銀行カードローンの審査は「年収200万円」ないと通過できない?

銀行カードローン

2015.09.14

057

銀行カードローンの審査は「年収200万円ないと通らない」という評判が多いです。確かに年収200万円あった方が審査通過しやすいのは確かでしょう。

しかし、年収200万円ない人でも、銀行カードローンで借り入れすることは可能です。ここでは銀行カードローンの審査の「年収200万円の壁」について詳しく書きます。

なぜ「年収200万円が必須」と言われるようになったか

この理由は下の通りです。

  • 会社員・OLだったら、最低そのくらいの年収はある
  • フリーターは信用が低いので、そのくらいの年収は必要
  • オリックス銀行が昔、申し込み条件にしていた

…というものです。

OL・会社員なら、最低年収200万円はある

基本的に、会社員・OL・公務員だったら、最低でも年収200万円はあるでしょう。月収15万円だとギリギリ年収200万円に届かないかも知れませんが、それでもボーナスなどを合わせたら、何とか届くのではないかと思います(少なくとも、届く人が多数派です)。

ということで、この「年収200万円」という基準は、どちらかというと「会社員・OL・公務員である」という基準なんですね。年収よりも職業・属性を重視している結果、こういう基準になったのです。

フリーターの場合、年収200万円程度あった方が有利

上のように書いたものの、フリーター・アルバイト・パートでは借り入れ不可…ということではありません。ただ、これらの非正規雇用の場合、当然会社員・OLよりも高い信用が求められます。

その証としての「年収200万円」ということです。フリーター・アルバイトで年収200万円あったら、これは相当信用できますからね。

もちろん年収200万円が絶対必要というわけではありません。ただ、このレベルの人は、「まず審査落ちしない」のです。多くの人の体験談を集めた結果「年収200万円だったら、アルバイト・フリーターでも審査落ちしない」ということがわかり、「年収200万円が必要」という都市伝説が生まれたわけです。

オリックス銀行カードローンが申し込み条件にしていた

以前のオリックス銀行カードローンは「年収200万円」というのを申し込み条件にしていました。「年収200万円だったら審査に申し込みやすい」ということではなく「申し込み資格」として、年収200万円を設定していたんですね。

これは銀行カードローンや消費者金融の中でもかなり異例で、今では撤廃されています。ただ、そういうことがあったので「銀行カードローンでキャッシングするには年収200万円が必要」という説が強くなったのです。

年収100万円でも銀行カードローンでの借り入れは可能

…ということで、年収200万円あった方が確かに有利ですが、年収100万円でも十分銀行カードローンでの借り入れは可能です。ただ、下のような条件を満たす必要があります。

  • 現時点での借入総額が少ないか、ゼロである
  • たくさん借りて、たくさん返済している
  • 返済の遅延・延滞がない
  • 自宅情報が良好である
  • 勤続年数が長い

…という条件です。あげていったらまだまだありますが、これらの条件を一定レベルまで満たしていれば、年収100万円でも、銀行カードローンでの審査通過は余裕で可能です。

年収100万円だと、銀行カードローンでいくら借入可能か?

これは、大体「30万円」です。年収の3分の1までという貸金業法第13条の2第2項の規定に従えば「33万円」なので、まずこれが基準になります。そして、もう一つの基準として「銀行カードローンは、30万円以下の少額融資はあまりしたくない」というのがあります。

低金利な分「たくさん融資しないと、元が取れない」ということですね。その申し込み者のためにローンカードを発行したり、郵便物を送ったりするコストを考えると「30万円の融資」は必要なのです。

ということで、年収100万円でも「30万円融資して問題ない人」と判断されたら限度額30万円はもらえます。消費者金融の場合、限度額10万円というパターンもあるのですが、銀行カードローンでそれでは利益が出ないので、最低でも30万円から始まる…ということが多いです。

年収200万円の場合、銀行での限度額はいくらになるか?

逆に年収200万円の人の場合、銀行カードローンでの借入限度額はいくらになるか―。これはその人の借入・返済の実績によります。実績がいい人は最大で100万円借りられることもあるでしょう。

(事実、新生銀行カードローン・レイクのお借入診断をすると、年収200万円で入力すると「100万円までご融資可能」と出ます)

ただ、ここまでキャッシングできるのは例外的なケース。大体は年収の3分の1の70万円あたりで止まるでしょう。また、70万円借り入れできたら、大抵の人は十分だと思います。

もしこれ以上のお金が必要となったら、それは支出が多すぎる可能性があります。事業の資金や投資という場合もあるでしょうが、それだけ注ぎ込んで成功する見通しがあるのか、よく考えましょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング