アイフルの土日キャッシング ~休日でも即日審査可能!~

即日融資

2015.09.08

aiful-donichi

アイフルは土日・祝日の即日キャッシングも可能

アイフルは、土日・祝日でも即日借り入れできます。そのため「休日だけど、今日中にお金が必要」という時でも安心。審査も平日と同様最短30分というスピードでできるので、急ぎで借りたい時にも問題ありません。

ただ、土日借入の場合、平日にはない注意点もいくつかあります。ここではアイフルの土日融資に関する注意点をいくつか書いておきます。

銀行口座への即日振込みはできない

まず、自分の銀行口座に当日振り込みしてもらうことはできません。これはアイフルが悪いわけではなく「土日・祝日は、銀行が閉まっている」からです。当然と言えば当然ですね。

ということで、もし「振り込みによって即日借り入れしたい」という場合は、残念ながら土日はできません。アイフルだけでなく、他の消費者金融でもできません(プロミス・モビットの「三井住友銀行」や、アコムの「楽天銀行」など、例外はありますが)。

では、振り込みができないならどうやって即日キャッシングするのか?これは「自動契約機でのカード発行」によってします。

契約ルーム(自動契約機)で、カード発行をする

アイフルの場合、正確には「自動契約機・無人契約機」ではなく「契約ルーム」といいます。ここでローンカードを発行すればいいんですね。

審査自体も契約ルームで受けてもいいですが、書類を手書きする必要があり、少々面倒です。そのため、「審査だけはネット」で「カード発行だけ契約ルーム」というやり方がいいでしょう。

そうしてカード発行をしたら、そのアイフルカードを持って、コンビニ・銀行のATMで借り入れしたり、契約ルームに併設されている、アイフルの専用ATMで借り入れしたりします。

銀行・コンビニのATMは手数料がかかるので、アイフルの専用ATMの方がいいでしょう。専用ATMだったら、利用手数料はかかりません。

アイフルの土日借入は、何時までOK?

アイフルの土日審査は「21時」まで受け付けています。平日と同じ時間です。ただ、あくまで「21時まで受け付け」というだけなので、ギリギリ21時で申し込みした場合「翌日に持ち越し」となることが多いです。

というわけで「当日中に審査結果を出す」ためには「20時」あたりまでに申し込みした方がいいでしょう。審査時間が1時間かかるとして…、ということですね。

審査時間は最短30分なので、20時30分でもギリギリOK

アイフルの審査にかかる時間は「最短30分」となっています。そのため、ギリギリ20時30分でもOKかも知れません。しかし、土日借入をしたいということは、それだけ「急ぎでお金が必要」ということでしょう。

ということは「確実に今日中に借りたい」はずなので、安全策をとって1時間前に申し込みする方がいいです。ということで、夜の8時までには申し込むようにしましょう。

アイフルの土日融資は、深夜でも借りられる?

アイフルの土日キャッシングは、深夜でも借入可能か―。これは「審査が終わっているなら、借入可能」です。その場で審査もする、というのはできません。

審査が終わって「アイフルカード」の発行ができているなら、そのカードを使ってコンビニATM・銀行ATMで引き出すだけです。銀行ATMは深夜まではやっていないのが基本ですが、コンビニATMだったら深夜でも当然OK。そういう意味では「深夜のキャッシング」は、アイフルでも可能です。

年末年始・お盆でもアイフルは即日借り入れOK

アイフルは、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどの即日審査・当日融資も受け付けています。ただ、さすがに元旦などは休んでいます。

正確に言うと「12月30日~1月3日」の5日間、店舗が閉まっています。そして、契約ルーム(無人契約機)は12月31日~1月2日の3日間、休業しているだけです。

つまり「12月30日」までは即日借り入れできるし、「1月3日」からも当日融資可能ということですね。アイフルの土日キャッシングで「当日借入できない」のは「年末年始の3日間だけ」ということです。

21時を過ぎてしまった場合は、どうするか?

アイフルの土日審査は「21時まで」なので、これを過ぎたら間に合いません(というより、20時30分を過ぎたあたりで当日借入はできません)。

しかし、この場合プロミスだったら「22時」まで土日審査をしています。そのため、アイフルで間に合わなかった場合は、プロミスで審査を受けるようにしましょう。

要領・やり方はアイフルと同じで「無人契約機でカード発行→ATMで直接借り入れ」という方法です。22時まで即日審査している消費者金融はプロミスだけなので、アイフルでダメだったらプロミスで借りるようにしましょう。

アイフルの土曜日・日曜日の即日融資の注意点

アイフルは土曜日・日曜日でも最短当日借入がしやすいシステムが整っているので、土日のキャッシングをアイフルでしたい、最短即日融資を受けたい…という希望も多くあるでしょう。システム的にはこれはまったく問題ないので、このような「土曜日・日曜日だけどお金が必要」という時には、アイフルの最短即日融資を希望するというのは、正しい選択肢です。

ただ、当然ながら「土日ならではの、平日の最短当日審査にはない注意点」というものもあります。ここではそれらの注意点やポイントをまときます。

ローンカードの発行の時間を考慮する

まず、土曜日・日曜日に最短当日キャッシングをしたいという場合「ローンカードの発行」が必要になります。平日の即日融資であれば「銀行振込」によってすることも日中ならできますが、夜間だったり、あるいは土日だったりすると、このような「銀行振込による即日融資」ができないのです。

理由は簡単でアイフルなどの消費者金融・銀行カードローンが最短即日振込の手続きをしても、銀行が営業していないのであれば、最短当日借入として反映されることはないということですね。つまり、土曜日・日曜日でもアイフルが「最短即日振込の手続きをする」ということ自体は問題ないのです。しかし、たとえばあなたの銀行口座が「三菱東京UFJ銀行」のものだったとしたら、「三菱東京UFJ銀行の側で、アイフルの最短即日振込を反映してくれない」という風になるわけですね。

これは別に、アイフルだけではありません。どの消費者金融が、どの銀行口座に振り込むにしても、「プロミス→三井住友銀行」「アコム→楽天銀行」などの一部の例外を除けば、基本的に「土曜日・日曜日は、銀行振込によって即日融資を受けることは不可能」となっています。

このように「最短即日振込ができない」ということは「ATMから現金で直接借りる」しかないわけです。そしてATMを動かすには、キャッシュカードやローンカードが必要なので、土日の即日融資では、ローンカードの発行が必要になるということなのです。

このルールは、アイフルでもアコム・モビットなどのその他の大手の消費者金融でも共通していることなので、よく理解して下さい。っr

土日・祝日に勤務先が閉まっている場合は?

ローンカードの発行の時間については、それも見越してやや早めに申し込む…ということだけ意識していれば、特に問題ありません。しかし、勤務先への在籍確認の電話については、土日・祝日に勤務先が閉まっているという人の場合、受けられないという最大の問題があります。つまり、年収や勤続年数、他社借入状況などに一切問題がない人であっても、「土曜日・日曜日に勤務先・職場が営業していないので、それだけで借入不可になる」ということも、人によってはあり得るのです。

このあたりは、アイフルの在籍確認、その他の消費者金融の職場への電話連絡などについての記事でも詳しく書いていますが、「信用度(クレジットスコア)が高い人であれば、在籍確認の代替手段が適用されたり、あるいは会社への在籍確認の電話自体が省略される」ということもあります。そのため、土曜日・日曜日に勤務先が開いていないと、アイフルでの最短即日融資が完全にできない…というわけではないので、その点は安心して下さい。

ただ、当然ですが、割と自由に勤務先への在籍確認の電話を受けられる平日と比較すると、この点で特に、土日キャッシングがアイフルでも不利になる…というのは確かです。なので、特に公務員の方々など、土曜日・日曜日に完全に勤務先・職場がクローズしている…という方は、即日融資を希望する時に注意してください。

銀行カードローンの土日融資と比較

「何となく消費者金融で借りるのは抵抗がある」という方の場合、土曜日・日曜日の即日融資でも、できれば銀行カードローンで借りたい…ということもあるでしょう。最近は、銀行カードローンでも土日・祝日の最短当日キャッシングに対応している所は増えています。ここでは、そのような銀行カードローンでの土日・祝日の即日融資と、アイフルの土日キャッシングを比較していきます。

土曜日・日曜日なら、アイフルの方がおすすめ

最初に結論を書くと、土曜日・日曜日に最短即日融資を受けたい人であれば、銀行カードローンよりアイフルを選んだ方がいいという風になります。というのは、下のような面で、アイフルの土日融資の方が有利だからです。

  • 特定の銀行口座を持っている必要がない
  • 土日・祝日でも21時(夜9時)まで最短当日審査をしている
  • 「最短30分」で審査を完了できる
  • 審査通過率自体が、銀行カードローンより高い

…などなど。他にもいくつかありますが、主だったメリット・長所・利点はこのようになります。特に銀行カードローンは「土曜日・日曜日の即日融資では、その銀行の口座が必要」という条件が多いのですが、土日に当日口座開設をすることはできないので、土曜日・日曜日に「その日中にお金を借りたい」という方にとって、この違いは非常に大きいといえます。「その銀行の口座が必要」という条件だと、その銀行口座を持っていないという時点で、もう借り入れの可能性はゼロになっている…ということですからね。

また、「土曜日・日曜日であっても、夜間まで最短即日融資に対応している」というのも、急ぎでお金を借りたい人にとっては大きなメリットです。銀行カードローンの場合は、土日融資に対応していたとしても、申し込みは14時程度まででなくてはいけないとか、長くても17時程度までに審査の申し込みをしなければいけない…、などの制限があります。このようなルールも当然、土曜日・日曜日にキャッシングをしたい人にとっては足かせとなります。この点、こうした最短当日審査の受付時間の面でも融通が効くアイフルの方が、土日キャッシングでは有利ということです。

土日・祝日の最短即日融資に金利は関係ない

消費者金融・銀行カードローンの最大の違いはやはり「実質年率(金利)」ですが、実は土曜日・日曜日に即日融資を受けたいという局面・シチュエーションでは、金利(実質年率)というのは一切関係ありません。というのは、下のような理由からです。

  • 30万円以下の借入総額なら、実際の利子総額はほとんど変わらない
  • 土曜日・日曜日にお金が必要な場面では、高額借入はしない
  • 土日に即日融資が必要という時点で、大抵かなり急ぎである
  • だったら「まずお金を借りること」を最優先すべき

ということですね。このような条件を考慮すると、銀行カードローン・消費者金融の金利差というのは、少なくとも土曜日・日曜日に最短即日融資を希望している時には、それほど意識すべきものでもない…ということです。

新生銀行カードローン レイクは比較的借りやすい

ただ、銀行カードローンといってもいろいろあって、例外的にアイフルのように土日・祝日の最短当日融資がしやすいという銀行カードローンもあります。新生銀行カードローン レイクがそれです。この点は少しでもキャッシングの知識がある人なら、よく知っているでしょう。

これは別に「新生銀行カードローン レイクは審査が甘い・ゆるい」というようなことではありません。ごく一部のインターネット上の口コミ・評判では、間違ってそのような情報も書き込まれているようですが、新生銀行カードローン レイクはやはり金融機関が提供するキャッシングである以上、アイフルやプロミス・モビット、あるいはアコム・ノーローンなどの消費者金融の審査よりも大分厳しくなっています。

ただ、それでも実質年率(上限金利)が18.0%と、アイフル・アコムなどの消費者金融と同じ金利である以上、もっと低金利である(14.5%程度)の一般的な銀行カードローンよりも審査に通りやすい…ということは間違いないでしょう。(これは少しでも金融の知識がある人にとっては常識といえるシステムであり、セオリーです)

なので、そういう意味で「普通の銀行カードローンよりは、新生銀行カードローン レイクの審査基準は比較的やさしめ」というのは事実です。ただ、消費者金融よりは断然厳しいですし、決して審査がゆるい・甘いということではない…という点は理解して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング