消費者金融カードローンの最低借入金額はいくらから?

消費者金融キャッシング

2015.09.13

034

消費者金融の最低借入金額はいくらか―。これは「10万円」です。それ以下での融資はまずありません。融資しても、全然金利が取れませんから。

たまに「消費者金融の最低借入金額は30万円」という評判がネット上にありますが、これは間違いです。私がプロミスやオリコなどの消費者金融で10万円で借りてきたから、はっきり違うと断言できます。

(それだけしか融資してもらえなかったのは、自慢できることではありませんが。笑)

10万円はキャッシングの最小の借入限度額

大手の消費者金融でも中小業者でも、あるいは銀行カードローンでも、10万円というのはキャッシングの限度額として、最小ランクと思ってください。つまり「ギリギリ融資してもいい」という、業者・ブランド・銀行側の意思表示です。

10万円というのがどのくらいの信用度か。一番わかりやすいのはアコムの在籍確認です。

在籍確認に失敗しても、アコムなら10万円借入可能

キャッシングの知識がある人なら知っているでしょうが、アコムの在籍確認は独特です。

  1. 在籍確認の電話は必ずかける
  2. しかし、失敗しても限度額10万円以下で融資してくれる
  3. 後日かけ直して、確認が取れたら限度額を増やす

…という風です。このように、アコムにとって10万円というのは「在籍確認が取れなくても融資してOKな金額」なんですね。つまり「貸し倒れになっても、全然問題ない金額」ということです(アコムがそう宣言したわけではありませんが)。

これを見ても、キャッシング業者にとって10万円という金額が、非常に小さいものだというのはわかるでしょう。少額借入の中でも、最少額に当たるのです。

最小借入金額は、必ず全額借りる必要はない

たまに勘違いしている人がいますが、最小借入金額というのは「絶対にその金額を借りろ」という命令ではありません。「借りられる限度額は、ここまでですよ」という、いわば「権利」なんですね。「義務」ではないのです。

ということで、最小借入金額が10万円でも「必ず10万円キャッシングしないと行けない」ということはありません。この点はたまに勘違いしているカードローン情報サイトもあるので、注意してください。

もし「10万円」という限度額をもらっても、実際にキャッシングする金額は、自分で自由に決めていいんですね。1万円だろうと3万円だろうと、自由に借りればいいのです。

最小の「借り入れ単位」だけ、業者・ブランド・銀行で決まっている

ただ、最小の「借り入れ単位」だけは決まっています。「1万円単位」か「1000円単位」という風ですね。これは例えばゲームセンターの両替なども投入できる金額の単位が決まっているので、すぐにわかるでしょう。

こういう意味では「最低でも1000円以上借り入れないといけない」とか「1万円以上キャッシングしないといけない」というルールはあります。そういう意味では完全な最低借入金額は「1000円」、あるいは「1万円」と言えるかも知れません。

ちなみに、消費者金融は1000円単位で借入可能なところが多く、銀行カードローンは1万円単位が多いです。

10万円の限度額で始まった人は、いつ増額されるか?

結論を言うと、コツコツ返済していれば大体半年から一年で、最初の増額n打診が来ます。

消費者金融で申し込みをして、もらった限度額が「10万円」だった…。となると、少々不安に思う人もいるかも知れません。「別にこれで足りるけど、自分が信用されていないみたいで、ショック」ということもあるでしょう。

しかし、これについてはそんなに落ち込む必要はありません。というのは、これまでに借入・返済の実績がない人は、年収や職業がまともでも、低評価になることがよくあるのです。

つまり、銀行カードローンや消費者金融は「実際に返済したことがある」人を信用するんですね。「返済できそうな人」というのは、当てにしないのです。

年収や職業などの審査条件は、それほど重要ではない

多くの人が重要だと思っている職業・年収・勤続年数などといった審査条件は、実はそれほど重要ではありません。これらからわかるのは、あくまで「返済できそう」という「推測」だけです。

しかし、クレジットヒストリー(借入・返済の履歴)は違います。「実際に返済した」という揺るぎない実績です。多少年収などがギリギリでも「この人は、この金額だったら完済できる」というのが証明できているんですね。

もちろん、また再現できるとは限りません。しかし、まだ借入・返済したことがない人(クレジットヒストリーがない人)よりも、「一度完済した人」の方が信用できるのは間違いないでしょう。

ということで、仮に限度額10万円という低評価になっても、それは年収などが少ないという意味ではなく「借入・返済の履歴がない」というだけかも知れないのです。もちろん、そうでないケースもあるでしょうが、それでも真面目に遅延・延滞なく返済していれば、融資枠は必ず増額されるので、安心してください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング