信用金庫のキャッシングと消費者金融、比較するとどっちがいい?

比較

2016.01.18

218

信用金庫のカードローンと消費者金融を比較すると、どちらが得か―。まとめると、下のようになります。

  • 金利…信金ローンが安い
  • 審査…消費者金融の方が緩い
  • 審査スピード…消費者金融の方が早い

となります。要は、

  • しんきんカードローン…低金利
  • 消費者金融…申し込みやすい、早い

ということですね。銀行カードローンと消費者金融を比較する時と同じです。

信金の金利は銀行カードローン並

信用金庫のカードローンの金利は、大体銀行カードローンと同じです。実は信金ローンというのは、同じ信金の中でもたくさん種類があり、その種類によって、金利はそれぞれです。

しかし平均すると大体「5%~15%」程度になります。これは銀行カードローンの「4.5%~14.5%」というのとほぼ同じで、「信用金庫は、銀行カードローン並に低金利」といえます。

申し込みやすいのは、断然消費者金融

しかし、これは銀行カードローンと比較する時でも共通のパターンですが、「申し込みやすいのは、消費者金融」です。高金利な以上、当然審査の通りやすさや審査時間では有利になります。

たとえば審査にかかる時間を比較する場合、下のようになります。

  • 消費者金融…最短30分
  • 信用金庫…最短即日

…という具合です。しんきんカードローンの中でも審査時間が短いところはあるので、一概にはいえません。しかし、大体が「最短即日」というスピードで、信用金庫によっては「最短翌日」という場合もあります。

また、最短当日キャッシングの受付日時についても、断然消費者金融の方が長く、しんきんカードローンの方が短いです。ということで、最短当日借入に関しては、断然消費者金融の方が上だといえるでしょう。

審査通過率も、消費者金融の方が上

これも当然ですが、審査の通りやすさも消費者金融の方が上です。大体信用金庫の審査通過率は、銀行カードローンと同じ「20%~30%」と言われています。

消費者金融と違い、信用金庫はハッキリと審査通過率が公表されているわけではありませんし、カードローンをたくさん提供しているので、そのどのカードローンか、ということによっても審査通過率が違います。

ただ、平均すると大体「20%~30%」と考えてください。消費者金融の審査通過率が「40%~45%」なので、大体消費者金融の方がしんきんカードローンよりも「2倍審査に申し込みやすい」と考えていいでしょう。

信用金庫は、会員でないと借り入れ不可

もう一つ、消費者金融としんきんカードローンを比較した時に、信用金庫が不利な点があります。それは「信用金庫の会員でなければキャッシングできない」ということ。

消費者金融だったら、会員でなくても最短即日借り入れできます。というより、会員という制度が特に存在しません。ビギナーでもいきなり最短30分で最短当日キャッシングできるわけです。

一方、信用金庫は「会員である」「口座開設している」などの条件が必要。当日これらの手続きをして最短即日借り入れすることも可能ですが、時間がかかります。

申込み時間によっては最短当日融資が間に合わないことも多いため、急ぎでお金を借りる時には、断然消費者金融の方がいいでしょう。

信用金庫は、窓口で契約手続きをする

また、もう一つ信用金庫が消費者金融より不利な点として「窓口での契約手続きが必須」ということがあります。ネット申込みはできるのですが、その後で本審査として「来店契約」をしなくてはいけないのです。

ということで、必ず信用金庫の受け付けの人に「顔を見られる」し、狭い地域の場合「家族バレ・職場バレする」というリスクもあります。長年その地域に住んでいて、たとえば飲食店を営業している人などは、結構地元で知られていますからね。

 

という点で「地元で顔を知られている」という人の場合、しんきんカードローンで審査申込みをするのは、少々リスクがあります。こうした方の場合、普通に消費者金融か銀行カードローンで申し込みする方がいいでしょう。

店舗が遠い場合も、来店契約は不利

また、信用金庫の店舗が自宅から遠い…、という場合も来店審査はやはり不利です。ただでさえしんきんカードローンは「最短当日審査の受付日時」が短いですが、さらに出かける時間のマイナスが加わるので、最短即日キャッシングがさらに難しくなります。

急ぎで借りるのでなければいいですが、「今日中に借りたい」という場合は、消費者金融で申し込みした方が確実でしょう。また、小さいことですが、雨の日などに来店契約するというのは、精神的にも肉体的にも負担になります。

まとめ ~総合的に消費者金融がおすすめ~

こうして総合的に見ると、やはり信用金庫のカードローンよりも消費者金融の方が、多くの人におすすめです。そもそも信用金庫の本業は、

  • 個人の預金の管理
  • 地元の中小企業への支援

であって、「個人への少額融資」ではないのです。そういう「消費者に対する小口融資」は、文字通り「消費者金融」の方が有利なのです。そのために生まれたから、「消費者金融」という名前がついているのです。

今では「サラ金」と「消費者金融」はほぼ同義語になっていますが、もともとは「消費者に対する、迅速かつ柔軟な融資をする、金融業者」という立ち位置で、発生したものなんですね。

そういう由来からして消費者金融の方が、一般人の小口キャッシングでは有利なのです。ということで、ほとんどの人の借り入れには、消費者金融をおすすめします。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング