イオン銀行カードローンの在籍確認は必須?回避できる?

在籍確認

2015.09.10

aeon-zaikaku

イオン銀行の在籍確認は、状況によっては回避できる?

イオン銀行カードローンの在籍確認は、状況・条件によっては回避できることもあるようです。これはあくまでネット上の口コミ・評判によるものですが「少額融資の時はなしでもよかった」という内容の口コミが、しばしば見られます。

また「土日・祝日・夜間など、勤務先が休みで在籍確認できないケース」の時も、やはり在籍確認を省略できた…という体験談がたまに見られます。これらが事実かどうかはわかりませんが、こうした体験談・口コミは、イオン銀行だけではありません。楽天銀行・三菱東京UFJ銀行などでもあります。

ということで、イオン銀行の審査でも、このような状況・条件の場合は「会社への電話連絡なしでも借りられる」可能性があると考えていいでしょう。

イオン銀行の在籍確認では、何が審査されるのか?

キャッシング初心者の人は、在籍確認というと「何かを審査する」と思っているようです。その電話で勤務先について何か質問されたり…ということですね。

しかし、キャッシングの在籍確認でこのような審査や質問がされる…ということはありません。キャッシング審査での在籍確認というのは「完全な、最終段階」なのです。つまり「審査はほぼ終わっている」んですね。

最後の最後の仕上げとして、在籍確認をするということです。というわけで、確認さえ取れたら「それで融資可能」なんですね。そのため、特に在籍確認について心配する必要はありません。

職場(勤務先)に、どのようにかかって来るか

気になるのは「確認電話が、どのようにかかって来るか」でしょう。これは「普通の用事の電話」のようにかかってきます。イオン銀行やカードローンBIGなどの単語も出さず、あくまで個人名を名乗ってくれます。

ということで、普段から職場に電話がかかって来るような人だったら、特に職場の人にキャッシングがバレる…というリスクはありません。逆にフリーターの人など、「勤務先に電話がかかって来ることなど、ない」という人の場合は、うまい説明(言い訳)を考える必要もあります。

イオン銀行の在籍確認で、どう言い訳をするか?

このような「在籍確認の時に使う言い訳」は多くの人が必要としているでしょう。イオン銀行の場合「銀行系」ということで「今度、銀行でローンを組もうと思ってて…」というような説明は、嘘にはなりません。

ただ、普通のカードローンだとやはり、あまりイメージがよくありません。そのため「銀行で自動車ローンを組もうとしてて…」のように、何かイメージのいい借金に置き換える、というのがいいでしょう。

その他の在籍確認の言い訳としては、下のようなものがよく使われます。

  • 生命保険会社からの確認
  • クレジットカードの審査

他にもいろいろありますが、あまりマイナーな言い訳は使わない方がいいでしょう。また、業界によっては「その業界のみで通じる説明」もあるかも知れません。その場合は、そうした言い訳を使うのもありでしょう。

在籍確認で話す内容を、リクエストすることはできるか?

在籍確認で呼び出してもらう時の内容を、指定することはできるか―。これはイオン銀行だけでなくどの業者・銀行でも「ある程度まで」は可能です。

まずできないことを書くと「他の会社名・銀行名」を名乗ることはできません。たとえば下のようなものです。

  • うちの取引先の会社名を名乗ってほしい
  • 取引先の銀行名を名乗ってほしい

などですね。これらのように「別の会社名・銀行名」を名乗る時点で、それはイオン銀行が「虚偽を働いた」ということになります。そのため、これはリクエストできません(また、リクエストすると審査落ちする可能性もあります)。

話す内容を、微妙に合わせるだけだったらOK

これに対して「話す内容を微妙に変える」だけだったらOKです。たとえば電話に出た職場の人に「何の御用ですか」と聞かれた時の対応ですね。

この時にたとえば「山田さんのお子さんの保育園の件で…」とか「来月のプロジェクトのことで…」などと答える、というリクエストはありです。「保育園の者」といったら嘘になりますが「件で」というだけなら、誰が言ってもいいですからね。

もちろん、これらの内容にイオン銀行が合わせてくれるかはわかりません。その人の信用度や内容次第です。「胡散臭いな」と思われたら、他の人はOKだったケースでも、ダメになることもあるかも知れません。

また、あまり在籍確認のリクエストをし過ぎると、先にも書いた通り「審査に落ちる」リスクが高まります。リクエストを出している時点で、まだ審査完了していないのですから、「職場にバレない」ことよりも「確実に審査通過する」ことを優先しましょう。

イオン銀行カードローンBIG以外の在籍確認と比較

ここまでは主にイオン銀行カードローンBIG自体の在籍確認について、会社バレや家族バレをしないかという点も含めて語ってきました。ここから先は、「イオン銀行カードローンBIG以外の銀行キャッシングの審査では、在籍確認の電話はどのようになっているのか」という比較検討をしていきます。

しずぎんカードローン・セレカは、職場への電話連絡なし?

あくまでネット上の評判・口コミでは、一部このような情報が書かれている(正しいとは限らない)という前提の上ですが、イオン銀行カードローンBIGでなく、しずぎんカードローン・セレカであれば、職場への電話連絡がなしでもキャッシングができるかもしれない…ということが言われています。(あくまでそのようなネット上の評判・体験談が散見されるというだけであり、事実かどうかは不明です)

イオン銀行カードローンBIGではここまでにも書いてきた通り、会社への在籍確認の電話は必須なのですが、なぜしずぎんカードローン・セレカの場合は、このように「在籍確認の回避をすることも可能」という内容のインターネット上の口コミ・評判が流出しているのでしょうか。実は、これはまったく根拠がない話ということではないのです。

セレカの「ご利用までの流れ」という公式ページを見ると、しずぎんカードローン・セレカのキャッシングの審査の流れや手続きの内容が書かれているのですが、その中に「本人の携帯への確認電話」については書かれていても、「勤務先への在籍確認の電話」については書かれていないんですね。

ということは「もしかしたら、いわゆる会社への電話連絡なしで、借り入れができるのかも知れない」と、一部の利用者の方々が、インターネット上の口コミ・評判で書き込んでいるのも、一応一理あるわけです。実際には「その申込者のクレジットスコア(信用度)によって決まる」ということが多いでしょうが、何はともあれ、イオン銀行カードローンBIGとは違い、セレカであればそのような可能性も「無きにしも非ず」ということです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認の電話

続いて、オリックス銀行カードローンとイオン銀行カードローンBIGの会社への在籍確認の電話についても、比較してみましょう。今回は「どちらが家族バレ・会社バレをしにくいか」という視点から比較してみます。

結論を書くと、これは「どちらも互角」です。理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • 会社への在籍確認の電話では、どちらも「銀行名」を名乗るのが基本(例外もある)
  • 銀行名だったら「口座開設の手続きで不備があったみたい」などと、会社の同僚に言える
  • 銀行名については、状況・条件によっては「伏せてもらう」こともできる

ということです。通常だったら「イオン銀行の○○と申しますが…」と名乗るところを、会社バレを防ぐために「○○と申しますが…」という風に「担当者の個人名のみでかける」ということですね。この方法は、イオン銀行・オリックス銀行に限定された話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも共通のシステム・ルールとなっています。

なので、会社バレのリスクについては、オリックス銀行カードローンであろうとイオン銀行カードローンBIGであろうと、違いは特にないということですね。どちらも会社バレはしないので大丈夫、ということです。

家族バレについても、銀行からの郵便物であれば、家族に「キャッシングをしているのでは?」と怪しまれることも基本的にありません。イオン銀行・オリックス銀行ともに地方銀行でなく大手銀行なので「何でこの銀行?」という疑念を抱かれることも少ないので、この点でも家族バレのリスクについては安心できる…ということが出来るでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の確認電話

続いて、イオン銀行カードローンBIGと同様に多くの利用者を持つ銀行のキャッシングである、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」についても、家族バレ・会社バレなどの側面から、比較検討をしてみましょう。これもやはりオリックス銀行カードローンと同様に「どちらでも、会社バレも家族バレもしにくい」という風になります。

会社バレのリスクが低いという点では、イオン銀行・三菱東京UFJ銀行ともに同じです。その理由は、オリックス銀行カードローンの部分で書いたのと同じです。(銀行からの電話であれば、会社の同僚に対しても在籍確認の言い訳がしやすい、ということですね。)

家族バレしにくいという点では、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が「口座開設をした」という在籍確認の言い訳がしやすいという点で、イオン銀行カードローンBIGより家族バレを防ぎやすいと言えるかも知れません。「三菱東京UFJ銀行の口座は、やっぱり持っておいた方が便利だから」という風に、家族に説明しやすいですからね。また、「もともと、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていた」という人であれば、あらためて三菱東京UFJ銀行から郵便物が届くということも、まったく不自然ではないでしょう。

ということで、家族や夫・旦那・嫁・妻などにバレにくいという点では、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方がイオン銀行カードローンBIGより有利…という結論になるかも知れません。しかし、イオン銀行カードローンBIGの在籍確認の電話でも十分バレませんし、差があるにしても僅差なので、この点は特に気にしなくてもいいでしょう。

在籍確認の電話を受ける時の注意点

この段落では「キャッシング・カードローンの審査での、在籍確認の電話の注意点全般」について語っていきます。つまりイオン銀行カードローンBIGのみの話ではなく、他の消費者金融・銀行カードローンの在籍確認の電話でも共通する内容…ということです。なので、これからお金を借りようとする人、最短即日融資を受けようという人にとって、役立つ知識になるでしょう。

在籍確認の言い訳を考えておく

まず第一に、「会社バレ・家族バレをしないようにするために、在籍確認の言い訳を考えておく」ということが最重要になります。(家族バレについても書いたのは、個人事業主・自営業の方々など「自宅が勤務先」という方もいるからです)

在籍確認の言い訳については、一番よく使われるのは「クレジットカードの審査」です。ただ、イオン銀行カードローンBIGのような銀行キャッシングの場合は「口座開設の手続きで、不備があったから連絡がきた」というような在籍確認の言い訳の方がいいかも知れません。クレジットカードの審査でも信用度は十分高いですが、口座開設の方が「まったく変な部分がない」ことなので、信用されるからです。

もちろん、ある程度このような知識がある人が集まる職場だと、これは通じないかも知れません。金融機関など、マネーに強い職場で働いているという方ですね。このような場合は普通に「クレジットカードの審査」という言い訳にした方が良さそうです。これだったら、実際に会社への在籍確認の電話はかけますからね。

基本的に、リクエストは出来ない

イオン銀行カードローンBIGの審査でもどこでも、申し込む人がよく気にするのは、「家族バレ・会社バレを防止するために、在籍確認のリクエストをすることはできるか?」ということでしょう。例えば、下のような内容ですね。

  • 在籍確認のスタッフさんを男性・女性にしてほしい
  • 大体の在籍確認の日時を指定したい
  • 名乗る銀行名・個人名や用件を指定したい

というようなものです。これらの「在籍確認のリクエスト」についてはオペレーターさんの性別はリクエストできることが多いものの、その他の指定については、できないことが多いという風に考えて下さい。在籍確認の日時については、大雑把なものだったらOKになることがありますが、イオン銀行カードローンBIGの審査ではどのようになるかわかりません。

また、「別の銀行名」「別の個人名」を名乗るなどは、虚偽申告になりますので、イオン銀行カードローンBIGでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも、リクエストはまったく不可能です。ただ、これについては「銀行である以上、それほど名乗られても会社バレのリスクはない」ということで、特に心配する必要はないでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング