みずほ銀行カードローンで土曜日・日曜日の最短即日借り入れは可能?

即日融資

2015.09.10

mizuho-donichi

土日・祝日の最短当日審査・最短即日キャッシングは、みずほ銀行カードローンは非対応です。そのため、土日・祝日に最短即日借り入れしたいという人は、みずほ銀行カードローンではなく、他の銀行・業者で申し込みすることをおすすめします(おすすめというより、それしかないのですが)。

平日なら、みずほ銀行カードローンは最短即日融資可能

土日・祝日の最短即日借り入れはできませんが、平日の日中であれば、みずほ銀行カードローンは問題なく最短当日キャッシングできるようになっています。そのため、普段は問題なく最短当日借入できると考えてください。

土日・祝日に最短当日借入できないというのは少々不便かも知れませんが、土日キャッシングに対応している業者・ブランド・銀行はたくさんあるので、その場合はそちらで申し込みするだけです。

土日・祝日に最短即日審査している銀行カードローン

参考として、土日・祝日でも最短当日審査&最短即日融資している銀行カードローンを紹介しましょう。まず、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行がその代表です。

どちらもローン契約機(自動契約機)を持っているので、土日・祝日でもそこでオペレーターさんとテレビ電話で会話しながら、申し込みをすることができます。

最短即日審査の受付日時が長いのは、三井住友銀行の方です。土日・祝日でも「21時まで」受け付けています。これに対して三菱東京UFJ銀行は「日曜日…17時、土曜日・祝日…18時」までなので、少々時間が短くなります。ギリギリで申し込みする場合は、三井住友銀行カードローンで申し込みした方がいいでしょう。

消費者金融ならもっと土日借入しやすい

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行も申し込みやすいですが、さらに土日キャッシングしやすいのは消費者金融です。大手の消費者金融はどこでも「21時まで」最短即日審査していますし、プロミスなら「22時まで」審査受付しています。

また、ただ受付日時が長いだけでなく「審査に申し込みやすい」というのも重要。消費者金融と銀行カードローンの審査通過率は、大体「2倍」くらい違います。つまり、消費者金融の方が「2倍審査に申し込みやすい」ということです。

最短当日審査してくれても、審査落ちしたら意味がありません。「審査に通る」という所まで含めて考えると、より確実に土日融資できるのは消費者金融だといえるでしょう。

土日のキャッシング審査の注意点・ポイント

土日・祝日のキャッシング審査は、平日の審査にはない注意点やポイントがあります。その一つが「勤務先への在籍確認をどうするか」ということ。大抵の職場は土日・祝日は休みなので、在籍確認しようと思ってもできません。これが原因で審査落ちするケースも多くあります。

ということで「土日・祝日は、自分の勤務先が休み」という人は、在籍確認にも気を配る必要があります。この点、銀行カードローンの審査は在籍確認の回避がほとんどできないので、あまりおすすめできません(勤務先が休みの人には)。

SMBCモビットなら、書類の提出で回避できる

その点、おすすめなのがSMBCモビットです。SMBCモビットは「会社の給与明細・保険証」を提出することで、職場への電話連絡をなしにできます。

もちろん、フリーター・アルバイト・パートの人など、「給与明細はあっても、保険証がない」という人もいるでしょう(借入可能なのは安定した収入がある方)。会社の保険証というのは、基本的にそこの社員さんでないと発行されないからです。

こういう点では、アルバイト・パート・フリーターの人の場合、SMBCモビットでも電話連絡なしにするのは少し厳しいかも知れません。しかし、土日の最短即日審査で「今日は職場が休みなんです」という理由を口頭で説明すれば、特にプロミスの場合は、相談に乗ってもらえそうです。

逆にSMBCモビットは、いい意味でも悪い意味でも「WEBで完結」するので、このようなお願いをする余地はなさそうです。プロミスの場合、在籍確認を回避したい時は「電話か無人契約機で、口頭で伝える」というルールがあるので、逆にこうした配慮をしてもらいやすくなります。

土日・祝日は振り込みで借りることはできない

もう一つの土日融資の注意点は「銀行振り込みで借りることはできない」ということ。当然ですが、土日・祝日は銀行が閉まっているからですね。銀行が営業していない以上、キャッシング審査に通過しても「自分の銀行口座に振り込んでもらう」ことはできないのです。

しかし、どうしても「その日中に口座にお金を入れたい」というケースがあるでしょう。その場合は「ATMから現金で直接借りる」→「その現金を、自分の銀行口座に預け入れする」というやり方にしましょう。これだったら、計画的にその日中に口座に入金できます。

土曜日・日曜日の最短即日融資の在籍確認はどうなるか

みずほ銀行カードローンで土日キャッシングをする場合も、その他の銀行カードローン、あるいは消費者金融で土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資をしたいという場合も、多くの人が気にしているのは「会社への在籍確認の電話はどうなるのか」ということでしょう。わざわざ言うまでもないことですが、日曜日・土曜日に勤務先が営業していないという人だと、本当にその職場に在籍していたとしても、職場への電話連絡ができないということがしばしばありますからね。

ここまで書いてきた通り、みずほ銀行カードローンはそもそも土曜日・日曜日に最短即日融資をすることができないので、在籍確認があるかないかは関係ありません。ここではみずほ銀行カードローン以外の消費者金融・銀行カードローンの土日融資の審査では、勤務先への在籍確認の電話についてどのようなシステムになっているのか。在籍確認の代替措置(在籍確認の代替手段)のようなものはあるのか、あるいは電話連絡なしでお金を借りることも可能なのか―、ということをまとめていきます。

基本的に土曜日・日曜日でも在籍確認は必須

これは当たり前かも知れませんが、キャッシングの審査の世界では「土曜日・日曜日だから勤務先への在籍確認の電話がなしになる」というようなルールはありません。その人の信用度・クレジットスコアを確かめるために、職場への電話連絡というのは非常に重要な手段ですから、そうそう簡単になしにすることはできないわけですね。

ということで、日曜日・土曜日に借り入れができるみずほ銀行カードローン以外の銀行キャッシングや、あるいはプロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融にしても、日曜日・土曜日に勤務先が閉まっている方出会っても、基本的に在籍確認の電話は必ず受けないといけない、という風に考えて下さい。

しかし、中にはやはり「土曜日・日曜日だと勤務先が休日なので、自分も含めて、職場の同僚も誰も在籍確認の電話に出ることができない」ということもあるでしょう。このような場合「職場への電話連絡ができないとダメ」という最短即日融資のルールだと、お金を借りる人も困りますし、融資する業者・ブランド・銀行の側も、みすみすチャンスを潰したことになります。

お金を借りても明らかに返済できるような信用度・クレジットスコアが高い人に対して、このような対処をするというのは、銀行カードローン・消費者金融としては、ビジネス的にも問題がありますし、人間的にもやはり配慮に欠ける…というべきでしょう。土曜日・日曜日でなく、平日の最短即日融資の審査であれば、勤務先への在籍確認の電話は当然必須にすべきですが、日曜日・土曜日・土日に関しては、多少柔軟にしてもいいということですね。

なので、何が何でも土曜日・日曜日の最短当日審査でも職場への電話連絡が必須になるということではありません。ただ、よほど「どうしても在籍確認ができない」というような事情でない限りは、基本的にどのキャッシングブランドで申し込む時でも、どの消費者金融・銀行カードローンでお金を借りる時であっても、日曜日・土曜日だろうと、在籍確認の電話は必須であるという風に考えて下さい。

土日・祝日の在籍確認の代替措置とは何か

みずほ銀行カードローンでは土曜日・日曜日のキャッシングはできないのですが、できる銀行カードローン・消費者金融についての解説を続けます。ここまで書いてきた通り、「この申込者なら信用できる」とキャッシングブランドの側が判断するようなクレジットスコア・信用度が高い人であれば、土曜日・日曜日で職場が閉まっているという場合には「在籍確認の代替手段」などを適用することによって、いわゆる「職場への電話連絡なし」で最短即日融資を受けることもできます。では、この「在籍確認の代替措置」というのは、一体何なのか。どのような書類を提出するのか、ということが気になる方も多いでしょう。

結論を書くと、在籍確認の代替手段の内容や提出書類については、それぞれの消費者金融・銀行カードローンによって千差万別です。在籍確認の代替手段は、貸金業法・銀行法などによって明確に決まっているものではなく、あくまでそれぞれのキャッシングブランドが自主的に採用しているルールなので、どのような書類が必要になるか、どのような審査基準になるのかというのは、完全にそれぞれの銀行カードローン・消費者金融に一任されているわけですね。

ということで、在籍確認の代替手段を採用している銀行カードローン・消費者金融についても、それぞれのやり方があるので「キャッシングで最短即日融資を受ける時の在籍確認の代替措置は、このような内容である」ということを、一概に言うことはできません。しかし、大体の場合は「書類の提出」になります。

土日・祝日に職場が閉まっている申込者のために

土曜日・日曜日に自分の会社・勤務先・仕事場が営業していないという人のために、ここまで書いてきた通り、この在籍確認の代替手段と言うものがあるわけですね。書類の提出というのは、具体的にどのような内容の書類になるのかというと、たとえば、下のようなものです。

  • 職場の保険証(社会保険証・組合保険証など)
  • 給与明細書
  • その他、社員証など

一応最後に社員証も書きましたが、基本的にはほとんどの在籍確認の代替手段で必要になる書類は「勤務先の保険証・給与明細書」だと思ってください。特に重要なのは「社会保険証・組合保険証」で、これが発行されているということは、その職場で働いているということなので、これがあれば在籍確認の回避を出来るということが多いです。

もちろん、これはあくまで「土曜日・日曜日の最短即日融資でも、在籍確認の代替手段を適用してもらえるくらい、その人のクレジットスコア(信用度)が高い」ということが絶対条件になります。ある程度信用できる人が、このような必要書類を提出するなどして初めて、いわゆる職場への電話連絡なしでお金を借りることができるようになる…というわけですね。

みずほ銀行カードローンでは、ここまで書いてきた通り、そもそも日曜日・土曜日の最短即日融資自体に対応していません。しかし、みずほ銀行カードローン以外の銀行キャッシングや、あるいはプロミス・SMBCモビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融であれば、土日借入にも対応しているので、それらのキャッシングブランドでお金を借りるようにするのがいいでしょう。


以上、みずほ銀行カードローンで、土曜日・日曜日・祝日(週末・休日)に最短即日融資を受けたいという方々のために、役立つだろう情報を整理してきました。繰り返し記載してきた通り、みずほ銀行カードローンで日曜日・土曜日に最短即日融資をするということはできません。なので、土日キャッシングに強い新生銀行カードローン レイク、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの選択肢になるか、あるいはアコム・SMBCモビット・アイフルなどの大手の消費者金融で申し込む、という方法になります。

何にしても、みずほ銀行カードローンでない借入先でもよいのであれば、土日・祝日に最短即日融資を受けるということは問題なく可能なので、土曜日・日曜日などの休日に急ぎでお金が必要になった方でも、安心してキャッシングの審査に申し込んでみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング