根保証とは?~1回借金完済しても、終わらない連帯保証~

ルール

2015.09.14

069

借金について勉強していると「根保証」という単語が出てきます。根保証とは「一度完済しても、まだ保証人の責任が続く」というものです。この根保証の仕組みを詳しくまとめます。

一度の借り入れを完済しても、保証人の責任は終わらない

普通は、連帯保証人の責任は「借りた人が、完済したら終わり」と思うでしょう。しかし、根保証は違います。下のようになるのです。

  1. お金を借りたAさんが、無事完済する
  2. 連帯保証人のBさんが、安心する
  3. AさんがBさんに内緒で、また借りる
  4. Aさんは、実はこの借金でも連帯保証人になる
  5. しかしAさんは知らない
  6. 後日、Bさんが逃げて、Aさんに取り立てが来る

…という風です。わかりやすくあえて「Bさんが内緒で借りて、逃げた」というシナリオにしました。根保証が設定されると必ずこうなるわけではありません。要は「知らない間に、まだ責任が続いている」ということです。

何で、連帯保証人の責任が続くのか?

これは「繰り返し借りる人」のためのものです。「いや、借りるなよ」と思うかも知れませんが、事業などで必要なことがあるのです。

そして、この場合AさんもBさんの事業を応援していて「何度でも、連帯保証人になってやるよ」という覚悟なんですね。ただ、毎回手続きをするのは面倒です。そのため「今後ずっと、Bさんの連帯保証人になります」ということで「根保証」を結ぶのです。

根保証に期限や限度額はないのか?

当然あります。根保証には下の2種類があります。

  • 包括根保証…期限も限度額もなし(無制限)
  • 限定根保証…期限や限度額を制限する

…というものです。ほとんどの場合、当然ながら「限定根保証」にします。こうしないと先にも書いた通り、大変なことになりますからね。

どれだけBさんを信頼していたとしても、人間なので魔が差してしまうこともあるかも知れません。また、やむを得ない天変地異などの事情で、会社が倒産してしまう…ということもあるでしょう。

そのため、どれだけ深い中であろうと、根保証は「限定根保証」にしておいた方がいいのです。包括根保証は、完全に一蓮托生と決めた人物のみに、設定するものです。

連帯保証とは何か?単純保証との違い

「連帯保証人」という言葉はよく聞きますが、そもそも連帯保証とは何か。これを説明するには「単純保証」との違いを説明するのが一番です。

まず、貸金業者が保証人に対して「あいつが払わないから、お前が払え」と言ってきたとしましょう。その時、単純保証と連帯保証は、それぞれ下のようになります。

  • 単純保証…「いや、あいつに言ってください」と言える
  • 連帯保証…「わかりました。私が払います」と言わなければいけない

…ということです。つまり、連帯保証は「借り手と一心同体」のようなものなんですね。だから「連帯」なのです。深く連帯しているので、問答無用で払う必要があります。(単純保証は、払わなくてもいいんですね。裁判で負けたら別ですが)。

連帯保証は、複数人いても責任が分散されない

たとえばAさんが100万円借りるとします。そして、BさんとCさんに保証人を頼みます。この時、単純保証と連帯保証は、下のようになります。

  • 単純保証…Bさん・Cさんはそれぞれ「50万円ずつ」の責任しかない
  • 連帯保証…Bさん・Cさんは二人とも「100万円」の責任を負う

これを見て「連帯保証の方、合計200万円になってない?」と思うかも知れません。これは「Aさんだけでなく、Bさんまで逃げたら、Cさんが100万円負担する」ということです。

もしこれが「単純保証」だったら、Aさん&Bさんが逃げても、Cさんの責任は「50万円」だけなのです。

というように、ここでも連帯保証は責任が重くなります。つくづく、人の借金の連帯保証人になってはいけない…と実感しますね。単純保証でもあまりしたくないですが…。

借金の保証人を頼まれたら、基本的に断る

キャッシング情報サイトを運営していると、カードローン地獄に陥った人の体験談を多く読みます。その中で多いのは「人の借金の保証人になって…」というお決まりのパターンなんですね(他にもいろいろありますが)。

友達の保証人だったら「なるなよ、そんなもん」と思う人もいるでしょうが、「親戚の保証人で…」というのも結構あるのです。親戚だと、なかなか断りづらいですよね。

親戚ですらこういうことがある、というのは知っておくべきです。すべての人を疑う必要はありませんが、「親戚だって、裏切る時は裏切る」という、一種の覚悟のようなものは持っておくべきでしょう。

また、裏切らなかったとしても、事故で半身不随になって返済できなくなる…などのこともあるのです。くれぐれも、人の借金の保証人になるのはよく考えましょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング