プロミスは当日審査&最短即日キャッシングも可能!

即日融資

2015.09.10

promise-sokujitsu

プロミスは、大手の消費者金融の中でも特に最短即日キャッシングを受けやすい貸金業者です。ここではプロミスの最短即日借り入れ・最短当日審査についてまとめます。

プロミスの審査にかかる時間は「最短30分」

プロミスは「最短30分」という超短時間で最短当日審査をすることができます。これは他の大手の消費者金融と並んでキャッシング業界でも最速。そのため、「急ぎで借りたい」という時にもおすすめです。

審査にかかる時間だけだったら、アイフル・SMBCモビットなどの他の消費者金融とも同じ。しかし、プロミスの最短当日融資にはさらに有利な点があります。

プロミスの最短当日融資は、何時までに申し込む?

プロミスの最短当日審査は、何時までに申し込めばその日中に借りられるのか―。これは「21時」です。22時まで最短当日審査をしているので、その1時間前の21時(夜9時)に申し込みしていれば、かなりの確率で当日中にキャッシングできる…ということですね。

「1時間で足りるのか」という人もいるかも知れません。しかし、プロミスの審査にかかる時間は「最短30分」ということを考えると、1時間あれば十分でしょう。多少何かしらトラブルがあっても、大体間に合うといえます。

もちろん「当日中に借りられないとまずい。絶対に間に合わないといけない」という人の場合、もっと早めに申し込みした方がいいでしょう。とりあえず、ギリギリの時間としては、プロミスの最短即日借り入れは「21時まで」の申し込みです。

他の大手の消費者金融よりも1時間長い

プロミスの最短当日審査の受付日時は、他の大手の消費者金融よりも長くなっています。SMBCモビット・アコム・アイフルなどの他の大手はどこも「20時まで」の申し込みですが、プロミスはここまで書いた通り「21時まで」OKです。

他の消費者金融は「21時まで最短即日審査」となっています。その時間内で審査完了するには「20時までに申し込むべき」ということですね。プロミスの時と同じ計算です。

というように、プロミスの方が他の消費者金融よりも長く最短当日審査してくれるので、ギリギリでお金を借りたい場面でも、間に合いやすくなっています。

銀行振り込みで借りたい場合は、午前中に申し込み

ここまで書いたプロミスの最短即日審査の時間―。これは「現金で直接借入する」場合です。「銀行振り込みによって借りたい」という場合、申し込みをもっと早くする必要があります。

プロミスの場合「14時50分」までに審査完了していれば、指定の銀行口座(自分が持っている銀行口座)に振り込んでもらえます。14時50分に審査完了するには、ギリギリの場合「13時50分」に申し込んでいればいいということですが、これはかなりギリギリです。

確実に間に合うことを考えると、やはり「午前中」には申し込む方がいいでしょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合

ここまで書いたのは「普通の銀行」の場合。ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座に振り込むのなら、この時間を過ぎても大丈夫です。通常の現金で直接で借りる(ATMで借りる)のと同じく「21時までの申し込み」で間に合います。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行だったら「24時間&年中無休振り込み可能」なので、プロミスが審査している時間内に申し込みさえすれば、それでOKということですね。

プロミスの最短即日融資の審査にかかる時間は?

プロミスでお金を借りるにしても、その他の銀行カードローン・消費者金融で最短即日融資を受けるにしても、審査にかかる時間はどのくらいなのかということは、急ぎでお金が必要な人にとって、特に重要なポイントでしょう。ここでは、プロミスで最短即日融資を受けたいという人が、その審査で必要な時間を、大体どのくらいと考えて申し込むべきか、遠いうことをまとめていきます。

審査だけなら「最短30分」で、融資までは「最短60分」

プロミスの最短即日融資にどのくらいの時間がかかるのかということについては、インターネット上の口コミ・評判でも2通りの書き込みが見られます。片方は間違いなのですが、一覧にすると下のようになります。

  • 30分で最短即日融資を受けられる
  • 最短即日キャッシングには、最短60分はかかる

このような2通りのインターネット上の評判・体験談です。結論を書くと、「最短30分」で最短即日融資までいくというのは間違った口コミ・評判で、正しいのは最短即日融資には「最短60分」かかるというものです。この違いは見出しの通りで「審査だけだったら最短30分だけど、融資までの全ての手続きやその他のやり取りも含むと、最短60分になる」ということです。

最短即日融資というのは、審査だけ完了すればそれで借りられる、というわけではないんですね。色んな重要事項の説明もありますし、特に最短即日振込によってキャッシングをする場合など、銀行口座に反映されるまでのタイムラグというものもあります。このようなことを考えていくと「最短30分で最短即日融資の審査ができても、実際に手元にお金が来るまでには、最短60分はかかる」というのは、極めて常識的なことなのです。キャッシングの最短即日融資だけではなく、あるいはプロミスのルールだけではなく、日常生活の全ての場面で、人間の行動の時間設定というのは、大体このようになっているはずです。

(このような所要時間のルールを学習していない人は、私もそうですが、遅刻などをよく繰り返してしまうわけです。)

何はともあれ、プロミスは確かに「最短30分」で最短即日審査をできますが、最短当日融資となると、「最短60分」はかかるのでその点を重々理解して下さい。

どのような人なら最短60分で最短即日融資を受けられるのか?

今すぐお金が必要という方の場合、プロミスで申し込んでいるにしても、その他のキャッシングブランドで借りようとしているにしても、「実際、最短60分でキャッシングを出来る人というのは、どのような条件なのか?」ということが非常に気になるでしょう。これは、一言で言うことはできません。あえて言うなら「信用度・クレジットスコアが高い人」ということですが、そのくらいは当たり前なので、特に最短即日融資の条件として、役立つものではないかも知れません。

しかし、具体的に「こういう条件」と、プロミスで最短即日融資を受けられる人、最短60分という時間で借りられる人の条件を提示するのは難しいんですね。どうしても、下のような抽象的な内容になります。

  • 他社借入がゼロか、少ない
  • 債務整理・強制解約などのブラックリストの情報が過去にない
  • クレジットカードなどの利用履歴が良好である(毎月利用して、遅れずに返済している)
  • 安定した職業についている
  • 正社員・契約社員など、雇用形態や給与形態がある程度安定している
  • 年収・月収が多い(高額所得者である)
  • 借入希望金額が少額である(小口融資希望)

などなど。列挙していったらもう無限に出てくるのですが、要はこのように総合的に見て、信用度・クレジットスコアが高い人であれば、最短60分ですぐ最短即日融資をしてもらえることが、プロミスでも割とあるということです。大手の消費者金融の中ではやや審査が厳しい部類のプロミスですが、それでもクレジットスコア(信用度)が高い人であれば、やはりキャッシングブランドとしては最短即日融資をしたいわけです。なので、そのようにウィンウィンの関係になれるような申込者の方であれば、土曜日・日曜日だろうと、あるいは平日だろうと夜間だろうと、問題なく最短即日融資をしていただけるということですね。

審査の申し込みの混雑状況にもよる?

プロミスの最短即日融資の審査での所要時間については、インターネット上の口コミ・評判を見ると「混雑状況によっても変わる」ということが、たまに書かれています。飲食店などを想像するとわかると思いますが混み合っている時は、最短即日融資の審査の時間が長くなり、あまり申し込みがない時には、審査スピードも早くなるということですね。確かに、このようなことは多少はあるでしょう。少なくとも、物理的に考えてゼロということはありません。

ただ、プロミスは中小の消費者金融と違って、このように「審査の申し込み混雑状況によって、審査の所要時間が変動する」ということは、あまりないと言えます。それは下のような理由からです。

  • 大手の消費者金融の中でも特に審査システムが充実しているので、混雑はあまり関係ない
  • そもそも、申し込んだ時点で混雑していたかどうか、利用者にはわからない
  • 単純に「信用度・クレジットスコアが低なったので、時間がかかった」人が、勘違いしている可能性もある
  • 逆に「クレジットスコア(信用度)が高い人が、すぐに審査完了した」というのを、空いていたおかげと思っている可能性もある

このような理由からです。当たり前と言えば当たり前ですが、「そもそも、プロミスでもどこでも、消費者金融・銀行カードローンの最短即日融資の審査が混んでいるかどうかというのは、外部からは一切わからないわけです。「夜間の審査の申し込みは少ないだろう」と思っても「その分、最短即日融資の審査に対応するオペレーターさんを減らしているかも知れない」という推測も成り立ちますし、逆に日中など審査の申し込みが多い時間帯には、スタッフさんを増やしている…という可能性も考えられます。

つまり、プロミスにしてもその他のキャッシングブランドにしても、「審査の申し込みの状況が、利用者には不明である」ということを考えると、「混雑していると、最短即日融資を受けにくくなる」という類のインターネット上の評判・体験談は、あまり参考にしない方がいい、ということになります。(プロミスの最短即日融資について書かれた口コミ・評判でも、その他の銀行カードローン・消費者金融について書かれたものであっても)

すでにプロミスを利用したことがある人は?

すでにプロミスでお金を借りていた人が、久々に再度、プロミスで最短即日融資を受けようとしたらどうなるのか。この場合の審査の所要時間は、以前の全額返済からあまり時間をおいていないのであれば、最短即日融資の審査が早くなる可能性があり、逆に時間をおいているのであれば、普通の人審査時間と変わらないという結論になります。

これは普通のお店の商品・サービスで考えてもわかるでしょう。お店の人が「ああ、○○さんですね」という風に覚えてくれていれば、審査でも案内でもすぐに進むわけです。しかし「誰だっけ、この人」となると、初めての利用者とまったく変わらない立場になるわけですね。

ということで、同じようにプロミスで以前最短即日融資をした経験があって、それを全額返済した・完済したという方でも、審査の所要時間がどのくらいになるかは、千差万別です。やはりここまで書いてきた通り、最終的には「その申し込み者本人のクレジットスコア(信用度)・借入・返済の履歴などによって、審査の所要時間が決まる」というふうに理解しておいて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシング総合人気ランキング