銀行キャッシングの限度額(極度額)は?10~50万円が多い

銀行カードローン

2016.02.15

201

銀行でのキャッシングの限度額についてまとめると、下のようになります。

  • 最高限度額…500万円~1000万円
  • 個人の限度額…10万円~50万円が多い

となります。以下、詳しく説明します。

個人の限度額は、10万円~50万円

上にも書いた通り、銀行キャッシングで個人が借り入れする時の限度額は、「10万円~50万円」ということがほとんど。借り入れする人の職業・属性によって、下のような個人の限度額が目安となっています。

  • 学生…10万円
  • 専業主婦…30~50万円
  • サラリーマン・OL…50万円~100万円

という風です。さらにそれぞれ詳しく説明します。

学生の極度額は、大体10万円

これは銀行カードローンだけでなく、アコム・プロミス・アイフルなどの消費者金融でも共通ですが、学生の初めてのキャッシングでは、大体極度額(限度額)が10万円になります。

これはいわゆる「お試し」のようなもので、学生キャッシングの場合、とにかく「信用できる人かどうか確かめてから」というスタンスなのです。もしこの10万円の返済をしっかり遅延・延滞なくしてくれたら、そこから極度額を徐々に増額していく…というやり方です。

学生以外でも、10万円スタートは多い

学生借入の場合だけではなく、フリーター・アルバイト・パートの人などでも、信用度が低い場合は「10万円の極度額からスタートする」ということはよくあります。

特にアルバイト・パート・フリーターの人で初めてキャッシングする場合、大体10万円の限度額になると思ってください。すべての業者・銀行がそうというわけではありませんが、多くの人の口コミ・体験談を集めると、そういう傾向が見られます。

専業主婦の限度額は30~50万円

学生に対して、無収入の専業主婦が銀行カードローンで借り入れする場合、極度額は「30万円~50万円」ということが多いです。一番多いのは30万円です。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行

など、これらの銀行キャッシングの場合、すべて「収入がない専業主婦の借入可能金額は30万円」と、統一されています。夫・旦那の収入がいくらであろうと関係ないわけです。「全員一律で30万円まで借入可能」と決まっているわけですね。

楽天銀行・イオン銀行なら50万円

これが楽天銀行スーパーローン・イオン銀行カードローンBIGになると、何と専業主婦でも「一律50万円」まで借入可能になります。自分の収入があるOL・サラリーマンに匹敵する金額ですが、このくらい、収入がない専業主婦でもキャッシングできるんですね。

ちなみに、大手の消費者金融では専業主婦は「借り入れ自体できない」というルールです。これと比較しても、いかに銀行カードローンが、専業主婦に対してやさしいかわかるでしょう。

(別に消費者金融が悪くて、銀行キャッシングが正しいというわけではありませんが)

ソニー銀行は「専業主婦は10万円まで」

余談ですが、低金利で人気のソニー銀行カードローンは、専業主婦キャッシングの場合「極度額10万円」となっています。かなり小さい金額ですが、「専業主婦は借り入れ不可」という銀行カードローンと比較すると、マシな方でしょう。

専業主婦融資が不可となっているのは、下の銀行カードローンです。(参考までに)

  1. 三井住友銀行カードローン
  2. オリックス銀行カードローン
  3. 新生銀行カードローン(レイク)

自分の収入がない専業主婦の方がお金を借りたい時は、これらの銀行カードローンを避けて申し込むようにしてください(その他の人にはおすすめのキャッシングですが)。

サラリーマン・OLは50万円~100万円

会社員・公務員などとして働いているサラリーマン・OLの人々の場合、50万円~100万円は借りられることが多いです。というのは、会社員であれば「年収200万円」は大抵あるもので、理論的には「70万円」まで借りられるからです。

総量規制というルールによるものですね。総量規制とは「年収の3分の1まで借りられる」という制限ですが、これに従えば、年収200万円のOL・会社員は「67万円」までキャッシングできるはずなのです。

だから、それよりもやや小さい「50万円」だったら、余裕でOKなわけですね。もちろん、余裕といってもあくまで計算上で、初めてのキャッシングの場合は、金融業者も警戒します。

それで50万円か、個人信用情報の記録によってはもっと低い金額からのスタートにもなりますが、基本的には50万円が多いのです。そして、これをお試し期間として、この間の借入・返済の履歴が良ければ、クレジットスコアが高まり、増額されていく…というルールです。

最高限度額は800万円が平均

最後に、銀行カードローン自体の「最高限度額」について書きます。これは「800万円」が基本。少ない銀行カードローンの場合500万円で、多ければ1000万円です。

  • 500万円…三菱東京UFJ銀行、りそな銀行など
  • 800万円…三井住友銀行、ソニー銀行、オリックス銀行、イオン銀行など
  • 1000万円…みずほ銀行、横浜銀行、ジャパンネット銀行など

という風です。800万円は書ききれないのですが、「1000万円・500万円」以外の銀行カードローンは、すべて800万円と思ってください(地方銀行は除く)。


…というように、最高限度額も合わせて、個人の限度額をメインに銀行キャッシングについて語ってきました。極度額で銀行カードローンを選びたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング