横浜銀行カードローンの在籍確認 ~職場に借金はバレない?~

在籍確認

2015.09.10

yokohama-zaikaku

横浜銀行カードローンの審査では、会社への在籍確認が必須。一部の消費者金融系サービス、銀行カードローンの一部の様に「書類を提出して回避する」とか、アコムのように「在籍確認に失敗しても借りられる」ということはありません。

三菱東京UFJ銀行や楽天銀行などのように「状況・条件によっては在籍確認が省略される」という口コミ・体験談も、ほとんど聞きません。ということで、横浜銀行で借入審査を受ける場合、勤務先への在籍確認は必須と思ってください。

横浜銀行の在籍確認では、どんなことを聞かれるのか

横浜銀行カードローンの在籍確認というのは、どんなことを質問・審査するのか―。キャッシング審査の在籍確認を初めて受ける人は、緊張するかも知れません。

しかし、これは拍子抜けするほど簡単です。何も審査や質問はされず「融資させていただきます」という報告だけです。「横浜銀行です。これで在籍確認が取れたので、ご融資いたします」というようなメッセージですね。

完全に「連絡」だけの内容です。もちろん電話が通じたという時点で「在籍確認」もとれているので「確認&連絡」ということですね。「審査&質問」ではないのです。

横浜銀行、カードローンなどの単語は出さない

電話でその申し込み者を呼び出す時も「横浜銀行の者ですが」とか「カードローンの審査で」…というような内容は、間違っても口にしません。「川村と申しますが、山村さんお見えでしょうか」というような呼び出し方です。

「キャッシング審査の在籍確認を受けると、勤務先にキャッシングがバレる」と心配している人もいるかも知れません。しかし、これは問題ありません。在確の電話によって借金がバレるというのは、横浜銀行などのカードローン業者側も最も恐れていることです。

第三者に借金の事実を知らせてはならない(貸金業法)

貸金業法施行規則の21条には「第三者に借金の事実を知らせてはならない」というルールがあります。つまり、簡単にいうと「借金がバレるようなことをするな」ということですね。

それはプライバシーの侵害など、多くの罪になるということです。そのため、勤務先に在籍確認をする時でも、極力キャッシングがバレないように、業者・ブランド・銀行の側が気を使ってくれるんですね。ごくごく自然な雰囲気でかけてくれるので、多くの人はキャッシング審査だとは気づかず、普通に取り次いでくれます。

電話がかかって来ること自体、珍しい人の場合

上のように書いたものの、たとえば飲食店やコンビニで働くフリーター・アルバイトの人など「この人に、電話がかかって来るのはおかしい」という場合もあるでしょう。この時は「多分、消費者金融か何かの審査だな」と疑われる可能性は確かにあります。

この場合は、いわゆる「在籍確認の言い訳」を用意しておきましょう。基本的に、何らかのマネー系の言い訳・説明にすることをおすすめします。それだったら内容が近いので、言い訳に苦しさが出ないからです。

マネー系というのは、たとえば下のようなものですね。

  • 保険会社からの確認電話
  • クレジットカードの発行の審査
  • 銀行で自動車ローンを組もうとしている(その審査)

…というものです。これらなら「はあ、それなら確かに電話が来るな」と思ってもらえるでしょう。この道に精通している人だったら「いや、その内容だったら電話はかかって来ない」などと思うかも知れませんが、そんなマニアは基本的にいません。

(そもそも、在籍確認のルールなど、クレジット会社や保険会社によって違いますからね)

ということで、「電話がかかって来ること自体不自然」という人でも、このような「在籍確認の言い訳」を用意しておけば、職場にキャッシングがバレることはありません。

在籍確認に失敗するケース・原因

これは横浜銀行カードローンの審査に限った話ではありませんが、最後にお補足として「在籍確認で失敗する原因&ケース」をまとめます。一覧にすると、下のようになります。

  • 勤務先の人が、名前を聞き間違えた
  • 会社の人が、たまたま自分を知らない人だった
  • 職場の人が、怪しい電話だと警戒した
  • 忙しくて、誰も電話に出られなかった
  • 審査で記入した電話番号が間違っていた

…というものです。最後の「うっかりミス」はめったにないので、基本的に他の4つでしょう。特に飲食店などは忙しい時間帯が多いので「職場の人が、誰も電話に出られなかった」ということはよくあります。

この場合、カードローン業者の側が「時間をおいて再度かけてくれる」ということもありますが、そうしないこともあります。

また、大きな会社の場合「申し込み者のことを知らない人」もたくさんいます。そのため、会社の代表電話番号ではなく、自分の部署など「確実に、自分のことを知っている人たち」につながるようにしましょう。

横浜銀行カードローンは在籍確認の代替手段はある?

キャッシングでお金を借りようとしている方が気にする点の一つとして、勤務先への在籍確認の電話は必須かどうか、そして、必要だったら在籍確認の代替措置はあるのかどうか…という点があるでしょう。それは横浜銀行カードローンでキャッシングをしようとする方々の場合でも、やはり同様のようです。横浜銀行カードローンについてのインターネット上の口コミ・評判が集まるサイトでも、そのような質問・疑問が多く寄せられています。

結論を言うと、基本的に横浜銀行カードローンの借入審査で、在籍確認の代替手段を適用するということはできません。例外的に、あまりにも信用度・クレジットスコアが高い人などであれば、状況・条件・シチュエーションによっては出来ることもあるかも知れませんが、基本的にはできないと考えて下さい。

という前提の上で、仮に万が一出来るとしたらということで、そもそも「キャッシング審査の在籍確認の代替手段というのは、どのようなものなのか」という点から解説していきます。

在籍確認の代替措置とは何か

これは文字通り「勤務先への在籍確認の電話の代わりになる方法」というものです。つまり「どうしても、うちの職場・勤務先では、会社への在籍確認の電話を受けることができません」という申込者に対して「では、代わりにこのような方法で確認させていただくのはどうでしょう」という、代替措置・代替手段を提案する…ということですね。

基本的に多いのは、書類の提出をさせるというものです。それも、提出する書類の種類は、職場の保険証と給与明細書、というパターンが多くなっています。

なぜ職場の保険証・給与明細書か

横浜銀行カードローンの場合はどのようになるかわかりませんが、なぜ他の大手の消費者金融・銀行カードローンの在籍確認の代替手段では、勤務先の保険証・給与明細書を提出するのが一般的なのか。これは社会保険証・組合保険証などの職場の保険証は、実際にその会社で働いている人でしからもらえないという国のルールになっているからです。つまり「その保険証を持っていること自体・発行されていること自体が、その勤務先で間違いなく働いているという証拠」になるわけですね。

そして、給与明細書についてはそれぞれの会社が自由に発行するもので、国の形式などが特に決まっているわけではありません。つまり、極端な話偽造をすることも可能です。

しかし、偽造するにしてもリアルな給与明細書を自分で作成するというのは難しいですし、キャッシングの不正申し込みのハードルが、格段に高くなるのは確かです。ということで、少しでも不正な利用者の審査申込みを減らせるという効果があるわけですね。職場の保険証と合わせて、このように給与明細書も提出させることによって、さらに信用度を高めるということなのです。

というような理由から、この2種類の書類が勤務先への在籍確認の電話の代わりとして要求される、ということが多いわけです。実際、横浜銀行カードローンでそもそも在籍確認の代替手段が適用されるかどうかもわかりませんし、仮に適用されたとしても、このような書類の提出になるかどうかは、その申込者のクレジットスコア・信用度や状況・シチュエーションにもよります。なので、あくまで参考程度にしていただきたいですが、一応キャッシングの審査の世界では、このような在籍確認の代替手段というものも存在するという風に理解して下さい。

横浜銀行カードローンでの在籍確認の回避の方法はない

最後にもう一度結論を書くと、横浜銀行カードローンで在籍確認の回避をする方法というのはありません。つまり、いわゆる会社への電話連絡なしにするというやり方・方法はないわけですね。勤務先への在籍確認の電話を回避することはできない、ということです。

ただ、そもそも会社への在籍確認の電話をそこまで怖がって回避しようとする必要がありません。職場への電話連絡を受けたくないという人の理由は、ほとんどの場合は横浜銀行カードローンでもどこでも「職場バレしたくない」「勤務先の同僚に借り入れがバレるのが嫌だ」ということでしょうが、そもそも会社への在籍確認の電話によってキャッシングがバレるということは、ほとんどないからです。

これは当サイト・まねたろうの他の記事でも何度も書いていることですが、横浜銀行カードローンでもその他の銀行キャッシング・消費者金融でも、勤務先への在籍確認の電話によって借り入れがバレるということは、その申し込み者が不満をいだいて、インターネット上の口コミ・評判に悪く書かれる危険があるので、極力避けたいわけですね。むしろ、職場への在籍確認の電話によって勤務先バレ・会社バレが起きること困るのは、横浜銀行カードローンなどの金融機関の側なのです。

個人が借り入れがバレたとしても、せいぜい勤務先で恥ずかしい思いをするというくらいで済みますが、銀行カードローン・消費者金融の口コミ・評判が悪化したら、損害は数百億単位になりますからね。下手をすると数千億になるかも知れません。

そのくらいかかっているものが違うので、むしろ勤務先への在籍確認の電話によって職場バレしないようにしたいという気持ちは、横浜銀行カードローンなどの融資する側の方が強いくらいなのです。なので、勤務先の同僚にバレないよう、徹底して自然に在籍確認の電話をかけてくれるので、この点は安心して下さい。

(つまり、在籍確認の回避の方法がなくても、あるいは電話連絡の代替措置・代替手段が適用できなくても、別に問題ないということです。)

「在籍確認なし」の銀行カードローンはない

お金を借りたい、キャッシングをしたいという方々の中でも、特に自分の信用度(クレジットスコア)に自信がないという方の場合は、在籍確認なし・職場への電話連絡なしで借りられるという銀行カードローン・消費者金融、あるいはクレジットカードを探しているようです。気持ちはわかりますが、少なくとも大手の消費者金融・銀行カードローンの審査に関しては、勤務先への在籍確認の電話無しで借りられるということは、ほぼ100%ないという風に理解しておいて下さい。

ほぼ100%と書いたのは、ここまでも書いてきた通り、明らかに金融庁も認めるくらいクレジットスコア・信用度が高い人など、状況・条件によっては職場への電話連絡なしで借りられる(在籍確認の代替手段などが適用される)ということも、あることはある、という意味です。ただ、横浜銀行カードローンにしても、その他のキャッシングブランドにしても、そもそも「在籍確認の代替措置を適用してもらう」ということ自体がかなり難しいですし、在籍確認の代替手段でOKとなるようなクレジットスコア・信用度が高い人であれば「そもそも、在籍確認なしでお金を借りたい」などと考えない、ということが多いわけです。

(やや身もふたもない話かも知れませんが…)

ということで、少なくとも「会社への在籍確認の電話をなしにして、横浜銀行カードローンでお金を借りたい」と考えているような方については、現時点で他社借入があるなど、クレジットスコア・信用度があまり高くないはずなので、このような方の場合は特に、在籍確認の回避をしてお金を借りるのは難しい、という風に考えて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング