プロミスの審査は厳しい?甘い?アルバイト・パートでもOK?

審査

2015.09.10

promise-shinsa

プロミスの審査基準は「自分の継続収入・安定収入がある」というのが基本。要は「アルバイト・パートなど、何らかの仕事をしている」という条件です。

もちろん、会社員・OL・公務員などの人なら理想ですが、別にこれらの人々のようにしっかりした職業・属性でなくてもいいんですね。アルバイト・パート・フリーターであろうと、とにかく「自分の収入がある」ならOKなのです。

プロミスは専業主婦キャッシングも可能?

プロミスでも専業主婦のキャッシングはできるのか―。と気になる女性も多いでしょう。結論を言うと、プロミスでは専業主婦の借り入れは不可能…となっています。

これはプロミスだけでなく、大手の消費者金融はみな同じなのです。アコム・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融は「本人に、何かしらの安定収入がある」というのが、融資の条件。そのため、自分の収入がない専業主婦が審査通過することはできないのです。

パート収入がある女性だったら、プロミスでも借入可能

自分の収入がない女性では、プロミスの審査には通りません。しかし、パートをしている主婦の人だったら問題なく借り入れできます。要は主婦という職業が悪いのではなく「無収入では借りられない」というだけなのです。

専業主婦の定義は曖昧ですが、もしパートをしているということであれば、プロミスでも他の消費者金融でも、問題なく審査通過できます。

プロミスは若年層でも借り入れ可能

プロミスは若年層でもキャッシングできるようになっています。これもやはり「自分の継続収入がある」というのが条件。また「20才以上」という年齢条件もあります。

「アルバイトをしていて、20才以上」という条件なら、若年層でもプロミスでお金を借りることができる…ということですね。20才以上という条件なので、18才や19才の大学生はダメです。

働いていても、未成年はキャッシングできない

プロミスの「20才以上」という融資条件は、学生以外にも適用されます。つまり、中卒・高卒で働いているという人でも、年齢が未成年であったらダメということですね。「10代はお金を借りることができない」というのは、仕事をしていても共通のルールなのです。

これはプロミスだけでなく、他の業者・ブランド・銀行でも同じです。消費者金融でも銀行カードローンでも「未成年は、会社員として仕事をしていても、融資できない」というのが、基本の条件になっています(法的には、別に未成年に融資してもOKなのですが、自主規制のようなものです)。

ということで、学生に限らず10代であれば、会社員だったとしても借り入れ不可です。この点は、プロミスでも他の消費者金融の審査でも、よく注意してください。

プロミスは、無職・ニートでも審査に通る?

無職・ニートの人が、プロミスの審査に通ることはできません。プロミスだけでなく、どの銀行カードローンでも消費者金融でも、無職・ニートの人がキャッシング審査に通るというのは不可能です。

「親の収入で申告すればいいんじゃない?」と思う人もいるかも知れません。しかし、専業主婦が「旦那の収入で借りる」ということは可能でも、ニート・無職の人が「親の収入で借りる」ということはできません。

専業主婦は立派は一つの職業ですが、ニート・無職というのはやはり職業ではないので、融資は不可なんですね。ただ、ニートといっても、自分である程度アルバイトをしている「フリーター」に近い人であれば、審査に通ります(実際に借入可能かは、月収によりますが)。

自営業・会社経営者でも、プロミスは借入可能?

下に該当するような、独立系の職業の人でも、プロミスはキャッシングできます。

  • 自営業
  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 会社経営者
  • 法人代表者

これらの独立系の職業の人はどうしても「収入が不安定」なので、審査は少々厳しくなります。プロミスは50万円の借り入れまでは「収入証明書不要」ですが、これが「借入金額がいくらでも収入証明書が必要」となるのです。

もちろん、収入証明書さえ提出すればいいということなので、特別審査が厳しいと感じない人もいるかも知れません。とにかく、申し込みの前に所得証明書の用意は忘れないようにしてください。

プロミスで所得証明書と認められる書類

プロミスで年収証明書と認められる書類は、一覧にすると下のようになります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 課税通知書
  • 納税証明書

…というものです。個人事業主や会社代表者の人は、基本的に「確定申告書」を出すことが多いでしょう。一箇所からたくさん報酬をもらっているフリーランスの人などは、源泉徴収票のこともあるかも知れません。

何にせよこれらの書類を提出すれば、プロミスでも自営業など独立系の人が、キャッシングできるようになっています。

プロミスの審査基準は甘いか、厳しいか(職業・属性別)

どの消費者金融・銀行カードローンでお金を借りるにしても、特に自分の信用度(クレジットスコア)に自信がない人の場合、そのキャッシングブランドや銀行カードローンの審査が甘い・ゆるいか、それとも厳しいか…ということが気になるでしょう。特に何が何でも急ぎでお金が必要という場面・シチュエーションでは、できるだけ審査基準が甘い・ゆるい銀行カードローン・消費者金融から借りたい、という気持ちは強いと思います。

プロミスの審査基準は厳しいので、残念ながら「審査が甘い・ゆるいキャッシングブランドから借りたい」と思っている方には適していません。ここでは、職業・属性や年齢別に「プロミスの審査基準がどうなっているか」ということだけ書きます。(人によって、それを審査が厳しいと感じたり、あるいは審査がゆるい・甘いと感じたりすることはあるかも知れませんが。この辺は価値観やその人の年収などにもよるでしょう)

年金生活者(年金受給者)でも自分の収入があれば借入可能

まず、最近話題の下流老人などに絡んで年金受給者(年金生活者)について書くと、プロミスの審査基準は「自分の収入があればキャッシングできる」という風になっています。アルバイト・パートの収入があれば必ず借入可能ということではなく、あくまで「借入資格・申込資格を満たしている」ということです。

これについては、審査が厳しいと感じる方は一切いないでしょう。プロミス以外の大手の消費者金融でもすべてこの条件になっていますし、「年金以外の収入が一切ないのに、年金生活者(年金受給者)がキャッシングを必要としている」という時点で、もうその人の生活は破綻している、というのがほとんどの人の見方だと思います。

若者や40代・50代くらいの方であれば、まだキャッシング・カードローンが必要になっても問題ないのです。(50代も後半になると、少々厳しいですが)若い世代だったら、まだ仕事は選ばなければいくらでも見つかりますし、生活を立て直すことはできますからね。

しかし、さすがに65才以上の年金受給者(年金生活者)になって、年金だけでやっていけないというのは、かなり厳しい状況と言わざるを得ません。若い働き盛りの会社員・OL・公務員などの世代のように、安定収入を得ることは難しいですし、借金返済をするどころか、おそらくどんどん借入残高が膨らんでいくでしょう。

ということを考えると、プロミスの年金生活者(年金受給者)に対する審査基準である「アルバイト・パートの収入があること」というのは、まったく厳しいものではないのです。むしろ、こうした年金受給者・年金生活者の方々に審査が甘い・ゆるい体制でやっているキャッシングブランドの方が(中小の消費者金融しかありませんが)、高齢者を借入超過者・多重債務者にするリスクがあるということで、問題があると考えて下さい。

年齢が20才以上、69才以下であること

続いてプロミスの審査基準の年齢制限について語ると、見出しの通り「20才以上で、69才以下」という条件になります。これも大手の消費者金融はみんな共通しています。プロミス以外でも、SMBCモビット・アコム・アイフル・ノーローンなども、この年齢条件で審査基準を設定しています。

  • 銀行カードローン…65才前後
  • 消費者金融…69才前後

これが年齢制限・年齢条件についての、大手の消費者金融・銀行カードローンの大体の基準です。銀行カードローンについては、新生銀行カードローン レイクが70才まで借入可能だったり、三井住友銀行カードローンも69才まで融資できるというシステムになっているなど、少々例外はあります。しかし、大体上のような年齢制限の分布になっている、と考えて下さい。

中には楽天銀行スーパーローン(カードローン)のように「62才まで」という、プロミスと比較すると7才も年齢についての審査基準が厳しくなっている銀行カードローンもあります。ただ、これは楽天銀行がネット専業銀行であることを考えると、妥当な年齢条件・年齢制限でしょう。そもそも、年金生活者(年金受給者)の方々などは楽天銀行という銀行自体どのようなものかわかっていない、ということが多いですからね。楽天銀行のことがわかったとしても、そもそもインターネットをまったく使えないという方々がいまだにいますから、少なくともメインバンクにはしづらいのです。そうした事情を考えると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が高齢者の方々に対して年齢制限・年齢条件を厳し目にしているというのは、当たり前のことと言えるでしょう。

18才・19才は、プロミス以外でも借入不可

20才以上からキャッシングできるという審査基準については、プロミス以外の消費者金融・銀行カードローンでも、みんな共通しています。貸金業法・銀行法や割賦販売法では、別に20才未満・未成年・10代はキャッシングができないと決まっているわけではありません。あくまで「借り手の返済能力をしっかりと調査しろ」ということが書かれているだけです。ただ「常識的に考えて、20才未満・未成年・10代にあまり融資するべきではない」と大手の銀行カードローン・消費者金融は考えているので、プロミスでもその他のキャッシングブランドでも、18才・19才などの未成年・10代・20才未満がお金を借りることはできない、ということです。

なお、18才・19才でもキャッシングをする方法はあります。「18才から発行できるクレジットカードを発行して、そのキャッシング機能を使う」というやり方ですね。キャッシング・カードローン・消費者金融についてのインターネット上の口コミ・評判ではよく書き込まれていることなので、知っている方も多いかも知れません。

この借り入れ方法のデメリット・短所・注意点としては「キャッシング枠がそもそもついていくるとは限らない」「キャッシング枠をもらえても、5万円~10万円の少額の最高借入枠しか設定されない」ということになります。要は少額借入しかできない、ということですね。しかし、18才・19才のうちは金銭感覚が確実に未熟であること、アルバイトをしていても経済力はほとんどないことを考えると、やはりこのような制限されたキャッシング枠は妥当でしょう。

法人経営者・会社代表者の、プロミスでの審査基準

中小企業を経営している社長(会社経営者・法人代表者)の方々でも、やはり資金繰りで行き詰まって、プロミスなどのキャッシングブランドでお金を借りたいということはあるでしょう。こうした法人化をしている社長の場合、個人事業主・自営業やフリーランスの方々よりは、プロミスの審査でも多少有利になります。

もちろん、最終的には事業年数や年収、クレジットヒストリー・他社借入状況などによって決まるので、必ずしも法人経営者・会社代表者が有利と決まっているわけではありません。しかし、一般的に考えて儲かっている個人事業主・自営業であれば法人化をしているはずですし、クレジットカードの審査などでも、あるいは賃貸マンションなどの審査でも、やはりフリーランス・個人事業主・自営業よりは、法人経営者・会社代表者の方が審査に通りやすくなっています。

なので、自分の会社を経営している方であれば、少なくとも個人事業主・自営業の方々よりは、プロミスの審査基準でも有利だと考えて下さい。しかし、会社員・OL・公務員・サラリーマンなどの給与所得者と比較すると、やはり収入の面でも仕事があるかどうかという面でも不安定なので、やはり不利になります。(これも言うまでもなく、プロミス以外の消費者金融・銀行カードローンでも同様です)

意外に思う人もいるかも知れませんが、パート・アルバイト・フリーターよりもむしろ法人経営者・会社代表者の方が、こうしたキャッシング・カードローン・消費者金融の審査では不利なのです。クレジットカードなどでも同様ですし「雇われている」ということは、お金を貸す側からすると、意外と信用できる要素なんですね。要は「ハイリスク・ハイリターン」の人生を送っている方よりも「ローリスク・ローリターン」の生活をしている方の方が、借入審査では有利ということです。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング