転職する前に、キャッシング審査を受けるのがおすすめの理由

銀行カードローン

2015.09.14

065

「転職する前に、先にキャッシング審査に申し込みしておくといい」―。ということが、たまに言われます。なぜ転職する前にカードローンに申し込みするのか。ここではその理由・メリットを説明します。

仕事がない状態だとカードローン審査に通らない

転職するにも「すぐに次の仕事に移る」こともあれば「しばらく間が開く」ということもあるでしょう。後者の場合、しばらく「無職」になるわけです。

となると、その期間カードローン申し込みはできません。「それがどうした」という人もいるでしょう。確かにたっぷりと貯金があるなら、まったく問題ありません。しかし、貯金が少なく、次の仕事に移るまでの間、生活がギリギリ…という人の場合、お金を用意する手段を考えることが必要です。

いつでもキャッシングできれば、ストレスが減る

ここではカードローンを推奨するのではなく「後方の不安を取り除く」ということをおすすめします。つまり「いざお金がなくなったら、いつでもキャッシングすればいい」という保険があると、ストレスなく転職活動に打ち込める、ということです。

「衣食足りて礼節を知る」とか「恒産なくして恒心なし」という言葉もあります。後者は「安定した収入があってこそ、心も安定する」というもの。どちらも中国古典の言葉ですが、紀元前から伝わってきた言葉だけに、真実だといえるでしょう。

ということで、転職活動をしている時は「お金がない状態」というのは、作らない方がいいのです。そのため、万が一お金が不足したら、いつでもキャッシングできる、という状態を作っておくことをおすすめします。

カードローン申し込みは、マイナスの履歴にはならない

日本人は借金を嫌う人が多いので、カードローンに申し込みをするだけで、その人の個人信用情報にキズがつく…と思っている人が多いようです。しかし、当然ですが「キャッシングを申し込んだだけで、クレジットヒストリーが悪化する」ということはありません。

あるとしたら「連続申込み」して、「全部審査落ちした」という場合だけです。普通に申し込んで審査に通る分には、特に悪化することはないのです。むしろ「SMBCモビットから認められた」などの信用できる実績が残るので、クレジットヒストリーとしてプラスになります。

ということで、消費者金融でも銀行カードローンでも、キャッシングの審査を受けたことが「マイナスになる」ということはないんですね。だから、必要ない時に申し込みするのも、別に悪くないのです。

いざという時にすぐお金を借りるのは難しい

このように「転職する前にキャッシング申し込みをしておく」ことをおすすめするのは「いざという時に、すぐお金を借りるのは難しい」という理由です。何でもそうですが「必要な時にすぐ用意する」というのは難しいのです。

何でも「事前の準備」が必要なんですね。キャッシングでいうなら、最短即日借り入れをしようと思うと、どうしても金利が高い消費者金融で借りることになります。銀行カードローンでも最短当日借入はできるのですが、やはり審査時間がかかるので、急ぎの時はみな消費者金融で借りるのです。

しかし、日頃からキャッシングできるように準備をしておけば、こういう時でも低金利な銀行カードローンで借りることができます。銀行カードローンにもいろいろありますが、金利が安いところほど、最短当日キャッシングがしにくくなっています。

低金利な銀行カードローンは、最短即日借り入れがしにくい

銀行カードローンの中でも特に金利が安いのは、下の銀行です。

  • みずほ銀行
  • イオン銀行

たとえばみずほ銀行は「土日・祝日・夜間の最短当日借入」ができません。イオン銀行はできますが、平日でも土日・祝日でも「イオン銀行の口座」が必要です。口座の当日開設はできないので、事前に口座がなければいけません。

…というように、低金利な銀行カードローンは最短即日キャッシングがしにくい…というのが現状です。もしカードローンの申し込みに抵抗があるようだったら「口座開設」だけでもしておくといいかも知れません。

これだったら、いざという時の最短即日借り入れも非常にやりやすくなります。前々からその銀行の口座を持っていた人の場合、信用度が高まり審査通過もしやすくなるので。

借り入れしていなくても「借りている事になる」ので注意

このように、いわゆる「幽霊会員」になることについて、一つデメリットがあります。それは「実際に借金していなくても、借り入れしていることになる」という点。

たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で申し込み、「50万円」の限度額をもらったとしましょう。そして、借り入れはしません。

しかし、この状態でも「Aさんは50万円借りている」という風に、与信状況では記録されるのです。なぜかというと「借りようと思えば借りられる」からですね。

もうこの限度額50万円については、三菱東京UFJ銀行は手を出せません(取り消しできません)。そのため、その次にAさんがどこかでキャッシング審査を受けたら、その業者は「この人、今は三菱東京UFJ銀行で借りてないけど、うちの審査が終わったら、借りるつもりでは?」と思うのです。

そうしてAさんが一気に借金したら、B社で新しく借りる分も返済しにくくなります。ということで、B社は「Aさんは三菱東京UFJ銀行から借りるとして、計算しよう」と考えるわけです。妥当ですよね。

ということで「借りていなくても、借りているものとして、計算される」わけです。つまり「次のカードローンやクレジットカードの申し込みで、限度額が小さくなる」ということですね(あるいは審査に落ちる)。

ただ、これは「次の申し込み」をしなければいい話なので、その予定がない人なら、特に問題ありません。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング