主婦がお金を借りるなら「銀行クレジットカードのキャッシング枠」も便利

銀行カードローン

2015.11.27

147

主婦の人がお金を借りる時には、「銀行クレジットカードのキャッシング枠」を利用するのもおすすめ。普段使っている銀行でクレジットカードを発行していたら、それにキャッシング枠が付いていることが多いです。それを使って借り入れする…ということですね。

銀行クレジットカードで借りるメリット

カードローンでなく、銀行クレジットカードで借りると何がいいのか―。メリットは下の通りです。

  1. 審査が必要ない
  2. 借入状況が悪くならない(借入件数が増えない)
  3. クレジットカードなら、ポイントやマイルが貯まる

…という3つのメリットです。以下、それぞれ詳しく説明します。

審査せずに、すぐに借りられる

当然ですが、現時点で使えるクレジットカードを持っているなら、その銀行クレジットカードは審査が終わっています。そして、それにキャッシング枠がついているなら、それもやはり「審査なしで使える」ということです。

目の前に「審査なしで借りられる方法」があるのに、わざわざ消費者金融や銀行カードローンで借りる必要はありません。審査が甘い業者・銀行を探すなら、「すでに審査に通っているカード」をそのまま使うのが、一番甘いに決まっています。

というわけで、むしろ銀行クレジットカードのキャッシング枠を「使わない理由がない」くらいないんですね。金利が高いならともかく、むしろ消費者金融よりは金利が安いです。使わない主婦の人がいるとしたら「うっかり忘れていた」くらいの理由でしょう。

借入状況が悪くならない

借入状況が悪くなるというのはどういうことか。これは「借入件数が増える」ということ。「別に、件数が増えても、トータルのキャッシングの金額は変わらないから、いいでしょ」と思うかも知れません。しかし、実は違うのです。

契約しているだけで「借入中」と見なされる

実はキャッシングの世界では「限度額30万円」という契約をしているだけで、「実際に借りていなくても」借りていると判断されます。箇条書きすると、下のようになります。

  1. 銀行クレジットカードのキャッシング枠を「30万円」持っている
  2. 実際に借りてはいない。ただ余裕が30万円あるだけ
  3. しかし、これでも「○○銀行から30万円借入中」と見なされる

「…はあ?」と思うでしょう。しかし、本当にそうなのです。銀行クレジットカードの場合、消費者金融などの純粋なキャッシングとはジャンルが違うので、必ずこうなるとは限りません。しかし、消費者金融などでこうした「余裕の限度額」がある場合、確実に「借入中」とカウントされます。

「なんで?」と思うでしょう。その理由を説明します。

融資した直後に、その人が借りまくる危険がある

たとえばあなたが消費者金融だとしましょう。そして、主婦が申し込んできました。彼女は、銀行クレジットカードから「30万円」借りることが可能です。

で、この主婦の年収などを調べると「30万円まではいい。それ以上は返済が難しい」ということがわかりました。あなたは30万円融資するでしょうか。

しないでしょう。理由は「うちが融資した後、銀行クレジットカードからも30万円借りるかもしれない」と思うからです。そうなると、この主婦の借入総額は一気に「60万円」になります。そして、返済不能に陥るリスクが高まるわけです。

「じゃあ、銀行クレジットカードの融資枠を、取り消してもらえばいいじゃん」と思うでしょう。その通りです。それはつまり「解約」ということです。「銀行クレジットカードを解約したら、うちから30万円融資しますよ」という形になるんですね。

つまり、これを逆に言えば「契約が残っている限り、借り入れしているものと見なす」ということになるのです。実際に借りていなくても「契約が続いている」というだけで「借入中と見なされる」という理由が、これでわかるかと思います。

つまり、消費者金融で借りると「多重債務者」になる

このように、銀行クレジットカードのキャッシング枠が残っている限り、それは常に「借入中」とカウントされるのです。そこに消費者金融などの追加の借り入れが加わったら…。

主婦本人は「一箇所からの借り入れ」のつもりなのに「二箇所から借り入れ=多重債務者」と見なされてしまうんですね。もちろん、その後何の審査も受けないなら特に問題ありませんが、何かの審査を受ける場合は不利です。

そうならずに済むというのも、銀行クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りるメリットの1つなのです。

参考:専業主婦(主夫)=無収入でもOKのおすすめクレジットカード

クレジットカードはポイントが貯まる

カードローンから借り入れしても、ポイントなどは何もつきません。ノーローンで楽天ポイントが貯まるなどのサービスはありますが、所詮大した数のポイントは貯まりません。

それよりも、クレジットカードの方がよくポイントがたまるのです。マイルの場合もありますが、何にせよ、還元率が高いのは断然銀行クレジットカードの方です。

というわけで、たくさんお金を使う人ほど、消費者金融などで借り入れするより、クレジットカードのキャッシングで借り入れした方がいいのです。そのため、銀行クレジットカードですでにお金を借りる融資枠がある場合、それをそのまま活用した方がいいんですね。

あくまで「すでに融資枠がある」場合

そもそも、銀行クレジットカードは「ショッピング枠しかない」ということも多く、現金を借り入れできる融資枠が、誰にでもあるとは限りません。もしなかった場合、申請することもできますが、その審査は1週間~10日ほどかかります。

こういう時は、消費者金融や銀行カードローンで普通に借りる方が即日借り入れできて、断然おすすめ。あくまで、ここまで書いた話は「すでにキャッシング枠がある場合」と考えてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング