モビットの当日キャッシングは、消費者金融で一番早い

即日融資

2015.09.10

mobit-sokujitsu

モビットは、大手の消費者金融の中でも特に「即日キャッシングしやすい」業者です。理由は「ネット申込みだけで、電話連絡をなしにできる」など、多くあります。ここではモビットの即日融資・当日審査についてまとめていきましょう。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEB申し込みだけで電話連絡をなしにできる

キャッシング審査では「勤務先への在籍確認」というものがあります。本当にその職場に在籍しているかどうか、電話して確かめる…というものですね。

申し込みした時に職場が休みの人など、「在籍確認の回避をしないと、審査に通らない」という人も多くいます。この場合「電話連絡なしにする手続き」をする必要があるのですが、通常は「口頭で希望を伝える」必要があります。

これはプロミスの場合ですが「電話・無人契約機」などで「在籍確認の回避をしたい」ということを、お願いする必要があるんですね。これは時間もかかりますし、精神的にも負担がかかります。

モビットはそれを「普通のネット申込みだけ」でできてしまうわけです。ということで、精神的にも楽ですし、時間もかからないわけです。条件さえ満たせば、モビットほど短時間で即日借り入れできる業者はないでしょう。

モビットで電話連絡をなしにする条件・やり方

モビットで電話連絡をなしにするには、下の条件を満たす必要があります。

  • 勤務先の保険証・給与明細を提出する
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座を持っている

という二つの条件です。一つ目の書類については、会社員として勤務している人は、会社の保険証も発行されているはずなので、それを提出すればOKです。アルバイト・フリーターの人などは、保険証が発行されていないことも多いので、その場合は相談が必要かも知れません。

(モビットの問い合わせ窓口で質問してみてください。状況・条件によってはOKかも知れません。*別の書類を代替するなどして)

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座については「どちらか一つ」でOKです。両方の口座を持つ必要はありません。この指定口座の条件が少々厳しく、これが満たせないために、モビットの即日借り入れを諦める…という人はたまにいます。

もしみずほ銀行まで入っていたら、かなりの確率で多くの人が申し込みできるでしょう。ただ、モビットはもともと三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のグループ会社だからやっているだけで、「メガバンクをカバーする」という目的で、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行を入れているわけではないのです。

(この2つの銀行が揃ったのは、たまたまなんですね)

モビットは審査所要時間は最短30分

モビットは審査にかかる時間も短くなっています。最短30分というのは大手の消費者金融みな同じですが、その中でも電話連絡をなしにする手続きなどに時間がかからない分、モビットが微妙に一番早いと言えるでしょう(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

審査にかかる時間が短いというのも大きいですが、モビットのWEB完結申込のいいところは、やはり「気楽」ということ。電話も郵送も必要ないですし、電話連絡をなしにする時ですら「WEB申し込みだけ」なのですから、「こんな簡単でいいのか」というくらいです。

スマートフォンでの申し込みも可能

モビットのWEB完結申込は、パソコンだけではなくスマートフォン・タブレットでももちろん可能です。まずモビットのアプリをダウンロードして、後はその指示に従うだけです。

アプリを開くと「申し込み」のボタンがあるので、それをタップします。そして、後は指示にしたがって個人情報などを記入していくだけです。運転免許証などの必要書類は、スマートフォンのカメラで撮影して、そのままアップロードするだけ。

パソコンだとスキャナで取り込んでメール送信するわけですが、本人確認書類の送信については、断然スマートフォンの方がやりやすいでしょう。

モビットの即日借り入れは何時までに申し込む?

モビットの即日審査は21時まで受付しています。ただ、21時に審査は終わってしまうので、20時には申し込みするようにしましょう。そうすれば、審査に1時間使ったとしても、21時には完了しています。

そして、審査完了したらモビットの無人契約機でカード発行をし、コンビニ・銀行のATMで直接借り入れするのです。モビットは他の消費者金融と違って専用ATMがないので、この点は注意してください。

銀行振り込みの場合は、13時50分がギリギリ

モビットの即日振り込みは「14時50分に審査完了していれば」指定の銀行口座に振り込みできます。ということは、これも1時間前に申し込むとすると「13時50分がギリギリ」ということ。

ただ、これはかなりギリギリなので、できれば余裕を持って「午前中」に申し込むことをおすすめします。

審査結果が大体すぐわかるので、最短即日融資で有利

最短即日融資が出来るというのはモビットだけではありませんが、同様に最短即日融資ができる大手の消費者金融の中でも、あるいは大手の銀行カードローンの中でも、なぜモビットが特に最短即日融資の分野において有利なのか。これは見出しの通り「大体の審査結果がすぐわかる」という点にあります。

当サイト・まねたろうの他の記事でも書いていますが、10秒簡易審査によって、ある程度借入可能かどうかの目安がすぐにつくので、急ぎでお金を借りたい・大至急お金が必要という場面で、他のキャッシングブランドより有利ということですね。

モビットの10秒簡易審査とは

どの消費者金融・銀行カードローンでも「お試し診断・借入診断」というものを用意しています。借入可能かどうか、大体のシミュレーションが事前にできるというものですね。

これらは借入診断・お試し診断という名前の通り「あくまでお試し」でしかありません。本当にキャッシングが出来るのかどうか、正確に審査してくれるわけではないわけですね。

一方、モビットの10秒簡易審査の方は違います。モビットの10秒簡易審査も確かに本審査の結果とは違うことがありますが、その割合は、他の大手の消費者金融のお試し診断・借入診断より、圧倒的に低くなっています。

それもそのはずで、モビットの10秒簡易審査で記入する・回答する項目は、本審査のものとほぼ同じなんですね。いわば本審査の「書類審査」の部分を、10秒で大体キャッシング可能かどうか診断してくれるということです。

「何でそんなに早いのか、適当に審査しているのではないか」と思う人もいるかも知れません。しかし、最近AI(人工知能)が話題になっているので知っている方も多いかも知れませんが、書類審査のような「データを処理する」類の仕事は、コンピューターがやったら一瞬なんですね。それも、現代のAI(人工知能)だったら、特定の仕事に関して、人間の考える手順をコピーし、人間が審査する時とほぼ同じように審査することが可能、となっているのです。

実際、自動与信システムというのはキャッシング・カードローン・消費者金融の世界では古くからあって、モビットというキャッシングブランドを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスが、同様に提供しているキャッシングブランドであるプロミスも、1983年頃、世界に先駆けて実用化しています。

今のキャッシングで、「最短30分」などの短時間で審査完了するようになったのは、この自動与信システムがあるからなんですね。それをお試し診断・借入診断に応用して発展させた、というのがモビットの10秒簡易審査なのです。

ということで、多少本審査の結果と違うことがあっても、その他の消費者金融・銀行カードローンの返済シミュレーションとは比較にならないほど、高精度で「大体借入可能かどうか」ということがわかります。なので、最短即日融資を希望する人にとって、当日中にお金を借りたいという人にとって、モビットは特におすすめのキャッシングブランドということが出来るのです。

同時申込み・多重申し込みはNG

このように、モビットは「キャッシング可能かどうか、事前にある程度シミュレーションできる」というメリットがあります。しかし、ここで「審査落ちしそう」という結果が出た場合、何が何でも最短即日融資を受けたいという方は「モビットで審査に落ちた時のために、念のためのもう一つ別の消費者金融でも申し込みしておこう」という風に考えるかも知れません。

気持ちはわかりますが、このような同時申込みは、キャッシングの審査の世界ではタブーとなっています。これによって、本来モビットで審査に通ってキャッシングができたかも知れない人でも、審査落ちしてしまうどころか、そのまま「審査ブラック・申込みブラック」にされてしまうかも知れないという可能性があるのです。

(このブラックリストに分類されるとしても、それはモビットがするものではなく、その後その申し込み者の個人信用情報を見た業者・ブランド・銀行がそう判断するということです。)

なぜ同時申込みがいけないのかというと、例えば男性が女性に告白する時「同時進行で、他の女性のもアプローチをかけている」ようなものと言えばわかりやすいでしょう。つまり「信用できない」ということです。

  • それだけ金銭的に困窮している→返済してくれるかわからない
  • 貸し付けてもいいが、他社がいくら融資するかわからないので、自社も慎重に審査しないといけない

このような2つ目の理由が主になります。普通の人だったら、お金に困ってキャッシング・消費者金融に手を出すということはあっても、2つの消費者金融・銀行カードローンで同時に申し込むというようなことは、ほとんどありません。1件申し込むだけでもそれなりに大変ですし、他社借入がない人や、過去にキャッシングをしたことがない人などは、とりあえず「多分1件でも消費者金融だったら審査に通るだろう」という感覚があるからです。

2件申し込む人というのは、それと比較すると「相当切羽詰まっている」「自分の信用度(クレジットスコア)に自信がない」ということであって、融資するモビットなどの側も「大丈夫かな、この人」と感じてしまうわけですね。

また、同時申込みと並んで多重申し込みに分類される行為として「連続申込み」があります。文字通り「審査落ちした後、すぐ次の消費者金融・銀行カードローンで申し込みをする」というものです。これは2件までだったら問題ありません。つまり3件目の消費者金融に申し込みをするのはアウトだけど、2件目まではいいということです。

3件目でも絶対にアウトということはありませんが、これもやはり「普通の人だったら、3件も連続で申し込むことは少ない」ですし、「前の2つの消費者金融が落としたということは、何か問題があるという証拠だから、念のため、うちでも融資は控えよう」と、3つ目のキャッシングブランドも判断する可能性が高くなるわけです。

ということで、連続申込みは「3件目」からが俄然不利になるわけですね。3件目も落ちたらさらに4件目は不利になるので、そのような「申込みブラック」状態にならないよう、できれば連続3件以上の申し込みはしない方がいい、ということです。

申込みブラック・審査ブラック

最短即日融資を希望していると、モビットでもその他の消費者金融で借りる場合でも、ここまで書いてきたような審査ブラック・申込みブラックになってしまうリスクが、非常に高くなります。個人信用情報に異動情報・事故情報などが記録されていてブラックリスト入りするのではなく、審査の申し込みの仕方が悪かったため、ブラックリスト入りしたというパターンですね。

過去に重度の延滞・滞納などをしていないということで、普通のブラックリストと比較したら、まったく悪質ではありません。そのため、仮に申込みブラックや審査ブラックになったとしても、6ヶ月程度で解除されます。6ヶ月というのは、「どこかの銀行カードローン・消費者金融で審査の申し込みをした記録が、個人信用情報に6ヶ月は残っている」からです。それさえ消えれば、最短即日融資を焦るあまり、多数の消費者金融・銀行カードローンで多重申し込みをしたという記録が消えるので、申込みブラックや審査ブラックは、自然と解除されるということですね。

6ヶ月記録が残るのは、「個人信用情報の照会記録」というものです。あなたがキャッシングの審査に申し込むと、その相手の業者・ブランド・銀行が、あなたの個人信用情報を参照するわけです。その記録が残っているんですね。

これは、個人信用情報の悪用を防ぐ効果もあります。あなたがたまに自分の個人信用情報をチェックして、覚えのないキャッシング業者などが照会した記録があれば、何か詐欺にはめようとしている可能性がある、とわかります。

という記録が6ヶ月残るので、申込みブラック・審査ブラックの有効期限は6ヶ月と言われています。その間は、新たな借入審査に通るのがかなり難しくなる、という風に理解して下さい。(消費者金融・銀行カードローンだけではなく、クレジットカードでも同じです。)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング