フリーター・アルバイトでも、カードローン審査に通ることは可能

審査

2015.09.11

cardloan3

アルバイト・フリーターの人でも、カードローンの審査に通ることは可能です。フリーター・アルバイトなどの非正規雇用の場合、キャッシング審査で通るのは不利…と言われることが多いですが、これは半分正解で、半分間違いです。

限度額が小さくなるだけで、審査通過はできる

確かに正社員・契約社員などの人と比較すると、フリーター・アルバイトのキャッシングは、限度額が小さくなります。しかし、だからといって「カードローン審査に通らない」というわけではないんですね。

キャッシング審査自体は、まったく問題なく通ります。たとえば会社員・OL・公務員だったら「50万円」借りられるケースでも、アルバイト・パート・フリーターの場合は「30万円」しか借りられない…という程度の違いなんですね。

もちろん「高額借り入れしたい」という人は、これは不利かも知れません。しかしフリーター・アルバイトの身分で高額融資を受けても、返済が大変になりますし、ほとんどの人は30万円の借り入れができれば十分でしょう。

借入限度額は、コツコツ返済すれば増額される

また、最初はサラリーマン・OLの人々より小さい限度額になっても、その後コツコツ返済しているうちに、借入限度額は増額されていきます。どのくらい増額されるかはその人次第ですが、最大で「年収の3分の1まで」は行きます。

つまり、フリーター・アルバイトとして「年収150万円」ある人だったら、50万円はかなりの確率で行く…ということです。年収200万円だったら「約70万円」ですね。

というように、アルバイト・フリーター、そしてパートというやや不安定な身分でも、キャッシングの世界では、十分希望金額を借りることができるのです。

銀行カードローンではフリーター・アルバイトは借り入れ不可?

消費者金融ではアルバイト・フリーターでも借り入れできるけど、銀行カードローンでは無理―。という評判・口コミがよく聞かれます。しかし、これは完全に間違いです。

確かに、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しいです。そのため、「アルバイトはダメ」という基準がなくても、単純に「返済能力が少ないため、落ちた」ということもあり得ます。

「アルバイトだから落ちた」のではなく「返済能力が少なかったから落ちた」ということです。審査が厳しい以上、確かにそうしてアルバイト・パートの人が審査落ちする可能性は多少高まるでしょう。

しかし、それでも「キャッシング不可」ということは全くありません。アルバイト・パート・フリーターの人でも、年収が高い・勤続年数が長い…などの条件を満たしていれば、銀行カードローンで問題なく借り入れできるのです。

昔のオリックス銀行などが厳しかったのも原因

このように「アルバイトは借り入れ不可」という噂が流れたのは、昔のオリックス銀行などのカードローン審査が、かなり厳しかったことにあります。

昔のオリックス銀行カードローンでは、申し込み条件として「年収200万円以上」というものがありました。「200万円ないと審査に通りにくい」というわけではなく、「そもそも、審査できない」という基準です。

当然アルバイトで稼げる金額ではないので、基本的にオリックス銀行カードローンでは「アルバイトは借り入れ不可」とされていました。他にもいくつかこういう銀行カードローンがありましたが、それが原因で「銀行カードローンはアルバイト・フリーターではキャッシングできない」という定説が流れるようになったわけです。

銀行カードローンより消費者金融の方が申し込みやすい

ここまで書いた通り、銀行カードローンでも非正規雇用の人は問題なく借り入れできます。ただ「消費者金融の方が審査に申し込みやすい」というのは確かです。

たとえば審査通過率という数字で見ると、消費者金融は大体40%~45%、銀行カードローンは約20~30%です。大体消費者金融の方が審査通過率が2倍近くあるわけですが、こうした数字だけを見ても「消費者金融の方が審査通過しやすい」というのは、俗説ではないというのがわかるでしょう。

フリーター・パートは、在籍確認を回避しにくい

キャッシング審査に関してパート・フリーターの不利な点をあげると「電話連絡の回避をしづらい」ということがあります。たとえば、合法的に在籍確認の相談にのってくれるのはプロミスですが、「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談」という手続きになり、確実にというわけではありません。

アルバイト・フリーターだと勤務先の保険証は持っていないことが多いので、この条件は満たせないことが多いのです。もちろん、普通に在籍確認を受ければそれでいいのですが、土日・祝日など、勤務先が閉まっていて在籍確認できない曜日の最短即日借り入れは、少々厳しいかも知れません。

というように、フリーター・アルバイト・パートの場合、確かにカードローン審査で不利なところは多少あります。しかし総合的に見れば借り入れ自体は問題なくできると言っていいでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング