最短30分のスピードキャッシング!急ぎで借りるなら消費者金融で

即日融資

2015.09.16

17

スピードキャッシングをしたいなら、迷わず消費者金融で申し込むべきです。銀行カードローンも早いことは早いのですが、消費者金融には勝てません。

以下、最速でカードローンでお金を借りるための方法や流れ・やり方をまとめます。

20時までに審査申込みすれば、21時までに借入可能

大手の消費者金融はどこも「20時までの申し込み」で、21時には審査結果が出て、当日中に借り入れできるようになっています。消費者金融の審査の所要時間は「最短30分」なので、すべての手続きを入れても、1時間あれば審査完了するのです。

この「20時までに申し込む」というのは、平日だけではありません。土日・祝日でもこの時間帯でOKです。年末年始でも、元旦以外は即日審査できますし、大晦日に時間が短縮される程度です(4時間程度)。

ということで、ほとんど年中無休で、いつ申し込んでもこの時間でOKということです。現代のカードローンでは、スピードキャッシングというのはこれだけやりやすくなっているんですね。

プロミスだったらさらに一時間長く、即日借り入れOK

上に書いた「20時まで」というのは、プロミス以外の大手の消費者金融です。

  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン

…といった大手のカードローン業者ですね。プロミスの場合はさらに1時間長く、「21時までの申し込み」で、「22時の審査完了」で当日借入できるのです。この当日審査の受付日時の長さについては、プロミスが消費者金融の中でも最強だと言っていいでしょう。

さらにスピードキャッシングする方法

このように、夜間ギリギリまで当日借入できる、消費者金融のスピードキャッシング。この審査にかかる時間をさらに短く・早くする方法があります。

ここでは、そのやり方を紹介していきましょう。

自宅でネット申込みした後、本審査を自動契約機で

消費者金融カードローンの審査は、基本的に「ネット申込み」でします。しかし、審査完了までずっと自宅で待つ必要はないんですね。WEB申し込みした後、さらに続きを自動契約機・無人契約機ですると、審査結果はもっと早く出ます。

審査の続きとは何か―。これは下のような内容です。

  • 本人確認書類の提出
  • 会社への在籍確認
  • 個人信用情報(クレジットヒストリー)の確認

…というものです。ぶっちゃけ、キャッシング審査というのは、ほとんどの時間がこれに使われているんですね。(理由は後述します)

ほとんどの時間がこれなので、これらの審査を「早くしてもらう」ことができれば、さらにスピードキャッシングできるわけです。で、そのために「無人契約機・ローン契約機」でこの作業をする…というのが有効なんですね。

なぜ、自動契約機・無人契約機だとこの審査が早いか?

無人契約機・ローン契約機だとこの審査が早くなる理由―。それは「待たせてはいけない」からです。自宅で待っている申し込み者と違って、ローン契約機で待っている利用者を待たせてはいけない―、という思いがカードローン会社側にもあるわけですね。

これは人としても当然ですし、ビジネス的にも当然です。自宅で待っている申し込み者は、その間に何でも好きなことをできるので、多少待たせてもいいのです(自由とは言え、精神的には不安でしょうが)。

これに対して、ローン契約機で待っている申し込み者は、ひたすら審査結果を待つ以外に何もできません。だから、自動契約機で申し込みしている利用者は優先的に審査されるのです。

最初から無人契約機・ローン契約機で申し込めば?

ここまで読んで「じゃあ、最初からローン契約機で申し込みすればよかったじゃん」と思う人もいるでしょう。これだと「審査情報を書くのが面倒」なのです。

たとえばアイフルの契約ルームだと「全部手書き」です。会社の住所や所属部署、自宅の居住年数、名義、建物種別…とありとあらゆる情報をすべて手書きしないといけないのです。

また、アイフル以外の消費者金融でも、ある程度手書きが必要ですし、タッチパネルでの入力もやはり面倒です。ということで、すべて無人契約機で手続きするというのは「審査情報の記入が大変」というデメリットがあるんですね。

ということで「審査情報だけ、パソコンやスマートフォンで簡単に送ってしまおう」ということなのです。これなら、自動契約機で申し込む時のデメリットもなくなり、それぞれのいいとこ取りをできるわけです。

来店契約とどっちが早い?

これらを読んで「来店申し込みが一番早いのでは?」と思った人も要るでしょう。結論を言うと、来店契約はあまり早くありません。もし徒歩5分というような至近距離に店舗があれば話は別ですが、そうでなければ、歩いて出向いている時間に、ネット申込みの審査が終わります(最短30分ですから)。

そもそも、現代のカードローン審査は、勤務先情報・自宅情報などの膨大な情報を10秒簡易審査できるのです(実際にモビットがそれをやっています)。

ということで、最初から申し込み者が「自分で入力して送信する」ネット申込みの方が断然早く審査できるんですね。来店申し込みだと、スタッフさんが自分でパソコンで入力しなくてはいけませんから。

このようなアナログな方法は、今後ますます主流でなくなっていくでしょう。モビットは完全にWEB申し込みだけでやっていますし、ソニー銀行・楽天銀行などネット専業銀行のカードローンも人気です。

こうした流れの中、WEB申し込みによるスピードキャッシングは、今後さらに進化していくでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング