信用金庫と労働金庫のカードローン比較 ~どっちがいい?~

比較

2015.12.25

211

信用金庫(しんきん)や、労働金庫(ろうきん)のカードローンでも、お金を借りることができます。しんきんは特に銀行カードローンに近く、金利も審査スピードも似たようなものだと思ってください。

ろうきんは銀行カードローンより審査が厳しいです。代わりに、銀行カードローンよりさらに低金利になっています。

信用金庫や労働金庫で借りるのが向いている人は、

  • 信用金庫…すでに信用金庫を利用している
  • 労働金庫…融資が1ヶ月後でもいいので、低金利で借りたい

…となります。以下、詳しく説明します。

信用金庫と労働金庫のカードローンの比較

「しんきん」と「ろうきん」のカードローンを比較すると、違いは下のようになります。

条件 信用金庫 労働金庫
年齢 20才以上 18才以上
限度額 500万円 300万円
専業主婦 可能 不可
非正規雇用 不可 可能

それぞれの項目を解説していきます。

年齢条件は、ろうきんの方がゆるい

まず、審査の年齢条件については、ろうきんの方がゆるくなっています。この「18才以上」というのは、法律と一致した年齢制限で、当然違法ではありません。

では、なぜ信用金庫は「20才以上から」かというと、これは「未成年は、返済義務がない」というリスクがあるからです。つまり、未成年・10代の利用者は「返済できなくなったら、しなくてもいい」んですね。

というわけで、普通の消費者金融や銀行カードローンは、未成年には融資しません。信用金庫のカードローンも、それに倣っているということです。

限度額は信用金庫の方が多い

借入限度額は、信用金庫の方が多くなっています。財力的にはろうきんもしんきんもそれほど変わらないのですが、これは「目的」の違いでしょう。

ろうきんカードローンは基本的に「会員が、生活などで困った時に助ける」というのが基本です。「300万円」という限度額になっているのは「自宅のリフォーム」など、数百万円必要なケースもあるからです。

一方、信用金庫は、企業の融資に対しては「助け合い」の精神が基本です。しかし、個人へのキャッシングの場合は「ビジネス」という要素が強いので、このように「500万円」という大きめの限度額になっているのです。

(もっとも、みずほ銀行・横浜銀行などの1000万円に比較したら、微々たるものですが…)

信用金庫は専業主婦でもキャッシングOK

さらに、しんきんカードローンは「専業主婦でも借入可能」というメリットがあります。パート・アルバイトをしていない、無収入の専業主婦でもOKということです。

逆にろうきんカードローンは、専業主婦では借り入れ不可となっています。これについても、労金の場合は「世帯を応援する」という目的が強いので「別に専業主婦でなくても、夫・旦那が申し込めばいい」という意識なのでしょう。

ということで、専業主婦が借りたいならしんきんカードローンです。ただ、基本的に夫バレ・旦那バレ必至(配偶者の同意書が必要)なので、夫バレ・旦那バレ内容に借りたい人は、銀行カードローンで申し込むようにしましょう。

(銀行カードローンならバレません)

労働金庫は、パート・アルバイトもOK

逆にアルバイト・パート・フリーターなどの「非正規雇用」の人でも借入可能なのは、ろうきんカードローンです。しんきんカードローンは、こうした非正規雇用の人々では借りられないようになっています。

理由は、これもやはり「ビジネス」か「助け合い」か、ということでしょう。労働金庫は組合員の生活を互いに助け合う…というのが基本です。というわけで、非正規雇用の人こそ、むしろ助けるべき、という意識があるのです。

しかし、信用金庫は先にも書いた通り「ビジネス色」が強いです。ということで、フリーター・アルバイト・パートの人であろうと安定収入があれば融資するという、消費者金融や銀行カードローンと同じ方針を貫いているわけです。

(貫くなどというと、少々大げさかも知れませんが…)

審査スピードが早いのは、断然信用金庫

「即日借り入れしたい」「今日中に借りたい」という場合には、断然しんきんカードローンの方がいいです。というより、信用金庫一択です。

というのは、ろうきんカードローンの場合「借り入れまで、1ヶ月半かかる」からです。審査で1ヶ月で、さらに実際に手元にお金が渡るまでに、最長で1ヶ月半かかるのです。

消費者金融や銀行のキャッシングの速度と比較すると「冗談だろ」というスピードですが、本当にこのくらいかかります。そのため、当日融資を受けたいという場合には、しんきんカードローンしかないのです。

信用金庫なら、問題なく銀行カードローンのように当日借入できます。しかし、締切時間が少々早いため、翌日の融資になることが多いですが…。

金利で比較するなら、労働金庫

逆に「金利の安さ」で比較するなら、断然ろうきんカードローンがいいです。平均的な金利を並べると、

  • しんきんカードローン…15.0%
  • ろうきんカードローン…8.475%

となっています。労働金庫の方は、これに「保証料」というのがつくため、実際には、1.2%高くなります。しかし、それでも「約9.7%」であり、しんきんカードローンの「3分の2以下」の低金利となっています。

このように低金利な分、ろうきんカードローンは審査も厳しく、審査期間も長いわけですが、そのデメリットを受け入れられる人なら、労働金庫で申し込むのがいいでしょう。

まとめ ~信金・労金の比較~

最後に、信用金庫と労働金庫のキャッシングの比較をまとめます。

  • 金利…労金
  • 審査スピード…信金
  • 限度額…信金
  • 年齢制限…労金
  • 専業主婦…信金
  • 非正規雇用…労金

…となります。それぞれに該当する人は、自分に合っている方のキャッシングに、ぜひ申し込みしてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング