三井住友カード ゴールドローンはおまとめローンとしても利用可能

消費者金融キャッシング

2015.10.27

166

三井住友カード ゴールドローンは「おまとめローン(返済計画再編のための融資)」としても利用できます。「利用用途が自由」なので、返済計画の再編のために借り入れしても、かまいません。

ただ、「貸金業法第13条の2第2項の規定の対象」というのがネックです。銀行カードローンなら貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)ですし、消費者金融でも「おまとめ専用のコース」なら貸金業法第13条の2第2項の規定は受けないのですが、三井住友カード ゴールドローンはどちらでもないからです。

ということで、「年収の3分の1の範囲内」で、おまとめ資金を借りる…、ということはできます。もっとも、この金額の範囲内で借り入れを返済計画を再編するのは、少々難しいかも知れませんが…。

貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲内で、返済計画の再編をする方法

実は「貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲内でも、借り入れを返済計画を再編する」という方法があります。たとえば、下のような条件だったら可能です。

  • あと「10万円」借りられる
  • 多重債務の1つに「10万円」の業者がある

…という条件です。この条件なら、

  1. 三井住友カード ゴールドローンから「10万円」借りる
  2. その10万円で、業者Aを完済する
  3. 業者Aは消滅し、三井住友カード ゴールドローンに代わる

…となるわけです。そして、もう一つ業者Bが「10万円」だったら、また同じことを繰り返します。「三井住友カード ゴールドローンで借りる」→「業者Bを完済する」…という方法ですね。

こうすると、業者Bも潰れ、代わりに三井住友カード ゴールドローンの借り入れが「20万円」になります。「業者AとBを、返済計画を再編した」わけです。

1件ずつ「借り換えの連続」で返済計画の再編をする

…以下、この繰り返しです。こうして「まだ借入可能な金額」の範囲内で、それぞれの業者が潰せる金額だったら、こういう1件ずつの「借り換えの連続」で、返済計画の再編ができるのです。

というように、通常のおまとめローン(返済計画再編のための融資)と比較すると少々「地味」なやり方で手間もかかります。しかし、一応「貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲内」でも借り入れを返済計画を再編することはできる…というわけですね。

通常の「借り換え・乗り換え」にもおすすめ

上で少し「借り換え」と書きましたが、貸金業法第13条の2第2項の規定の対象でも「借入先の変更のための融資」としては普通に利用できるわけです。というわけで「今の借金を、低金利な三井住友カード ゴールドローンに乗り換えたい」という時にもおすすめします。

返済計画の再編をする場合、先にも書いた通り「少々複雑」なやり方をしなくてはいけません。しかし、借り換え・乗り換えだったら、もっと簡単に実行できます。

ということで、三井住友カード ゴールドローンを使って、今の借り入れを低金利にしたいという場合―。むしろ「おまとめローン(返済計画再編のための融資)」よりも「借入先の変更のための融資」として活用する方がいいでしょう。

おまとめローン(返済計画再編のための融資)の方が、審査が厳しくなる?

三井住友カード ゴールドローンは、おまとめローン(返済計画再編のための融資)として利用する方が審査が厳しくなるか―。これは、正直厳しくなります。というのは「おまとめローン(返済計画再編のための融資)だから」ではありません。「すでに、他の借金がたくさんある」からです。

これがもし、プロミス・アコム・アイフルなどが提供する「おまとめ専用のコース」だったら、問題ないでしょう。「おまとめ専用」ということは「多重債務者のためのキャッシング」なのです。借金総額が多いのは、消費者金融の側も覚悟の上でしょう。

しかし、三井住友カード ゴールドローンは別に「おまとめ専用」のサービスは何もしていません。先にも書いた通り「普通のキャッシングによって、小まめに借り換える」というのを、利用者が勝手に連続して行うだけです。

ということは、「多重債務者のための審査」ではないのです。「普通のキャッシング審査」をするんですね。それで「あ、この人多重債務だ」と思ったら、三井住友カード ゴールドローンも当然審査を厳しくするでしょう。少なくとも、通常より「審査が甘くなる・緩くなる」ということは、まずないでしょう。

借入可能金額が大きく、低金利なのが魅力

このように、申し込み方法が複雑だったり、審査が厳しかったりする三井住友カード ゴールドローンでの返済計画の再編。しかし、おまとめローン(返済計画再編のための融資)としての長所・メリット・利点は、十分に満たしています。

  • 借入可能金額…700万円
  • 金利(実質年率)…3.5%~9.8%

…という2つの条件です。つまり「金利が安い・限度額が大きい」ということです。おまとめローン(返済計画再編のための融資)というのは「返済計画の再編をして、金利を下げる」という目的もあります。その目的には、見事に合致しているキャッシング方法と言えるでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング