オリックス銀行カードローンの審査基準 ~フリーターでもOK~

審査

2015.09.10

orix-shinsa

フリーター・パート・アルバイトでも借入可能

アルバイト・パート・フリーターという職業・属性の人でも、オリックス銀行カードローンでは問題なく借り入れできます。以前のオリックス銀行ではできませんでしたが、今は可能になっています。

昔のオリックス銀行は「年収200万円」必要だった

昔のオリックス銀行カードローンは「申し込み条件」として「年収200万円以上」という条件を掲げていました。「大体このくらいで審査に通る」という基準ではなく「申し込み資格」です。

最低限の申し込み資格として、このように年収まで明記するというのは、銀行カードローンの中でもかなり特殊でした。現在は撤廃されていますが、過去にこういう基準があったため、「オリックス銀行はフリーター・アルバイト・パートでは借りられない」という説が広まっています。

しかし、これは誤解であり、現在のオリックス銀行だったらアルバイト・パート・フリーターの人でも「一定の収入があれば」借入可能なのです(大体月7万円以上…という目安でしょう)。

会社員・OL・公務員は、まったく問題なし

当然ですが、オリックス銀行カードローンでも会社員・OL・公務員に該当する申し込み者は、まったく問題なくキャッシングできます。フリーター・アルバイト・パートの人でもOKなので、これは当然といえるでしょう。

もちろん、実際に借りられるかは、その申し込み者の年収や借入状況・クレジットヒストリーなどの諸条件によります。というわけで「絶対に借入可能」というわけではありませんが、とりあえずサラリーマン・OL・公務員の人だったら、大体借入可能と思ってください。

オリックス銀行カードローンは、専業主婦は借り入れ不可

オリックス銀行カードローンは、無収入の専業主婦では借りることができません。公的には「原則安定収入がある人」ということで「専業主婦が完全にダメ」となっているわけではありませんが、実際には借りられません。

申込みフォームで「専業主婦」は選択できない

オリックス銀行カードローンは電話申し込みはなく「ネット申込み」が基本すべてです。そのため、ネット申込みのフォームが使えなかったら申し込みできないのですが、専業主婦はこのフォームが使えないのです。

職業の欄で「主婦」と選択すると「主婦は選択できません」というエラーが出ます。選択できないのになぜ項目があるのか?という疑問もわくでしょうが、とにかく選択できない以上、収入がない専業主婦がオリックス銀行で借りることはできないのです。

オリックス銀行は学生キャッシングも不可能

オリックス銀行は全体的に審査基準が厳しい銀行カードローンで、学生の借り入れも不可能となっています。他の銀行だと「アルバイト収入がある」「20才以上」などの条件を満たしていればOKなのですが、オリックス銀行はこれらの条件でもダメです。

親権者の同意書などを用意しても、借り入れ不可。ということで、学生でお借りたい人は、オリックス銀行以外のの銀行カードローンか、消費者金融で申し込みすることをおすすめします。

10代・未成年はオリックス銀行でもキャッシング不可

未成年・10代のキャッシングはほとんどの業者・銀行が禁止しています。これはオリックス銀行カードローンの同じで、18才・19才などの未成年の人は借りることができません。大学生はもちろん、就職している場合も借り入れ不可です。

高卒や中卒で働いている人の場合、社会人として認めてもいいのでは?という人もいるかも知れません。もっともな意見ではありますが、収入があっても、10代の若者というのはやはり金銭感覚が未熟なのです。

そうした若い人に融資してキャッシング破産させてしまっては、オリックス銀行に限らずどの業者・銀行でも存在に疑問符がつくでしょう。ということで、10代・未成年は仕事をしていたとしても、借り入れできないのです。これは職業倫理的にも当然の配慮といえます。

年金生活者(年金受給者)でもキャッシング可能

逆に上の方の年齢はどうかというと、オリックス銀行は「65才まで」借入可能となっています。そのため、60才を過ぎて年金生活者(年金受給者)になった人でも、キャッシングできます。

ただ「年金以外の収入がない」という審査条件だと、少々厳しくなります。それでも借入可能という場合もありますが、何かしらのアルバイト・パートをしていた方がいいでしょう。

その他、自営業や個人事業主・、会社経営者などの人も、オリックス銀行では借り入れできます。この時は、借入希望金額がいくらであっても収入証明書が必要になるので、その提出を忘れないようにしてください。

(通常は300万円までは不要です)

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた原因は?

これからオリックス銀行カードローンのキャッシング審査に申し込むという方もいれば、すでに申し込んだけど落ちた、審査基準を知りたい…という方もいるでしょう。ここでは、「オリックス銀行カードローンの借入審査に落ちた」という方々のインターネット上の口コミ・評判を見ながら、それらの方々に共通して見られる条件から、「オリックス銀行カードローンの審査基準と、落ちる理由」を考えてみます。

他社借入件数が3件以上だった

まず、これは絶対に落ちるとインターネット上の評判・体験談で言われているのが「他社でのキャッシング件数が、すでに3件以上だった」というものです。これは3件規制・3件ルールと呼ばれるもので、4件目からの借入審査では必ず審査落ちすると言われるものです。これは絶対ということではありませんし、別に貸金業法・銀行法などの法律で決まっているわけでもありません。

なので、オリックス銀行カードローンの審査基準でも、「他社借入件数が3件以上の人は申し込み不可」などとなっているわけではありません。しかし、一般常識で考えても、上に書いた3件ルールを考慮しても、このような状態では審査に落ちたとしても当然…というのは何となくわかるでしょう。

3件規制・3件ルール自体は、大手の消費者金融の自主規制なので、銀行カードローンの世界では、必ずしも採用されているものではありません。しかし、一般的に考えても「3件以上のキャッシングは、さすがに借り過ぎ」となるはずなので、このような原因で審査に落ちるというのは、理解できるかと思います。

ブラックリスト入りしている

これも、オリックス銀行カードローンに限定された話ではなく、どの金融機関や消費者金融で申し込みしても、必ず審査落ちする原因となります。ブラックリストというのは、自己破産や個人再生などの債務整理をしていたり、過去にクレジットカードの強制解約になっていたりするというものです。これだったら「審査に落ちた」と文句を言う人もいないでしょう。このような状態でキャッシング審査に通らないというのは、当然のことですからね。

(むしろ、ブラックリスト入りしている人に融資をしてしまうような銀行カードローンがあったら、その方が大問題です)

ということで、過去に強制退会・強制解約の履歴があったり、あるいは61日~3ヶ月などの日数に及ぶ重度の遅延などをしている方であれば、オリックス銀行カードローンでも必ず審査基準に抵触して落ちてしまう…という風に考えて下さい。キャッシングの審査で「絶対」という審査基準はなかなかないのですが「ブラックリスト入りしていたらキャッシング不可」という点は、ほぼ絶対という風に理解して下さい。

無職・ニート・年金生活者である

これは審査に落ちたというより、それ以前の申込資格・借入資格の時点の問題ですが、年金以外の収入がない年金生活者・年金受給者であったり、無職・ニートであったりすると、オリックス銀行カードローンの審査基準では、まったく借入不可となります。オリックス銀行カードローンだけではなく、自分の収入がない人はキャッシングができないというのは、すべての大手の銀行カードローン・消費者金融の共通の審査基準となっています。

これは当然でしょう。そもそも「キャッシングをしたら、その後は返済がある分、現在の生活よりも資金繰りが審査が厳しくなる」わけです。返済の負担がない現時点でもお金が足りていないのに、さらに返済まで必要になったら、無収入でどうやってやりくりをしていくのか…ということですね。

なので、年金受給者・年金生活者にしても、無職・ニートにしても、オリックス銀行カードローンの審査に落ちるのは当然ということです。

(審査落ちするというよりも、そもそも申し込み自体ができない、と言った方が正確ですが…)

オリックス銀行カードローンで落ちたら、どうすればいい?

オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、その原因を知りたいというより「それから先、どのようにお金を借りたらいいか」ということの方が気になる…という方も多いでしょう。審査に落ちた理由を考えるのは後、ということですね。

この段落では、そのように「キャッシングの審査に落ちた人が、どのような行動を取るべきか」ということをまとめていきます。

連続申込みは2件までにする

まず、よくやってしまうのが「一度にたくさんの消費者金融・銀行カードローンで申し込む」というものです。「何が何でも今日中にお金を借りたい」という時など「どこかで審査に通ればいい」という風に、「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」という感覚で、どんどん申し込みをしてしまうわけですね。

しかし、このように連続で多数の審査の申し込みをすると、それがリアルタイムで他の消費者金融・銀行カードローンにも知られてしまうので、審査落ちのリスクが極めて高くなります。キャッシングの審査に申し込むと、その人のクレジットヒストリーを確かめるために、その申し込み先の銀行カードローン・消費者金融が「個人信用情報」の照会をします。

その時、他のキャッシング業者や銀行カードローンが、同様に照会をしている履歴があったら「ああ、この人はオリックス銀行カードローンだけではなく、同時にアコムでも申し込みをしているな」などとわかるわけです。こうなると「何かこの人は怪しそうだ」という風に思われて、それで審査に通らなくなる…ということですね。

もちろん、このようなキャッシングの世界のルールを何も知らずに、偶然連続で申し込んでしまった…ということはあるでしょう。なので、2件までは連続申込みをしても大丈夫となっています。しかし、さすがに3件以上連続で申し込むというのは、一般的な感覚から考えて「明らかにおかしい」と言えます。専門的に言うと「信用度・クレジットスコアが低い」ということになるわけです。

それはそうですよね。普通の感覚の人なら、2連続で審査落ちした時点で「自分はキャッシング・カードローン・消費者金融の世界の人々から見て、経済力に問題があるらしい」ということに気づきますし「借り入れ・借金以外の方法で、お金が必要な用事をクリアしよう」と考えるはずだからです。っR

もちろん、例外的に真面目な人、信用度(クレジットスコア)が高い人が「3件以上連続で申し込む」ということは、たまにはあり得るでしょう。しかし、オリックス銀行カードローンにしても、その他の借入先にしても、そのような人は稀で、ほとんどのケースでは「信用度・クレジットスコアが低い人が、3件以上連続で申し込む」というパターンになるわけですね。なので、あくまで統計的に考えて、このような申し込みの仕方は、いわゆるインターネット上の口コミ・評判で言われる「審査ブラック・申込みブラック」という扱いになるわけです。

ということで、もしオリックス銀行カードローンを含めて、多数のキャッシングブランドや消費者金融で申し込みをするという場合でも、連続で申し込みをする件数は、2件までという風に考えておいて下さい。


 

以上、オリックス銀行カードローンの審査基準や審査通過率についての補足、そして「借入審査に落ちた場合(通らなかった場合)は、どうすればいいか」ということを解説してきました。オリックス銀行カードローンの審査に落ちたとしても、まだ、もっと金利が高くて審査に通りやすい銀行カードローンであれば、借り入れできる可能性も十分にあります。また、大手の銀行カードローンの審査ですべて通らなかったとしても、まだプロミス・モビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融でお金を借りるという方法もあるので、気落ちする必要はありません。

急ぎでお金が必要な時は、銀行カードローンで借り入れをしようと、消費者金融でキャッシングをしようと、どの道少額融資になるので、金利差というのはあまり関係ありません。実際の利子総額にほとんど影響がない実質年率(金利)にとらわれるより、まず少額キャッシングをして、目の前のお金が必要な用事を片付ける、ということに専念しましょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング