アコムで審査申込みする前に、3秒診断で簡単チェック!

消費者金融キャッシング

2015.09.10

acom-shindan

アコムの3秒診断で、借り入れ前のシミュレーションを

借入審査を受ける前に「実際に審査に通るか」という簡単なシミュレーションをしましょう。これはアコムだけでなく、どの消費者金融・銀行カードローンで借りる場合でも同じです。

アコムの場合は「3秒診断」という名前で、簡単な事前チェックができます。完全にこの仮審査通りになるわけではありませんが、大体の目安として、最初にやってみるといいでしょう。

アコムの仮審査(3秒診断)で聞かれる審査項目

アコムの3秒診断では、どんな審査項目が聞かれるのか。これは一覧にすると下の通りです。

  • 年齢
  • 性別・独身既婚
  • 他社借入状況

…と、実にこれだけです。「年収は必要ないの?」と思う人も多いでしょう。その疑問はしごくもっともで、本来は年収が必要なのです。

アコム以外の借入診断は、どこでも年収を聞く

アコム以外のキャッシング業者は、プロミスでもアイフルでもどこでも「年収」を聞きます。銀行カードローンも同じです。「なぜアコムだけは必要ないのか」というのは本当に謎ですが、とにかくこういうお試し診断になっています。

実際のキャッシング審査に通るかどうかは、当然「年収と現在の借り入れ」のバランスで決まります。他の条件もいろいろ必要ですが、メインはこの二つです。そのため、アコムの3秒診断で、なぜ年収を聞かないのか不思議でなりません。

こういう疑問点があるので、アコムの借入診断は「あくまで参考程度」にしてください(他の消費者金融でも同じですが)。

アコムの審査の「他社借入」に含まれる種別

借金にも当然「種類」があります。これをキャッシング審査の世界では「借入種別」といいますが、アコムの場合「他社借入総額」には「どの借入種別」が含まれるか見てみましょう。

アコムの審査で「他社借入」としてカウントされる借入種別は、下の通りです。

  • 消費者金融での借り入れ
  • 銀行カードローンでのキャッシング

主にこれだけです。そして、下の借入種別は除外します。

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン(マイカーローン)

他にも除外される借入種別は多くありますが、大体このようなタイプのものは、すべて除外されると思ってください。意外かも知れませんが「クレジットカードのショッピング枠」も、除外するんですね。

実際の審査では、含むこともある

一応「3秒診断」では、上のような借入種別になっています。しかし、実際の審査も必ずこれと同じとは限りません。本審査では「ショッピング枠もカウントする」ということもあり得るでしょう。

たとえば「あまりにもショッピングでの借り入れが多すぎる時」や「そちらで遅延・延滞をしている」などのケースですね。要するに「見過ごせない」とアコムが判断したら、本審査ではそれらも含まれる、ということです。

ということで、借入種別についても、アコムの借入診断と本審査の結果は違う部分がある…と考えてください。

返済シミュレーションについては、わかりやすい

年収を聞かない点など、あくまで「参考程度」のアコムの借入診断。しかし、非常に便利な部分もあります。それは「返済シミュレーションがしっかりしている」ということ。

「○○万円借りる」「毎月いくら返済する」などの条件を選ぶと、「その後の返済がどうなるか」を、すべて月次で追って示してくれるのです。これは非常に使いやすい返済シミュレーションです。

他の消費者金融の返済シミュレーションと比較しても、アコムは「一番優れている」というのが私の実感です。事前の返済シミュレーションをしっかりしたいという人は、他社で借りる場合も、アコムで先にやってみるといいかも知れません。

(金利はどこも大手なら同じなので。*プロミスだけ少し安いです)

アコム以外で「3秒診断」ができる業者・ブランド・銀行

お試し診断・借入診断は、どの業者・ブランド・銀行もやっていますが、ここではアコムと同じ「3秒診断」という名前でやっている消費者金融・銀行カードローンをまとめます。

  • プロミス
  • 山陰合同銀行カードローン「Duo」
  • オリコカードローン「CREST」
  • 北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」

「意外と少ないな」と思った方も多いでしょう。借入診断自体はほとんどの銀行カードローンやキャッシング業者がやっているのですが「3秒」という短時間でできるコンテンツが少ないようです。

「3秒って言ったのに、もっと時間がかかったじゃないか」と思われたら、イメージダウンになりますからね。その点、アコムやプロミスなどの大企業は、サーバーにしっかりと投資できるため、「3秒診断」と堂々名乗れるのでしょう。

たかがネーミング一つでも、このようにカードローン会社の実力が現れる、ということですね。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング