モビットの電話連絡をなしにする方法 ~必要な提出書類は?~

在籍確認

2015.09.10

mobit-zaikaku

電話連絡については、モビットはすべての業者・ブランド・銀行の中で「一番なしにしやすい」業者の一つと言えます。プロミスと並んでどちらが使い勝手が良いかは評価が別れるところですが、詳しく説明していきます。

モビットは、WEB申し込みだけで電話連絡をなしにできる

モビットの「電話連絡なし」で便利な点は「WEB申し込みだけでいい」ということ。プロミスの場合は、自動契約機や電話などの口頭で希望を伝える必要があるのですが、モビットは不要なのです。普通にキャッシングを申し込む時と同じように「ネット申込みだけ」でOKなんですね。

もちろん他にも書類の提出などの条件はあります。ただ、これはプロミスとほぼ同じで、最大の違いはこの「ネット申込みだけ」という部分になります。

(モビットの審査システムが「WEB完結申込」と言われる所以ですね)

モビットの「電話連絡なし」で必要になる書類

上にも書いた通り、モビットで電話連絡をなしにするには「書類の提出」も必要です。

  1. 会社の給与明細
  2. 会社の保険証

の2種類です。これをWEB申し込みのフォームからアップロードします。どちらの書類も持っている会社員・OL・公務員の人などは、まったく問題なくすぐに手続きが終わるでしょう。

一方、アルバイト・パート・フリーターの人などは、保険証は持っていないかも知れません(会社の保険というのは、基本的に社員でないと加入できないので)。そのため、こうした非正規雇用の人にとっては、モビットの電話連絡をなしにする条件は、少々厳しい可能性もあります。

こういう場合はモビットの窓口に相談する必要がありますが、保険証も含めて、これらの書類をすでに持っている人なら、特に問題ないでしょう。

モビット指定の銀行口座を持っていること

さらにもう一つの条件として、モビットの指定の銀行口座がある…というものがあります。三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかです。モビットはもともとこの2つの銀行のグループ企業なので、これらの口座が指定されているわけですね。

ということで、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座がなかったら、モビットでの在籍確認の回避はできません。しかし、持っている人なら、これもやはり簡単に手続きが終わります(口座番号などを記入するだけなので)。

モビットの条件を満たせない場合は、プロミスで

もしこれらの条件を満たせない場合、プロミスで申し込みすることをおすすめします。プロミスだったら、書類の提出は同じものが必要ですが、銀行口座の指定はありません。

ただ、始めにも書いた通り「口頭で希望を伝える」必要があります。時間的にはそれほどかかりませんが、精神的に緊張する…という人もいるかも知れません。ただ、その緊張さえ受け入れれば、誰でも在籍確認を回避できるというのは、プロミスの方です。

プロミスでも回避できない場合は、アコムで

もしプロミスでもダメだった(プロミスから断られたなど)の場合、最終手段としてアコムがあります。アコムは在籍確認は必ずされるのですが、代わりに「失敗しても融資してもらえる」という特徴があります。

失敗しても「限度額10万円以下」という条件で、融資してもらえるんですね。10万円で足りる人の場合は、むしろプロミス・モビットよりも簡単なやり方かも知れません。ただ普通の申し込みをするだけですから。

ただ「電話自体かけてほしくない、職場の人に、電話に出てほしくない」という場合、アコムは厳しいです。必ず電話がかかるので、「何で山田さんに電話がかかってくるんだろう」と思われる立場の人だと、キャッシングがバレる危険性もゼロではありません。

ということで、もし条件をクリアできるなら、できればプロミス・モビットで電話連絡をなしにする方がいいでしょう。

銀行カードローンでも電話確認なしにできるか?

最後に補足として、銀行カードローンでも審査の電話連絡をなしにできるか、まとめます。結論は、一応は全部の銀行カードローンが必須となっています。

ただ「状況・条件によって省略することもある」というのが実情のようです。公式にそうなっているわけではなく、あくまで「そういう口コミ・体験談がある」ということですが、ある程度の信ぴょう性はあります。

小口借入で、返済能力が高い時に省略されやすい

銀行カードローンで在確が省略されやすい条件は、下のようなものがあります。

  • 少額融資である(30万円以下など)
  • 返済能力が高い(年収が高いなど)
  • クレジットヒストリーが良好(これまでの借入・返済履歴)

…というものです。要は「この人なら、電話連絡するまでもない」という状態の場合、銀行カードローンも省略するということです。

在籍確認は貸金業法・銀行法で義務付けられているわけではなく、銀行が自主的にやっているだけなんですね。そのため「この人は大丈夫」と銀行カードローンが判断したら、省略してもいいのです。

ということで、それに該当するような人だったら、楽天銀行・三菱東京UFJ銀行・イオン銀行あたりは、電話確認なしでも申し込みやすいと言えるでしょう。

モビットの在籍確認の電話は、職場バレする?

モビットの勤務先への在籍確認の電話を受ける時、これが原因でキャッシングが職場バレするのではないか、ということを不安に思っている人もいるでしょう。結論を書くと、モビットでもその他のキャッシングブランドでも、職場への在籍確認の電話を受けることによって、勤務先の同僚にキャッシングがバレるということはありません。

ここでは、なぜモビットの会社への在籍確認の電話によって借り入れがバレることがないのか、その理由などを解説していきます。

個人名で普通の用事のように名乗る

まず、初めてキャッシングする人が心配に思うのは「モビットですが…」というようにキャッシングブランドの名前を名乗られるのではないか、ということでしょう。これだったら、確かにお金を借りていることが職場の人にバレてしまいます。しかし、当たり前ですがモビットのように信用のあるカードローン・消費者金融が、このような迂闊なミスをするわけがありません。

これはモビットでもその他の消費者金融・銀行カードローンでもすべて同じですが、勤務先への在籍確認の電話で名乗る名前はキャッシングブランドの名称ではなく、職場への在籍確認の電話をする担当者の個人名という風になっています。つまり、在籍確認の電話の担当のオペレーターさんが「山田さん」だったとしたら「山田ですが…」という風に名乗るわけですね。ごく普通の用事のように切り出してくれるので、勤務先の同僚もまさか「モビットの在籍確認の電話である」という風に気づくことはありません。

もちろん、中にはキャッシングでお金を借りた経験がある、という会社の同僚もいるかも知れませんし、カードローンで借り入れをした経験はなくても、何となく勘が良くて気づく、ということもあるでしょう。

しかし、この場合もキャッシングがバレることは基本的にありません。「堂々と在籍確認の言い訳をすれば、まったく問題ない」ということです。

堂々としていれば、借り入れがバレない

詐欺師が詐欺を成功させるために必要な要素として「常に堂々としている」ということがあるそうです。それと似ていますが、キャッシングが職場バレしないようにするためにも、勤務先・会社で堂々と振る舞っているということは非常に重要なんですね。

キャッシングについてのインターネット上の口コミ・評判の書き込みを見ていても「借り入れがバレた」という人の内容を見る限り、おそらく「あまり堂々としていなくて、挙動不審だったから、会社の同僚にバレたのだろうな」と感じることが多くあります。堂々としていれば「もしかしたら消費者金融・銀行カードローンでお金を借りているのかも?」と思った勤務先の同僚も「あ、違うのか」と、疑問を打ち消してくれるでしょう。しかし、挙動不審だった場合には「もしかしたらキャッシング?」と思っていた程度なのが、「ああ、やはり消費者金融でお金を借りているわ」という風に確信されてしまうわけです。

というように、勤務先の同僚に借り入れ(借金)の疑惑を持たれた場合でも、その申込者(利用者)の振る舞い次第で、キャッシングがバレるかどうかが大きく違って来るということですね。

なので、まずはモビットでお金を借りるにしても、その他の銀行カードローン・消費者金融で最短即日融資を希望するにしても、まずは「堂々と振る舞う」ということを意識して下さい。

クレジットカードの審査という言い訳

「勤務先への在籍確認の電話についての言い訳」について、ここまでも少し言及して来ましたが、さらに詳しく書いていきましょう。見出しの通り、モビットでもあるいは他のカードローンブランドでも「クレジットカードの審査」というのが一番勤務先の同僚にとって効果的(キャッシングがバレない)在籍確認の言い訳となります。

「クレジットカードの審査」という職場への電話連絡の言い訳がなぜ、借り入れがバレないことにつながるのか。これは下のような理由になります。

  • クレジットカードならキャッシングよりイメージがいい
  • 実際にクレジットカードの審査でも在籍確認の電話をかけている(全てではありませんが)
  • 勤務先の同僚も受けた事があることが多い
  • 実際の内容(モビットでのキャッシング)に近いので、不自然さがない

ということです。自分の演技力に自信がないという方でも、「クレジットカードの審査とカードローン」というように、かなり近い内容であれば、自然に振る舞うことは難しくないでしょう。このような理由から、カードローン・消費者金融についてのインターネット上の口コミ・評判のサイトでも、「モビットでお金を借りる時の在籍確認の言い訳は、クレジットカードの審査と言っておくのが一番いい」という内容が、しばしば書かれているわけです。

もちろん、職場によってはもっと効果的な在籍確認の言い訳もあるでしょうし、逆に「クレジットカードの審査だとアウト」ということもあるでしょう。(クレジットカード会社に勤務している場合など)

というように、必ずしもこの職場への在籍確認の電話の言い訳でOKというわけではありませんが、大体はこれで行ける、という風に考えて下さい。

(最終的には、その申し込み者の方が働いている会社の雰囲気やルールに合わせて、自然な在籍確認の言い訳を考えていたいただくのがいいでしょう。)

モビットの職場への在籍確認の電話のリクエスト

勤務先への在籍確認の電話の内容についてリクエストをしたい―。という要望は、消費者金融についてのネット上の評判・体験談のサイトを見ていても、かなり多く書かれています。つまり、例えば下のような内容を、モビットで職場への在籍確認の電話をかけるオペレーターさんに対してリクエストするということですね。

  • 自分の会社の取引先の名前でかけて欲しい
  • 取引先の自分の営業担当の名前でかけて欲しい
  • 在籍確認の電話の日時を指定したい
  • オペレーターさんの性別を指定したい
  • 電話を掛けた用事・理由を「○○」としてほしい

というようなものです。まだいろいろありますが、このような在籍確認の電話の内容を、モビットのオペレーターさんに対して要望する…ということですね。

結論を書くと、オペレーターさんの性別についてはある程度指定できるし、在籍確認の電話の日時についても、問題ない範囲でリクエストできることはあるというものになります。ただ、あくまである程度信用度・クレジットスコアが高い人である、要望を受け入れるに値するだけのクレジットスコア・信用度があるということが絶対条件になります。

その他の在籍確認のリクエストについては、「会社名・銀行名・個人名」などで虚偽の名前を名乗ることは、モビットでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、絶対にありません。これは虚偽申告となるからです。モビットのように「業として行うキャッシングブランド」が、そのような嘘をつくことは、たとえ小さな内容でも許されないということですね。

その他の要望については、臨機応変で「モビットが見ても、金融庁が見ても問題ない」というような内容であれば、くんでもらえる可能性もあるという風に考えて下さい。

(基本的に、かなり難しいと考えて下さい。)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング