Fマネーカードは土曜日・日曜日の最短即日キャッシングは可能?

即日融資

2015.10.23

127

Fマネーカードは、土日・祝日の最短即日借り入れはできません。というより、平日に申し込んでも最短当日キャッシングはできないので、土日・祝日でも平日でも全く関係ありません。

Fマネーカードは、特に金利面で大手の消費者金融より有利なのですが、審査スピードに関しては不利なのです。というわけで、もし土日に最短当日借入したいという事情があれば、その場合はFマネーカードではなく、消費者金融か銀行カードローンで申し込むようにしましょう。

Fマネーカードは、最短即日借り入れ用ではない

上にも書いた通り、Fマネーカードは最短即日借り入れに適したカードローンではありません。基本的に「消費者金融より低金利で借りたい人」向けのカードローンです。

Fマネーカードが低金利になるのは「50万円~100万円」の金額帯です。この金額帯では、大手の消費者金融の金利は「1万円」の時から変化しないのですが、Fマネーカードは大きく変化する(金利が下がる)のです。

Fマネーカードの最初の金利(50万円以下の金利)は、17.8%です。これに対して、50万円を超えると「15.8%」というように、大幅に金利が下がります。

ということで、特にこの金額帯で「低金利で借りたい」という人向けなのです。「急ぎでお金を借りたい」という人のためのキャッシングではないので、土日借入ができないのは仕方ないんですね。

ひとまず消費者金融で借りて、借り直すのもOK

「どうしても、土日・祝日だけど当日中にお金が必要」→「でも、Fマネーカードみたいに低金利で借りたい」という場合―。

これはまず「消費者金融で借りて、その後Fマネーカードで借り直す」というのも一つの手です。こうすれば「土日・祝日だけど急ぎでお金が必要」というニーズにも対応できますし「低金利で借りたい」というニーズも満たすことができます。

消費者金融からFマネーカードに借り換える方法

では、どうやって消費者金融からFマネーカードに借り換えるのか。これは下のようなやり方でできます。

  1. まず、消費者金融から借りる
  2. お金が必要な用事を済ませる
  3. 次に、Fマネーカードで申し込む
  4. 10日ほどで、審査通過する
  5. Fマネーカードから借り入れする
  6. そのお金で、消費者金融を完済する

…という方法です。回りくどいですが、

  1. Fマネーカードで後から借りる
  2. そのお金で、消費者金融を完済する

…というやり方ですね。「後から借りる」ことができるのか?と思うかも知れませんが、これはできます。「年収の3分の1」という制限ラインまで、余裕を持たせておけばいいんですね。

基本的に、キャッシングは別の業者で追加で借りる場合も「年収の3分の1まではOK」となっていますから、最初の消費者金融での申し込みで、余裕を持たせておけばいいのです。

もちろん「余裕を持たせる」といっても「お金が必要な用事を片付けるくらい」には借りる必要があります。もしその金額で貸金業法第13条の2第2項の規定に達してしまうくらいだったら、別の解決策を考える必要があります(借り換えにこだわらなければ、別に解決策は必要ないのですが)。

というように「年収の3分の1より下の借り入れでOK」という場合に
限られますが、こうすれば、最初に消費者金融で借りた後、Fマネーカードに乗り換えるということが、可能になります。

土日キャッシングで一番おすすめの消費者金融は?

土日キャッシングでおすすめできる消費者金融―。これは「プロミス・SMBCモビット・アコム」です。理由は、

  • プロミス・SMBCモビット…電話連絡をなしにできる
  • アコム…在籍確認に失敗しても、10万円借り入れOK

…というものです。以下、それぞれ詳しく説明します。

土日キャッシングの審査では、在籍確認がカギ

上の理由はどちらも「在籍確認」に注目しています。実は、土日融資の審査では「在籍確認の有無」がカギなんですね。想像できると思いますが、土日・祝日は会社が休みのことが多いので、もし在籍確認必須だと、こういう場合は最短即日借り入れできないんですね。

ということで、勤務先が休みのことが多い土日・祝日のキャッシング審査は、「電話連絡なしでも借りられる」ということが重要なのです。その点、大手の消費者金融ではプロミス・SMBCモビット・アコムが他社よりリードしています。

SMBCモビット・プロミスで、電話連絡をなしにする方法

プロミス・SMBCモビットの審査で「職場への電話連絡なし」にする方法は、キャッシングの知識がある人だったら、知っていることも多いでしょう。

  • 勤務先の保険証
  • 勤務先の給与明細

…という2種類の書類を出すだけでOKです。こうして合法的に電話連絡をなしにできるので、土日借入をしたい場合は、Fマネーカードではなく、SMBCモビット・プロミスをまずおすすめします。

アコムは在籍確認に失敗しても借り入れできる

アコムは「在籍確認の回避をできる」のではなく「在籍確認に失敗しても借りられる」というのが特徴。失敗しても「10万円」という限度額で借り入れできるんですね。

書類の提出などをしなくていいので、見方によってはプロミス・SMBCモビットよりも楽かも知れません。10万円以下の少額キャッシングでも問題ないという人なら、Fマネーカードの土日借入はあきらめて、アコムで借りるというのもいいでしょう。

以上、プロミス・SMBCモビット・アコムをおすすめしましたが、他の消費者金融も「在籍確認必須」という条件で、土日キャッシングはできます。土日・祝日に最短即日借り入れしたい場合は、Fマネーカードではなく、これらの消費者金融で申し込むといいでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング