信用金庫のカードローンのメリット・デメリット、まとめ

銀行カードローン

2016.01.11

205

信用金庫のカードローンのメリット・デメリットは、まとめると下のようになります。

■信金ローンのメリット

  • 比較的審査に通りやすい
  • 金利が低い
  • 全国の信用金庫のATMで、手数料無料で利用可能

■信金ローンのデメリット

  • 会員でなければ借り入れ不可
  • 会員になるのに出資金が必要
  • 担当区域外の信用金庫では申し込みできない

というのが、しんきんカードローンのメリット・デメリットです。以下、詳しく説明しましょう。

信用金庫のキャッシングの長所

信用金庫でキャッシングする長所・メリット―。この中で一番大きいのは、「低金利」ということでしょう。信金ローンの金利は信用金庫によってバラバラで、一概には言えません。しかし、大体「5%~14.5%」程度の金利になっています。

消費者金融の場合「4.5%~18.0%」ですから、消費者金融と比較すると、しんきんカードローンの方がかなり金利が安いと言えるでしょう。

信用金庫の金利の実例

参考までに、『さがみ信用金庫』のフリーローンの金利を一覧にします。さがみ信用金庫のカードローンは、フリーローンの中でもさらにたくさんの種類がありますが、一部を抜粋します。

  • 「自遊自財」…年5.1%
  • 「スーパーワイド」…年7.5%、9.5%、11.5%、14.5%
  • 「しんきんきゃっする」…6.0%~14.6%
  • 「しんきんカードローン」…13%
  • 「セレクト(公務員専用)」…7.0%

という風です。同じさがみ信用金庫のカードローンでも、金利が全然違うことがわかるでしょう。ただ、まとめると先にも書いた通り「5%~14.5%」程度だといえます。

銀行カードローンと比較すると

消費者金融と比較すると、信用金庫のキャッシングの方が低金利―。では、銀行カードローンと比較するとどうでしょうか。結論は「ほぼ同じ」です。

で、どちらの方が審査に通りやすいかというと、正直「利用実績による」というのが答え。つまり「日頃使っている銀行・信用金庫」で申し込むのが有利ということです。

強いて言うなら、楽天銀行スーパーローン・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは比較的審査に通りやすいと言われています。それ以外の銀行と信金ローンだったら、審査の難易度は「大体同じ」と考えていいでしょう。

全国の信用金庫のATMを無料で利用可能

もう一つ大きなメリットは「全国の信用金庫のカードローンを、手数料なしで使える」ということ。信用金庫のATMは全国各地に無数にあるので、非常に便利です。

銀行カードローンの場合「コンビニATMは無料が多いが、他の銀行のATMは有料がほとんど」というのが実態です。これと比較すると、しんきんカードローンの方が「ATM利用は便利」と言えるかも知れません。

もっとも、コンビニATMに関しては銀行カードローンの方が大体有利なので、総合的には互角かも知れませんが…。

信金ローンは非会員は借り入れ不可

しんきんカードローンは、会員でなければキャッシングできません。これは銀行カードローンでも「その銀行の口座を持っていないとだめ」ということがよくあるので、似たようなルールかも知れません。

しかし、銀行カードローンの場合、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン(レイク)などは、口座なしでも借入可能です。それと比較すると、やはり信金ローンのこのルールは、銀行カードローンよりも少々厳しいといえるでしょう。

会員になるのに、出資金が必要

銀行口座の開設だけだったら「1円入れる」だけでもOKです。しかし、信用金庫の会員になるためには「出資金」を出す必要があります。大体1000円~数千円出すのが普通ですが、これが少々面倒かも知れません。

別に1000円くらいいいじゃんという人も多いでしょうが「その1000円すらない」というピンチの人もいるでしょう。そういう人の即日キャッシングの場合、信用金庫は向いていないといえます。

もちろん、そういう「急ぎでお金を借りたい」という人は、信用金庫でも銀行カードローンでもなく、アコム・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融で申し込む方がいいでしょうが…。

担当区域外の信金では申し込みできない

これは小さいデメリットですが、信金ローンの場合「担当区域外の信用金庫では、キャッシングできない」という特徴もあります。ただ、これは特に問題ありません。

というのは「全国各地どこでも、担当の信用金庫が必ずある」からです。離島すらあるくらいなので、普通の本土の市区町村なら、ほぼ確実にどこかの信用金庫が担当していると考えていいでしょう。

必ず窓口での対面契約が必要

ただ、信用金庫のカードローンはネット申込みをしても、必ず「窓口で対面契約」する必要があります。

  • 直接店舗まで出向かないといけない
  • 窓口のお姉さんに顔を見られる

というのが、しんきんカードローンの申し込みのデメリットと言えます。しかし、店舗が近くにあって特に時間がかからず、対面で顔を見られても恥ずかしくない…。という人であれば、特に問題ないでしょう。


以上、信用金庫のカードローンのメリット・デメリット(長所・短所)をまとめました。すでに信用金庫を利用している方など、参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング