30万円でも即日キャッシングは簡単!専業主婦でも銀行ならOK

即日融資

2015.09.16

03

30万円を即日借り入れできるか―。これは可能です。消費者金融は普通の会社員・OLの人あったら、大体30万円は借りられます。そして、消費者金融は20時までに申し込みすれば、土日・祝日でも当日中にキャッシングすることができます。

学生さんなど、収入が少ない人が30万円を当日借入するのは、少々厳しいです。しかし、この場合も過去のクレジットヒストリーが良かったり、年収が100万円以上あったりすれば、借入可能です。

30万円の即日キャッシングも、手続き自体は普通

初めてキャッシングする人からすると、30万円の借り入れというのはかなり大きく感じられるでしょう。しかし、消費者金融や銀行カードローンにとっては30万円というのは特に大きい金額ではありません。

そのため、一定の条件を満たした普通の人であれば、特に問題なく借り入れできます。大体の条件を書き出すと、下のようなものです。

  • 会社員・OLとして勤務している
  • フリーター・アルバイトなら、フルタイムで働いている
  • 現時点の借金がないか、少ない
  • これまで返済の遅延・延滞をしていない

…という条件です。「何だ、普通じゃん」と思われるかも知れません。その通りです。カードローン審査は「普通の人であればいい」のです。

ある意味、これほど没個性が問われる世界もないくらいです。とにかく「ごく普通に安定している人」というのが、カードローン業者にとって一番好ましい融資対象なのです。

そういう点では、理想の職業・属性は「公務員」です。事実、公務員は本人が驚くほど次々に審査に通ってしまうので、それがために借金地獄にハマってしまう人も、多いと言われています(副業もしづらいですしね)。

無収入の専業主婦でも30万円は普通に借入可能

収入がない専業主婦だと、さすがに30万円は借りられないだろう…。と思っている人もいるかも知れません。しかし、実は自分の収入がない専業主婦でも30万円即日借り入れできるのです。

大手の消費者金融ではできません。アコム・プロミス・モビット・アイフルなど、皆さんがよく名前を聞く大手の消費者金融は、みな専業主婦に対しては融資していません。

というわけで、無収入の専業主婦のキャッシングでは「銀行カードローン』に申し込みます。銀行カードローンは一部を除いて、収入がない専業主婦に対しても借り入れOKとなっているからです。

ソニー銀行は10万円だけ。楽天銀行・イオン銀行は50万円

銀行カードローンは基本的に、専業主婦には「一律30万円」というシステムで融資してくれます。夫・旦那の収入がどれだけだろうと関係なく、誰でも30万円です。

女性が専業主婦として生活できる家庭だったら、30万円くらい余裕で完済できるだろう…という計算ですね(実際、余裕だと思います)。

というわけでみな「30万円」という限度額なのですが、イオン銀行・楽天銀行だけは限度額が大きくなっています。こちらも一律で、今度は「50万円」です。「無収入の専業主婦なのにそこまで借りられていいのだろうか?」と恐縮してしまうかも知れませんが、専業主婦というのは一つの職業として認められているので、別にいいのです。

逆にソニー銀行は「専業主婦・学生は10万円」と、少々限度額が少なくなっています。学生は10万円で十分ですが、専業主婦の人だと、借りたい理由によっては少ないかもしれません。

すでにソニー銀行を利用しているという人の場合、ソニー銀行カードローンでそのまま借りてもいいでしょう。しかし、そうでない人なら、あえてソニー銀行を選ぶ必要はありません。(専業主婦のキャッシングの場合)

学生でも30万円の当日キャッシングはできる?

これはその学生さんのクレジットヒストリーによります。初回のキャッシングで、学生に対していきなり30万円を融資するということはめったにありません。危ないですし、本人のためにもその方がいいからです。

年収が120万円以上など、明らかに30万円くらい余裕で返済できる…と思える学生さんだったら、30万円もあるかも知れません。しかし、基本的に学生が初回のキャッシングで借り入れできる金額は「10万円~15万円」と考えてください。

学生専用ローンでも限度額は変わらない

学生融資というとよく出てくるのが「学生専用ローン」ですが、これはおすすめしません。別に学生相手だからといって審査が甘いということもなく、金利が安くなることもありません(高くもないですが)。

そして、限度額も大手の消費者金融と変わらないか、むしろ小さくなります(資本金が少ないので、融資に慎重になるのは当然ですね)

特に即日キャッシングがしづらいです。中小業者ということで即日審査のシステムが整っておらず、一つ一つ人力で審査しているので、どうしても遅くなるのです。

というわけで、バイトなどで安定した収入があれば学生の即日キャッシングの場合も、基本的にモビット・プロミスなどの大手を勧めます。

30万円の即日キャッシングをする時の注意点

最短即日融資で30万円を借りたいという時、注意点はあるか。これは当然ながらあります。まず第一に、借入希望金額が10万円程度だったら審査に通った人でも、30万円を希望したことによって、審査落ちしてしまうことがゼロではないという点が指摘できます。つまり「10万円程度の信用度・クレジットスコアしかないのに、30万円を希望する時点で、この人は自己評価が甘いな」という風に思われてしまうわけですね。

これは自分が友達などから「お金を貸して」と言われた時を想像してみてもわかるでしょう。「この友達だったら、3万円までは貸してもいいかな」と思っていた友人から、いきなり「30万円貸して」などと言われたら、3万円であろうと貸す気をなくすはずです。「何考えてんだ、こいつは」という風に思ってしまうわけですね。

消費者金融・銀行カードローンは融資して利息収入を得るというのが仕事なので、そのような申込者・消費者が来たとしても、別に「何を考えているのか」とまでは思いません。膨大な申込者の審査をするためには、一人一人の審査に個人的な感情を挟む余地はありませんからね。

ということで、借入希望金額が高額でも、それが原因で審査落ちするということには、必ずしもなりません。しかし、可能性は多少あります。そのため、本当に30万円借りる必要があるという人でなければ、できるだけ「本当に必要な金額」だけを、与信枠として希望するようにしましょう。

実際、その方が無事に審査を通過して借り入れをした後で、返済がしやすくなるので、「キャッシングに成功した後の返済」という観点からも、おすすめできる考え方といえます。

逆に借入希望金額より増えることもある?

消費者金融・キャッシングのインターネット上の評判・体験談を収集していると、「10万円などの少額で借入希望金額を書いたのに、最大限度額が30万円に設定されていた」と言うように、申し込み者本人の希望よりも、大きな最高与信枠が設定されていた…というケースもあるようです。これはその人の返済能力を、その銀行カードローン・消費者金融が高く評価してくれたということで、喜ぶべきことですね。

もちろん、そのように高い最大融資枠が設定されると「借り過ぎてしまう」というリスクはあるでしょう。ただ、それはキャッシング・消費者金融のブランドの側も承知していることなので「おそらく、この人なら借り過ぎて多重債務者・借入超過者になるようなことはないだろう」と判断されたわけです。そのように返済不能になられて、一番困るのは消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社の側ですからね。その彼らが自主的に「高額の与信枠」を設定してくれたのであれば、それは「自分なら、その金額でまったく問題ない」という風に受け取ってもいいと言えます。

また、最大限度額が高額になっていると「紛失・盗難の被害にあった時に、被害金額が大きくなってしまうので怖い」という利用者の方もいるかも知れません。そのような心配はもっともなので、その場合はそのキャッシングブランドや銀行カードローンに頼んで「もっと少額の与信枠にしてくれ」というリクエストを出せばいいわけです。最小でおそらく10万円という限度枠になるでしょうが、そのような減額・減枠に対しては、ほぼ全てのキャッシング業者やブランド・銀行カードローンが応対してくれるはずです。

キャッシング金額が高額になるほど、審査スピードが落ちる

30万円のような、やや高額のキャッシング・借り入れをする時に注意すべき点は、まだあります。それは見出しの通り「借入希望金額が高くなると、その分審査時間が長くなり、最短即日融資がややしにくくなるかも知れない」ということ。「高額融資だと審査の所要時間が長くなる」というのは、何となく想像がつくでしょう。

これもやはり「自分が融資する側」という想像をしてみるとわかるのですが、「100万円貸して」とか「200万円借りたいんだけど…」というように高額融資を希望されればされる程、融資するかどうか慎重に考えるはずです。これが1万円や2万円だったら「はい」とすぐに貸し付けてあげる場合でも、やはり30万円や50万円、100万円や200万円というような大金となると、どうしてもよほどのお金持ち・富裕層でなければ躊躇しますからね。

このようなためらいは、当然大手の消費者金融・銀行カードローンでも存在するものであり、キャッシング希望金額を高くすればするほど、最短即日融資ができる可能性は低くなっていく、という風に考えて下さい。逆に言えば「最短即日融資が受けられなくても平気であれば、高額借入を希望してしまってもかまわない」ということです。もし審査に通れば、それはそれでラッキーですからね。

もちろん「ラッキー」というのはあくまで「たくさん借りられる」というだけであって、その後はそれを自分で返済して行かなければいけないわけですから、借り入れ(借金)ができた、高額融資・大口融資に成功した…ということだけで、あまり喜んでいてはいけません。何はともあれ「今すぐキャッシングをしたい」ということであれば、出来るだけ借入希望金額は少額にし、どうしても30万円などのある程度の高額キャッシングが必要なのであれば、多少審査スピードが遅くなる、審査の所要時間が長くなる…ということは覚悟しておいた方がいいでしょう。

30万円なら、原則収入証明書は不要

消費者金融・銀行カードローンどちらでお金を借りる場合でも、原則として、30万円までの借入金額・キャッシング金額であれば、収入確認資料・年収確認資料は提出しなくていい…という風になっています。これは他の部分でも書いているので、すでに読んで下さった方もいるかも知れません。

何はともあれ、アイフル・アコム・モビット・プロミス・ノーローンなどの大手の消費者金融のキャッシングブランドであっても、50万円までは所得証明書を提出しなくていいというのが基本的なルールとなっているので、30万円だったらさらに収入証明書はなくてもOK…となりやすいわけですね。

もちろん、キャッシングカードローンの審査というのは常に状況・シチュエーションに合わせて柔軟に内容が変わるので、必ずしも全ての申込者が、30万円までのキャッシング枠であれば、収入確認資料を提出しなくていい…ということにはなっていません。例えば、フリーランス・個人事業主・自営業、あるいは法人経営者・会社代表者などの独立系の職業の方々であれば、借入希望金額に無関係で、何らかの収入証明書を提出しなければいけない…というルールになることがよくあります。

特に法人化していない自営業・個人事業主の場合は、本当に事業をしているのかどうかが、確定申告書・納税証明書などの公的書類の年収証明書を見ないとわからないという理由もあるんですね。個人事業主というのは「開業届」を提出するだけで誰でもなれてしまうものであり、1円もかからないのです。あっという間に終わる手続きです。ほぼないも同然の手続きなんですね。

法人化は、合同会社であっても最低7万円程度の設立費はかかりますし、株式会社だったら25万円程度はかかります。というように、法人化をしているのであれば、その申込者はある程度信用できるので、収入証明書の提出が会社員・OL・公務員・サラリーマンなどと同様に、不要になることもあります。しかし、フリーランス・商店主・店舗経営者・自営業・個人事業主などは、かなりの確率で、30万円の借り入れであっても「年収証明書が必要」という審査基準になる…という風に理解して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング