イオン銀行カードローンの審査基準 ~専業主婦・学生など~

審査

2015.09.10

aeon-shinsa

イオン銀行カードローンの審査基準・まとめ

イオン銀行カードローンの審査基準のポイントをまとめると、下のようになります。

  • 家庭に入っている女性でも借入可能
  • 自分の収入があれば、誰でも借入可能
  • アルバイト・フリーター・パートなどもOK
  • 学生はキャッシング不可

…という風です。以下、それぞれ詳しく説明します。

イオン銀行は、専業主婦が特に申し込みやすい

イオン銀行は、多くの銀行カードローンの中でも特に「家庭に入っている女性が申し込みやすい」審査基準になっています。理由は下の二点です。

  1. 夫の同意書なしで借入可能
  2. 専業主婦でも50万円まで借りられる

…という風です。「旦那の同意書なし」で借りられる銀行は、イオン銀行以外でも「三菱東京UFJ銀行・横浜銀行・みずほ銀行」など5つほどあります。ただ、それらは借入可能金額が「30万円」なんですね。

例外としてイオン銀行・楽天銀行のみ「50万円まで」借りられるようになっています。どちらもショッピングが本業なので、そこで専業主婦にお金を落としてもらうため…という理由もあるのでしょう。

何にせよ、このように「借入可能金額が大きい」「旦那に内緒で借りられる」という二点から、「イオン銀行は専業主婦が特に申し込みやすい」といえるのです。

イオン銀行カードローンは、学生借入は不可

イオン銀行の審査機の難点として「学生融資ができない」という点があります。銀行カードローンはいくつか「学生キャッシング不可」というところがありますが、イオン銀行もその一つというわけです。

イオン銀行以外で、学生融資不可の銀行カードローン

参考までに、イオン銀行以外でも学生キャッシングができない銀行カードローンを一覧にすると、下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 横浜銀行

その他の主要な銀行カードローンは、ほぼ全て学生借入は可能となっています。この点、学生の方にとってはイオン銀行は「審査が厳しい」「借りにくい」と言えるかもしれません(専業主婦の時とは反対ですね)。

アルバイト・フリーターもイオン銀行で借入可能

その他の職業については、特にイオン銀行で借りられない職業・属性というのはありません。フリーター・アルバイト・パートの人々も、問題なく借りられます。

よく、これら非正規雇用の人々は「キャッシング審査で落ちやすい」と言われますが、そんなことはありません。確かに会社員・OL・公務員の人々と比較したら、審査で不利なことはあるでしょう。

しかし、あくまで「限度額が小さくなる」程度のことであり、審査自体は通ります。キャッシング審査ではこうした職業・肩書よりも、むしろ「実際にどういう借入・返済をしてきたか」という「クレジットヒストリー」の方がよほど重要なのです。

そのため、イオン銀行でも他のカードローンの審査でも、「アルバイト・フリーター・パート」というだけで、審査で落とされるということはありません。むしろクレジットスコアさえ良ければ、会社員・OLの人などよりも審査に申し込みやすい、という場合もあります。

イオン銀行カードローンの審査は厳しい?ゆるい?

イオン銀行カードローンの審査のレベルは、銀行カードローンの平均レベルです。他の銀行カードローンと比較して、特に通りにくい・通りやすいということはありません。

むしろ、先にも書いた通り「収入がない専業主婦」に関しては、他の銀行カードローンより審査が簡単といえます。少なくとも、「配偶者の同意書が必須」という銀行カードローンよりは、審査基準がゆるめということもできるでしょう。

夫の同意書が必要な銀行カードローンの場合、夫バレ・旦那バレは確実です。それが防げるというだけでも、少なくとも「イオン銀行は専業主婦にとって申し込みやすい」ということは言えるはずです。

イオン銀行では、いくらまで借りられるか?

いくらまでキャッシングできるかは、当然その人の年収・借入状況などによります。ただ、消費者金融のように「年収の3分の1まで」という貸金業法第13条の2第2項の規定は、厳しくありません。銀行は貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)なので、3分の1を超えるお金を借りられる…ということもあります。

ただ、大抵の場合は消費者金融と同じように「3分の1以内」になります。普通の人の場合、大体この金額までしかまともに返済できないからです。

年収は最低200万円は必要?

イオン銀行に限らず、銀行カードローンの借入審査では「年収が最低200万円は必要」という説がまかり通っています。たしかに、このくらいの年収があると確実ですが、別にもっと年収が少なくてもかまいません。

先にも書いた通り、年収が少なくても「クレジットヒストリーが良好」という人は、審査に申し込みやすいです。ということで、一般的に審査で不利と言われるパート・アルバイトの人なども、自信を持って審査を受けてください。

年金生活でも、イオン銀行カードローンBIGでキャッシングは可能?

年金生活者(年金受給者)でもイオン銀行カードローンBIGのキャッシングの審査を通過することはできるのか。結論を書くと「年金以外の収入があれば可能(審査に通るかどうかは別)」という風になります。イオン銀行カードローンBIGの審査基準の重要な点として、この年金受給者(年金生活者)のキャッシングについても書いていきましょう。

自分の収入がないなら借入不可

専業主婦の場合は、「自分の収入がなくても借入可能」という審査基準になっています。これはイオン銀行カードローンBIGに限定された話ではなく、どの銀行カードローンの審査基準でも同じとなっています。

しかし、専業主婦というのは一つの職業ですが、年金受給者・年金生活者というのは職業ということはできません。これまでの人生で、苦労して働かれてきたことは当然尊重すべきですが、「65才以上でもキャッシングが必要なくらいお金がない」というのが危険ということは、誰でも理解できると思います。(若い世代だけではなく、同年代の方々が聞いても「それはない」という反応になるはずです。

ということで、「年金生活者・年金受給者でありながらカードローンでお金を借りる」ということであれば「専業主婦と違い、最低限パート・アルバイトをしていて、自分の収入があることが条件」となるのです。これは一般的な感覚で考えても、それほどおかしなことではないでしょう。ということで、自分の収入がない専業主婦だったらイオン銀行カードローンBIGでもお金を借りることは可能ですが、「年金受給者・年金生活者の高齢者の方々については、必ずアルバイト・パートなどをして、年金以外の収入を得ていないといけない」という風に理解しておいて下さい。

アルバイト・パートの収入があれば、借入可能

上の段落に書いた内容は、逆に言えば「自分の収入がある人なら、イオン銀行カードローンBIGでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、皆キャッシングが出来る」ということです。絶対に審査に通るというわけではありませんが、とりあえず「申込資格・借入資格としては、クリアしている」ということです。イオン銀行カードローンBIGの審査基準としてOKということですね。

無収入の専業主婦についても「あくまで夫・旦那の収入は必要」なので、もし夫・旦那が無職・ニートで無収入、ということであれがキャッシング不可となります。しかし、それでは専業主婦として生活すること自体がそもそも出来ないはずなので、この点の心配は不要でしょう。

年齢条件は64才まで

イオン銀行カードローンBIGの審査基準では「家庭に入っている女性でもキャッシング可能」ということは、ここまで何度も書いてきた通りです。ただ、当然ですが、一口に無収入の専業主婦といっても「年齢制限・年齢条件」は当然存在します。見出しの通りイオン銀行カードローンBIGでキャッシングができる審査基準は64才までとなっているので、65才以上の方は、キャッシングができないようになっています。

この「65才前後でキャッシング可能かどうかが分かれる」というのは、イオン銀行カードローンBIG以外の銀行のキャッシングでも、同様に言えることとなっています。新生銀行カードローン レイクなどは例外的に「70才まで」という年齢制限になっていますが、ほとんどの大手の銀行カードローンは「65才まで」か、イオン銀行カードローンBIGのように「64才まで」という審査基準になっているわけですね。

これは言うまでもなく「定年・年金生活に入る年齢」ということです。高齢者の中でも「前期高齢者」ということですね。ここがキャッシングができるかどうかの一つの審査基準の分かれ目・分岐点ということです。

イオン銀行カードローンBIGは18才・19才でも借入可能?

20才未満・未成年・10代(18才・19才など)でもキャッシングをしたい…というニーズはある程度あるでしょう。結論を書くと、これは見出しの通り「イオン銀行カードローンBIGでは、20才未満・未成年・10代がキャッシングをすることは出来ない」という審査基準になっています。大体想像はつくと思いますが、これはその他の大手の消費者金融・銀行カードローンでも、同様のルールとなっています。

専業主婦でも20才未満・未成年・10代はキャッシング不可

当然ですが、家庭に入っている女性でもキャッシングができるイオン銀行カードローンBIGであっても、まだ18才・19才ということであれば、当然キャッシングはできないという審査基準になります。これは一般常識で考えても、誰でも納得が行くことでしょう。

最近は晩婚化が進んでいるので、10代・未成年・20才未満で結婚するような女性も少ないでしょうし、したとしてもパート・アルバイトをしていて、自分の収入がない専業主婦になるということはめったにないとは思いますが、それでも、一応可能性としてはあります。そのような18才・19才の専業主婦の女性の場合は、イオン銀行カードローンBIGでもキャッシングをすることは不可能…ということです。

18才・19才はクレジットカードで

ただ、裏技ではありませんが、専業主婦の女性でもその他の職業・属性でも、18才・19才でもキャッシングをする方法…というのがあります。イオン銀行カードローンBIGではここまで書いてきた通りできませんが、20才未満・未成年・10代でも発行できるクレジットカードを作って、それでキャッシングをするという方法であれば、18才・19才の専業主婦の女性でもお金を借りることは可能なのです。

ただ、この場合はデメリット・短所・注意点もあって「5万円~10万円程度の少額のキャッシング枠しかもらえない」「最短即日融資はできない」ということが指摘できます。クレジットカードというのは、大部分は最短即日発行ができないものであり、特に18才・19才でも発行できるクレジットカード(三井住友VISAデビュープラスカードなど)は、審査に数週間かかる…というのが基本になっています。

なので、イオン銀行カードローンBIGのように「審査基準をクリアしていれば、最短即日融資ができる」という体制・システムにはなっていません。そのようなデメリット・短所・注意点はあるものの「別に、最短即日融資できなくてもいい」という専業主婦の女性であれば、20才未満・未成年・10代の時には、このような選択肢もあるという風に理解して下さい。

専業主夫のキャッシングについて

ここまでは「専業主婦の女性」について書いてきましたが、最近は女性の社会進出や、男性の育児・家事への進出にともなって、専業主夫の男性も増えています。このような「専業主夫の男性」の場合、イオン銀行カードローンBIGでキャッシングをすることは、審査基準的に可能なのか―。これは可能です。

要は「男性か女性か」が問題なのではなく、「配偶者に安定収入があるかどうか」ということが、一番の問題なわけですね。専業主夫の男性でも、嫁・妻の女性がしっかり安定収入を得ているのであれば、イオン銀行カードローンBIGのキャッシングの審査を通過することは、問題なく可能となっているわけです。


以上、イオン銀行カードローンBIGの審査基準について、特に「専業主婦(主夫)でもキャッシングができるか」という点にフォーカスしながら、説明してきました。基本的に「自分か配偶者に安定収入があれば借入可能」ということです。(安定収入というのは、パート・アルバイトの収入でもOKです)

このように、銀行カードローン・消費者金融の審査基準というのは、イオン銀行カードローンBIGでもどこでも意外とシンプルなものなので、あまり難しく考える必要はありません。(審査自体は厳しいものであり、甘い・ゆるいものではありませんが、要はルールはシンプルということですね)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング