賢い少額キャッシングのやり方 ~給料日まえに数万円借りる~

消費者金融キャッシング

2015.09.14

042

カードローンは「給料日前に数万円借りる」というだけの使い方をしていれば、キャッシング地獄になることなどありません。借金地獄に陥る人というのは、楽器とか車とか、高い買い物をカードローンでしてしまうために、破産するのです。

ということで、ここでは「給料日前に、1万円~3万円程度を借りる」という、賢い少額キャッシングのやり方について書きます。

少額キャッシングは、返済が苦痛にならない

たとえば「あの電柱まで走れ」と言われるのと「となり町まで走れ」と言われるのでは、どちらがやる気が出るでしょうか。普通は「あの電柱」でしょう。「すぐ終わる」のがわかっているからです。

脳科学的にも、人間は「イメージできたことは、簡単に再現できる」ということがわかっています。「あの電柱まで走る」というのは、「イメージしやすい」から、成功するし、やる気が出るんですね。

少額キャッシングの返済も、まさにこれと同じです。1万円・2万円・3万円程度の小口借入だと、それを完済する自分の姿を、ありありと思い浮かべることができます。

そのため、返済もまったく苦痛になりません。借金のストレスもないので、仕事のミスも減り、病気なども少なくなり、あらゆることがうまく行きます。こうして少額の借り入れで抑えているうちは、カードローンというのはまったく問題なく、むしろ生活の資金繰りをスムーズにしてくれるものなのです。

(中小企業にとっての銀行とか信用金庫のようなものですね)

高額借り入れをするのは、生活に根本的な問題がある

基本的に、普通に生活している限りは数万円程度の少額借入で済むはずです。なのに、なぜ数十万円という高額のキャッシングをするのか―。

まず、こうした人は生活に根本的な問題があります。数十万円借りて何をするのかといったら、大きな買い物をする、失業したので2ヶ月分の生活費を確保する…というようなことでしょう。

大きなショッピングはともかく、特に失業については確かに大変な事情だろうと思います。ただ、これは「失業」が問題なのであって「カードローン」が問題ではないんですね。

30万円や50万円という、そこそこ高額な借り入れで返済が苦しくなっても、それは「消費者金融が悪い」ということではないのです。そもそも「何で失業してしまったのか」「次の仕事がすぐ見つからないのか」ということの方が問題なんですね。

ここまで書くと話が大きくなってしまいますが、大抵キャッシングの借り入れと返済の話は、人生全般につながります。

給料日前に数万円借りるなら、ノーローンがおすすめ

毎月、月末などの給料日前に数万円借りる―。というキャッシングの利用の仕方の場合、ノーローンという消費者金融が一番おすすめです。アコム・プロミス・SMBCモビットなどほどは有名ではありませんが、かつては世界的ゴールキーパーである「オリバー・カーン」をCMに起用していたこともあります。

さて、そんな隠れた優良キャッシング業者であるノーローンですが「何度でも1週間無利息」という融資システムを持っています。

プロミス・アコム・楽天銀行などの「30日間無利息」は「初回のみ」ですが、ノーローンのこれは「何回借りても、1週間までは無利子でOK」というものです。

ということで、毎月給料日前に「1万円~3万円借りる」という使い方も、問題なくできるわけですね。もちろん、毎月借りるということは、生活に何か問題があるので、その解決も別途必要でしょう。

ただ、とりあえずピンチなものはピンチなのです。そういう急ぎでお金が必要な場面を切り抜けるのに、ノーローンの「何度でも1週間無利息」は最適なシステムだといえます。

ノーローン以外で無利息期間があるカードローン会社一覧

ノーローン以外でも、無利子期間を持っている消費者金融や銀行カードローンはあります。一覧にすると下の通りです。

  • プロミス
  • アコム
  • 新生銀行(レイク)
  • 楽天銀行

このうち、プロミス・アコム・楽天銀行は「初回30日間無利息」で、レイクは「初回30日間無利息」に加えて「5万円まで180日間無利息」もあります。

ということで、これらの業者・ブランド・銀行を全部フル活用したら、単純計算で「4ヶ月、いくらキャッシングしても無利息」となるわけです。次々に借り換えていけば…ですね。

もちろん、それは審査が面倒ですし、そもそも「明らかに無利息期間を渡り歩いているな」と思われたら、審査で不利になる可能性もあります。ただ、ノーローン以外にも無利子期間のある業者・ブランド・銀行が存在する…というのは知っておいた方がいいでしょう。

また、毎月連続でこれらに申し込みすると怪しいですが、「年に数回、ピンチの時だけ」というやり方だったら、それほど不自然ではありません。そのような使い方で、給料日前のピンチを切り抜けるというのもありでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング