少額(1~3万円程度)の単発借入はキャッシングがおすすめ?

消費者金融キャッシング

2015.07.24

port330

給料まであと数日なのに財布にお金が無い!銀行口座には引き落とし予定があって下ろせない!必要なのは1~3万円程度の少ない金額なのに・・・。そんな状況に陥ることは、だれでも一度は経験があると思います。

その時に、知人や友人、もしくは実家に一時立て替えをお願いする場合もあると思いますが、そういった際には「お金にルーズ」という印象を与えてしまう。

それが一生に一度であればまだ良いかも知れませんが、2度目、3度目は頼みづらいものです。
こういう状況で便利なのが、少額キャッシング。

キャッシングは1~3万円程度の少額借入に適している

1~3万円から数万円程度のキャッシングを利用することで、給料日前にお金が足りないというピンチも簡単にクリアすることができます。その様な場合には、どうすれば良いのでしょうか?

その解決法は、キャッシング・カードローンに申込むこと。

少額キャッシングも問題なく利用することができるようになります。
「キャッシング」「ローン」と聞くと、「借金」というイメージがあり、「人に知られたら恥ずかしい」などと心配になってしまうかもしれませんが、そういったイメージは実は単なる幻想なのです。

そして、キャッシングやカードローン会社では個人情報は完全に秘匿され、あなたがキャッシングを受けた事実はあなたしか知り得ません。そうなると、あなたの持っている「キャッシング」「ローン」「借金」というイメージだけが問題となるのですが、そもそもその考え方・前提が間違っているとしたらどうでしょうか。

借金は恥ずかしくない。借入と返済をしながら経済は回っている

現代社会において「借金」という概念は既に普遍的になっていて、当たり前の経済活動となっていて、「借金」イコール「悪」という図式は成立しません。

例えば、時々ニュースなどでも話題になりますが、日本という国自体も「国債」という形で「借金」つまりキャッシングを利用しています。もちろん世界一位の経済大国アメリカも当然「借金」があります。

日本の借金が「1000兆円を越えている」などと言われますが、実はそれ以上にアメリカなどにお金を貸しているので、借金と貸し出し金額を差し引けば、実はプラスになります。

ですので私達は何も心配せずに生活できるのです。

話が脇道にそれてしまいましたが、国でもそうやって借金を「利用」していますし、個人でも「クレジットカード」なども実は「借金」です。

クレジットカードは使用した日と支払日が別ですが、使用した時から口座引き落とし日まではクレジットカード会社に「借金」をしている状態です。

でも、クレジットカードを利用している人は誰も「借金している」という認識は持っていないはずです。
また、日本で家を買う時に大多数の人が「住宅ローン」に申し込みますが、もちろんこれも「借金」。しかし、住宅ローンを利用することを恥ずかしいと感じる人はほとんどいません。

つまり、「借金」というイメージは既に古いもので、恥ずかしいと考える必要はありませんし、現代社会ではより便利に生活するために「一時借り入れ」という形を有効に使っています。

数日間のつなぎに少額キャッシングを今すぐ利用

ですので、給料日までの数日間少額のキャッシングを利用することは、クレジットカードで買い物をするのと経済活動的にはほぼ同じことなのです。

また、当然のことですが、キャッシングやカードローンを行う会社は日本国法令で律せられていて、安全が担保されています。
ですので、誤ったマイナスイメージなどに左右されずに、安心してキャッシングやカードローンを利用することをおすすめします。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング