どこで借りれば総量規制の対象外でキャッシングできる?

ルール

2015.09.16

04

どこで借りれば、総量規制の対象外でキャッシングができるか。これは、下のような選択肢になります。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融のおまとめローン

…というものです。他にもいくつかありますが、多くの人に関係あるキャッシングの場合、この二つが総量規制の対象外になります。

銀行カードローンはなぜ、総量規制の対象外?

この理由は簡単で、もともと総量規制というのは「消費者金融のためのルール」だからです。つまり、銀行カードローンは最初から関係ないんですね。

総量規制が書かれている法律は「貸金業法」といいます。これは「消費者金融のための法律」で、銀行を縛ることはできないのです。銀行には「銀行法」という別の法律があり、そっちで規制されているんですね。

で、その銀行法には総量規制が規定されていないので、銀行カードローンだったら、年収の3分の1以上でも借り入れできる…ということです。もっとも、実際には年収の3分の1以上キャッシングできる人はあまりいないのですが…。(相当な信用度が必要ですからね)

消費者金融のおまとめローンは、なぜ総量規制の対象外?

この理由を説明するには、まず「おまとめローンの仕組み」から始める必要があります。おまとめローンというのは「借金を一本化する」ための専用のローンです。

借金の一本化は、ただ単純に「借金を移動させる」のではありません。それはできないのです。

理由は「A社の借金は、B社には関係ない」からです。あなたが「まとめたい」と言っても、こう言われるだけなんですね。

「ああ、そうですか。どうぞどうぞ。しかし、あなたの一本化はうちには関係ないので、うちの分は普通に完済してください」ということです。というわけで、あなたはまず「A社を完済する」ための資金を用意するのです。

多重債務者は、その資金が調達できない

で、そのお金をどこから用意するのか―。というと、多重債務者は用意できないのです。もう限界まで借金しているし、そもそも貯金もないからです。家族や友人から借りられるなら、最初から多重債務者にはなりません。

ということで、本当に借金の一本化が必要な多重債務者に限って、一本化ができない…というジレンマに陥るんですね。しかし、こうした多重債務者を救済しないと、キャッシング破産者がどんどん増えてしまいます。

というわけで、国が救済のために「おまとめローン」というシステムを法律で認めたのです。「借り入れの一本化をするときに限って総量規制を超えて融資をしてもいい」と。

それで生まれたのが「おまとめローン」なんですね。普段なら総量規制の対象になる消費者金融でも、おまとめローンに関しては「総量規制の対象外」ということです。

そのため、消費者金融が提供するおまとめローンには、必ず正式名称に「貸金業法に基づく」の一文が入っています。国・金融庁から正式に認められたおまとめローンですよ、という意味なんですね。

専業主婦は総量規制の対象だから、借りられないというのは?

無収入の専業主婦がキャッシングできないのは「総量規制の対象だから」という説があります。これは正解なんですが、少々複雑に言いすぎている感じがあります。

というのは、専業主婦が消費者金融で借り入れできないのは、ただ単純に「年収がないから」なのです。総量規制うんぬんはどうでもいいんですね。

総量規制は「年収の3分の1までしか借りられない」というルールです。そして、専業主婦の場合、そもそもこの「年収」がないので借り入れ不可なんですね。「3分の1」というのは関係ないのです。

ということで、普通に「年収がないから」といえばいいのですが、貸金業法で専門的にいえば「総量規制のルールによって…」ということになるわけです。

信販系なら、消費者金融でも借入可能なのはなぜ?

「専業主婦は消費者金融ではキャッシングできない」と言っても、実際には「大手の消費者金融」がダメなだけです。信販系カードローンだったらいいんですね。(セゾン、オリコなどです)

これはなぜかというと、総量規制とは別に「配偶者貸付」というルールが、キャッシング業界にはあるからです。これは「夫婦の年収を合算して審査する」というもの。これなら無収入の専業主婦でも「夫の収入で借りる」ことができるのです。

消費者金融でもこの「配偶者貸付」を適用すれば、専業主婦に融資していいんですね。というわけで、信販系カードローンは融資しているのです。

大手の消費者金融は自主的に融資していないだけ

しかし、アコム・プロミスなどの大手の消費者金融は、自主的にこの配偶者貸付をしていません。理由はそれぞれの業者によって違うでしょうが、「審査が複雑になる」「破産者が出る可能性がある」など様々でしょう。

ということで、大手の消費者金融は、実は本当は「専業主婦にも融資できる」のです。法律的にできないのではなく「自主的に、融資を控えている」だけなんですね。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング