アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の金利・審査

消費者金融キャッシング

2015.09.10

acom-omatome

アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)の金利は高い?低い?

アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)の金利は、高くも低くもありません。良くいえば「バランスがいい」借り入れプランで、悪く言えば「中途半端」ということ。

たとえば「借入金額が小さい時」だったら、アイフルのおまとめローン(返済計画再編のための融資)「おまとめMAX」の方がいいです。そして「借入金額が大きい時」なら、プロミスの「おまとめローン(返済計画再編のための融資)」(愛称はなし)の方がいいです。

アコムはどちらの場合も「その中間」にあり「高金利とも低金利とも言えない」んですね。そのため「悪くはない」のですが、「特別おすすめすることもない」と言えます。

アコムの借換え専用ローンのメリットは?

では、アコムの借換え専用ローン(おまとめローン(返済計画再編のための融資))のメリットは何なのか。これはやはり「すでにアコムで借り入れがある」場合に「申し込みやすい」ということ。

申し込みやすいというのは「2つの理由」です。「審査時間が短い」「審査通過の確率も高い」ということ。理由を説明します。

アコムの利用実績があるので、審査に申し込みやすい

まず「審査に申し込みやすい」理由ですが、これは「アコムで返済の実績がある」ため。「この人は、実際のこのくらいの金額は返済できる」ということが確認できているので、これが一番、審査で有力なんですね。

(クレジットヒストリー・クレジットスコアと呼ばれるものです)

もちろん「それまでに、アコムの返済で遅延・延滞している」という場合は逆効果。むしろ他の消費者金融や銀行カードローンで申し込みした方が「マイナスの実績」がない分、通りやすいでしょう。

個人情報の審査が終わっているので、時間・手間が少ない

さらに、すでに普通のキャッシングの審査の時に「個人情報の審査」が終わっています。勤務先情報・自宅情報などを、すでに審査済みということですね。

というわけで、おまとめローン(返済計画再編のための融資)の審査でも「新たに審査する部分」が大幅に少なくなります。「他社借入状況」と「個人信用情報」だけでいいんですね。

というわけで、審査時間も大幅に短くなりますし(他社のおまとめローン(返済計画再編のための融資)と比較して)、申し込む自分の側も、手間がいろいろ省けます。

このように「すでにアコムで借りている」人が返済計画の再編をする場合、アコムの借換え専用ローンを利用する価値は、大きいでしょう。

借入先の変更のための融資にもおすすめ

また、アコムの借換え専用ローンは名前通り「借入先の変更のための融資」としても利用できます。これらは返済計画の再編ではなく「単純に、他社から借り換える」ということですね。

大手の消費者金融の金利はどこも同じなので、たとえばSMBCモビット・アイフルなどから借り換える場合、特に意味・メリットはありません。しかし、たとえば中小業者の消費者金融から乗り換えるという場合、これはメリットがあります。

独自審査の業者からの乗り換えは、低金利になる

たとえば「独自審査の業者」の場合、金利は「実質年率20%」が多いです。アコムは「18%」なので、9分の1…つまり「約12%」安くなるということです。

「1割引き以上」ということですね。かなりの低金利になるということがわかるでしょう。さらにわかりやすく言うと、20%という金利は、アコム・プロミスなどの大手の消費者金融の「遅延した時のペナルティ金利」です。

「ペナルティ金利がいつもかかっている状態」から、「普通の金利」になるので、大幅に安くなるというのがわかるでしょう。

アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)の審査は、収入証明書がいる

アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)の審査の注意点。これはまず「収入証明書が必ず必要」ということ。通常のアコムのキャッシングだったら「50万円までは収入証明書なし」で審査に通るのです。

しかし、おまとめローン(返済計画再編のための融資)の場合は「借入金額がいくらでも収入証明書が必要」ということなんですね。実際、返済計画の再編をするときに「総額が50万円以下」ということはまずないですし、どの道50万円以上ということは、収入証明書を提出することになるでしょう。

借換え専用ローンの審査で認められる収入証明書

アコムのおまとめローン(返済計画再編のための融資)(借換え専用ローン)の審査で、「収入証明書」として認められる書類は下の通りです。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 税類通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書

…というものです。これらが主だった「給与証明書」ですが、これら以外でも認められる書類は多くあります。もし他の書類を出そうとしている申し込み者の方がいたら、アコムの借換え専用ローンの公式ページで、詳しく確認してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング