パート収入がある主婦なら、消費者金融でも借り入れが可能

専業主婦

2015.09.16

091

パートをしている主婦なら、消費者金融でも借り入れできます。消費者金融は「自分の収入がある人」なら誰でも借入可能なので、主婦でもOKなのです。パート・アルバイトをしていない専業主婦が借り入れ不可…というだけなんですね。

どのくらいのパート収入があれば、借入可能か

これは、特に明確な基準はありません。しかし、大体月5万円~7万円あれば、10万円くらいは借りられると考えていいでしょう。

というのは、月収5万円あれば年収60万円なので、理論的には「20万円」まで借りられます。総量規制のルールによって「年収の3分の1まで借入可能」となるからですね。

ただ、月収5万円だと「あまりシフトに入っていない」ということで、「いつクビになるかわからない」という心配があります。そのため、理論的には20万円借入可能でも、10万円程度になるでしょう。(あるいは、信用度によっては審査落ちする場合もあります)

この点「月収7万円」あったら、かなり高い確率で審査に通るといえます。この場合もやはり限度額は10万円~15万円程度でしょうが、クレジットヒストリーの良好な主婦の人なら、30万円借りられるかも知れません。

パートの主婦でも、審査に通りやすい条件

下のような条件を満たしていると、パートの主婦の人でもキャッシング審査に通りやすくなります。

  • 勤続年数が長い
  • 安定した職場・会社である
  • 月収・年収が多い
  • クレジットヒストリーが良好
  • その業者・銀行での借入実績がある
  • 自宅情報がいい(同居家族が多いなど)

…というような条件です。基本的に「真面目な人」ということですね。月収5万円や月収7万円の人でも、収入以外の条件をすべて(あるいは多め)に満たしていれば、審査に通るだけでなく、借入限度額もどんどん大きくなっていきます。

消費者金融と銀行カードローン、どちらで借りるべき?

無収入の専業主婦だと銀行カードローンしか選べませんが、パートの主婦の人は両者を選ぶことができます。結論は「借入金額や、借りる予定の期間による」といえます。

  • 少額の借り入れ…消費者金融でOK
  • 高額の借り入れ…銀行カードローンで

…というように、まずは「少額か高額か」の違いが大きいでしょう。高額になればなるほど、金利差が大きく響くので、低金利な銀行カードローンの方がいいからです。逆に少額キャッシングだったら金利差は関係ないので、消費者金融の方がいいでしょう(審査の負担も小さいので)。

短期間で完済するなら、消費者金融でいい

また、半年程度の短期間で完済するなら、これもやはり消費者金融でOKです。特に、プロミス・アコムなどの「初回30日間無利息」で借りられる消費者金融だったら、最初の5ヶ月は、銀行カードローンと比較してもトータルの利息総額が低くなる…というくらいなのです。

ということで、5ヶ月~半年程度の短期間で返済できるなら、消費者金融で申し込んでいいでしょう。すぐに借りられて問題を解決できますし、そのストレスのなさの方が重要だといえます。

50万円借りる場合は、銀行カードローンの方がいい

もし「50万円」という高額の借り入れをしたい場合、銀行カードローンで申し込みましょう。というのは、パート収入でこの金額を借りるのは無理でも「夫・旦那の収入で借りる」なら可能だからです。

もしパート収入で50万円借りる場合、年収が150万円必要です。それだけ稼いでいるならいいですが、初めてのキャッシングの場合、それでも最初は30万円になることが多いです。

その点、銀行カードローンで申し込んで夫・旦那の収入で借りるなら、楽天銀行・イオン銀行だと50万円まで借りられます。この両銀行のカードローンは、「専業主婦は一律50万円」という限度額になっているからです。

その他、30万円借りたい場合もやはり銀行カードローンがいいです。一般的な銀行カードローンは「専業主婦の限度額は30万円」で固定されているからです。

…というように、パート収入によってはむしろ、銀行カードローンに申し込んで「専業主婦」になりきってしまった方がいい…という、少々複雑な現実があります。

しかし、日頃家事・育児をされているということは、それだけ銀行カードローンからも評価される価値のある仕事をしているということなので、それがキャッシング審査にも現れている…と考えればいいでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング