キャッシングの少額融資っていくら?1万円・3万円・5万円の借り入れ

消費者金融キャッシング

2015.09.13

032

キャッシングの少額融資とは、いくらのことを言うのか―。これは状況・条件によって異なります。1万円・3万円・5万円は誰にとっても小口借入と言っていいでしょう。

しかし、10万円以上になると、学生にとっては「高額キャッシング」になると思います。逆に社会人にとっては、30万円までは少額キャッシングになるでしょう。

ちなみに、消費者金融や銀行カードローンの側からすると「30万円以下」が少額キャッシングの基準となっています。(これも業界人によって意見が分かれますが)

消費者金融での少額キャッシングの定義は?

では、消費者金融の場合、小口キャッシングの定義はどうなるでしょうか。収入証明書が必要な金額は、みな「50万円」となっています。

「50万円以上借りたい」という時は、年収証明書を提出しろ、ということですね。ここから考えると、それよりもっと小さい10万円~30万円あたりが、消費者金融の「小口借入」に該当するといえます。

アコムは、10万円以下なら在籍確認に失敗してもOK

わかりやすい基準が、アコムの在籍確認です。キャッシング審査には、勤務先に電話をかける「在籍確認」というものがありますが、アコムはこれに失敗しても「限度額10万円以下」という条件で、キャッシングできるのです。

ということは、アコムにとって10万円というのは「回収できなくてもいい少額」ということになります。もっとも10万円くらい誰でも完済できるので、回収できないということは、さすがにないでしょうが…。

そして、アコムがこの基準で「小口借入」の定義をしているということは、大手の消費者金融はみんな同じということです。つまり、消費者金融の世界では「少額キャッシング」=「限度額10万円以下」ということですね。

1万円・3万円・5万円なら、レイクがおすすめ

すべての人にとって小口借入と言える「1万円・3万円・5万円」という金額帯。この金額だったら新生銀行カードローン・レイクがおすすめです。理由は「5万円まで180日間無利息」という融資システムがあるため。

半年間、まったく利息を払わなくていいということなので、一番の低金利です(というより無金利ですね)。レイクの金利は消費者金融レベルなので、他の銀行カードローンより断然高いです。しかし、この無利子期間があるので、実際に支払う利子総額は、一番少なくて済むわけですね。

ということで、1万円・3万円・5万円のような超少額借入をする人は、ぜひレイクで申し込むことをおすすめします。また、5万円を超える借り入れでも、「5万円部分のみ」自動的に無利息が適用されるので、心配ありません。

1ヶ月で完済できるなら、30日間無利息でも金利ゼロに

1万円~5万円のような小口キャッシングを、利息ゼロで借りられるのはレイクだけではありません。プロミス・アコム・楽天銀行スーパーローン(カードローン)なども「初回30日間無利息」で借りることができます。

この場合、1ヶ月で完済すれば、利息は完全にゼロになります。もっとも、1ヶ月で完済しないといけない…というわけではありません。1ヶ月をオーバーしたとしても、その31日を「1日目」として、利息のカウントが始まるだけです。

つまり、最初の30日分の利子は永遠に払わなくていいので、仮に1ヶ月で完済できなくても、トータルの利子総額は必ず安くなります。という点で、少額キャッシングの人でも、高額借り入れの人でも、できるだけ30日間無利息で借りられる業者・ブランド・銀行で借りた方がいい…と言えるでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシング総合人気ランキング