット単独の審査通過率は公表されていないという理由からです。

「モビット単独」というのは、モビットを提供するSMBCコンシューマーファイナンスとしては、アイフルと同様に投資家向け資料で審査通過率に相当する数値も公表されているのです。しかし、あくまで「SMBCコンシューマーファイナンス」の数値であって、モビットの審査通過率がどうなるのかは、そこから推測するしかないということですね。

(プロミスも混ざっているし、その他のキャッシングブランドなども入っているかも知れないので、モビットの審査通過率ということはできないのです)

ただ、SMBCコンシューマーファイナンスの中で、モビット・プロミスはそれほど審査通過率がかけ離れているということは考えられません。また、基本的にSMBCコンシューマーファイナンスが公表する審査通過率というのは、ほとんど「プロミス・モビットどちらかのもの」になるはずです。

ということを考えると、ある程度この史料(SMBCコンシューマーファイナンスの公式ページで公開されているもの)も、モビットの審査通過率とアイフルの審査通過率を比較する上で役立つわけですね。

そうした前提で両者を比較してみると、アイフルの審査通過率は大体45%前後で、モビットを含めたSMBCコンシューマーファイナンスの審査通過率は40%程度という風になっています。時期によってバラつきがあるのですが、ここ数年間ほどを通して平均値を見ると、大体そのくらいの審査通過率で両者とも落ち着いているといえます。

こうした数値の比較から、数%の違いではあるものの、審査通過率については、土曜日・日曜日の最短即日融資でも、モビットよりアイフルの方が審査に通りやすい可能性がある、ということがいえます。

(もちろん、審査が厳しいキャッシングブランドでお金を借りている方が、個人信用情報としての信用度・クレジットスコアは高くなるので、審査が厳しいのはいいことでもあります。クレジットカードと同じです。アメリカン・エキスプレスのブラックカードは、審査が厳しいからこそ持っていると信用されるわけですからね。)

ノーローンは審査が早いが、借りにくい

モビットとノーローンの土日融資・土日審査を比較してみると、単純な審査スピードだけだったら、実はノーローンの方が早くなっています。モビットは平日でも土曜日・日曜日でも「最短30分」というスピードですが、ノーローンは最短20分になっているということですね。10分の違いですが、3分の2の時間で日曜日・土曜日や祝日でも最短即日審査ができるという風に考えると、かなり早いでしょう。単純計算で、ノーローンの方がモビットよりも130%、スピードキャッシングができるということになります。

ただ、総合的に見ると、やはり急ぎでお金を借りたい人にとってもモビットの方が有利です。というのは、見出しの通り「ノーローンはスピードキャッシングがしやすい分、審査に通りにくい」というインターネット上の口コミ・評判が、全体的に多いからです。

もちろん、インターネット上の評判・体験談というのは、この件に限らず基本的にあまり当てにならないものではあります。しかし、それでも他の消費者金融については「審査通過率が低い」ということは言われていないのに、ノーローンだけそのようなインターネット上の評判・体験談が見られるということは、やはり「ある程度、審査に通りにくいのは事実だろう」と推測できます。

もちろん、これは別に悪いことではありません。上の段落にも書いた通り、審査が厳しいのは過剰融資・過剰貸付を防ぐために必要なことだし、審査が厳しい借入先で審査通過した方が、クレジットヒストリーとしてはプラスになるというメリット・長所・利点もあるからです。なので「審査に通る自信があれば、むしろ審査が厳しい消費者金融・銀行カードローンで借りた方がいい」ということになるわけですね。

そのため、別にノーローンがモビットに劣るということでもないし、逆にモビットよりノーローンの方がいいと言うことでもありません。それぞれにそれぞれのメリット・長所・利点があるということです。

ただ、基本的に最短20分か最短30分かの違いにこだわるほど急ぎでお金が必要な人なら、大抵信用度・クレジットスコアも低いと推測できます。そのようにクレジットスコア(信用度)が低い人がお金を借りたいのであれば、やはり少しでも審査に通りやすい可能性があるモビットの方が、安全でおすすめという結論になるでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング