オリックス銀行カードローンは最短当日中の審査・借り入れも可能

ルール

2015.09.10

orix-sokujitsu

オリックス銀行カードローンは最短即日融資・最短当日審査にも対応しています。「オリックス銀行の口座がなくても借入可能」という条件なので、他の銀行を使っている人でもOK。

土日キャッシングの場合「オリックス銀行・ジャパンネット銀行の口座」があれば可能です。土日の最短即日借り入れの場合は少々難しいかもしれませんが、平日だったら簡単に最短当日借入できるでしょう。

少額融資の時、オリックス銀行は最短即日借り入れしやすい

オリックス銀行カードローンの最短即日融資は、プロミス・SMBCモビットなどの消費者金融のように「確実にその日中」というわけではありません。「早ければ最短即日」ということで、最短当日借入できないこともあります。

しかし、たとえば30万円以下のような「少額融資」の場合、最短当日審査&最短即日借り入れできる確率は高くなります。個人でも企業でも、リスクの少ない少額の融資だったら、簡単に決断できるからです。

ということで、オリックス銀行で急ぎで借りたい時は「できるだけ少額」で申告するようにしましょう。

オリックス銀行の口座がある方が、審査時間が短い

オリックス銀行カードローンの最短即日審査の強みは「オリックス銀行の口座がなくても大丈夫」ということ。しかし、当然ですが「口座がある」人の方が、審査にかかる時間は短くなります。

これはオリックス銀行に限らずどの銀行でも同じです。口座開設が済んでいるということは「すでに住所確認などが住んでいる」ということです。郵送によって「実際に本人がそこに住んでいる」ということが、確認できているわけですね。

しかも銀行口座の利用実績まであれば「この人は架空の人物ではなく、確かに活動している、実在の人間である」ということが証明できます。ということで、オリックス銀行の口座を持っていて、利用実績が長いほど信用度が増し、カードローンの審査も通りやすくなるのです。

オリックス銀行は、土日・祝日でも最短即日借り入れ可能

オリックス銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日でも、最短即日キャッシングできます。ただ、土日・祝日の場合は平日とは違い、条件があります。

「オリックス銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座を持っている」という条件ですね。これを満たしていれば、オリックス銀行カードローンは土日融資も可能です。

オリックス銀行の口座は当日開設できるか?

「オリックス銀行が必要というなら、当日口座開設すればいいのでは?」と考える人もいるでしょう。結論を言うと、これは残念ながら不可能です。

口座開設の手続き自体は、オリックス銀行のサイトで当日中にできます。しかし、その後口座番号やパスワードなどが書かれた郵便物が届くまで、待たないといけないんですね。

このオリックス銀行からの郵送物が届くまでの日数は、大体1週間前後です。ある人の体験談を読むと、8日間でした。

ということで、カードローンの申し込みをする当日に、同時にオリックス銀行の口座開設もする…というのは不可能なんですね。そのため、オリックス銀行の口座を持っていない人で、土日に最短当日借入したいという場合、他の銀行カードローンで申し込むようにしましょう(あるいは消費者金融か)。

ジャパンネット銀行は、当日口座開設できるのか?

「ジャパンネット銀行の口座でも土日借入できるなら、ジャパンネット銀行で口座開設して、それからオリックス銀行に申し込めばいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、残念ながらジャパンネット銀行の口座開設も「最短5日」という日数が必要。ということで、こちらも当日口座開設して、そのままオリックス銀行のカードローンに申し込む…ということができません。

何時までに申し込めば、オリックス銀行は最短当日借入可能?

何時までの審査申込みで、オリックス銀行カードローンは最短即日借り入れできるか―。これは「ジャパンネット銀行・オリックス銀行」に振り込むか、「他の銀行」に振り込むかで違います。

他の銀行口座に振り込む場合、銀行が閉まる15時よりも前に振込手続きをする必要があります。そのため、大体14時には審査完了していないといけません。14時に審査完了ということで逆算すると「午前中には申し込みが必要」となります。

もし正午寸前に申し込みした場合、審査時間は「2時間」なので、銀行カードローンとしてはかなりギリギリ。念のために「午前10時」くらいまでには、審査申込みするべきでしょう。

オリックス銀行・ジャパンネット銀行の場合、24時間振り込み可能なので、もっと遅くても大丈夫です。こちらは大体17時までに審査完了すればいいので、14時程度には申し込む…と考えてください。

オリックス銀行カードローンの最短即日融資の流れと、審査日数

ここまでも、オリックス銀行カードローンでは最短即日融資ができることと、それが急ぎでお金が必要な人にとって非常に便利である…ということを書いてきました。ここからは、その中でも特に「審査日数」「最短即日融資の流れ」という2点に焦点を当てて、オリックス銀行カードローンの最短即日融資について、詳しく解説していきます。

審査日数は、ほとんどの場合「最短即日融資」

まず、オリックス銀行カードローンのキャッシングについては、審査日数をほとんど論じるまでもありません。というのは、ここまでも書いてきている通り、「最短即日融資」でキャッシングをすることが出来るからです。つまり審査日数も何も、そもそも最短即日融資なので「一日」というのが基本なんですね。絶対に最短即日融資ができるというわけではなく、あくまで「最短即日融資」ということです。なので、最短当日キャッシングをできない人、最短即日審査をできない人というのも、当然存在します。

ただ、それはたとえば、下のようなケースであって、これを見れば誰でも「それは最短即日融資できなくても仕方ない」と納得するでしょう。

  • そもそも、審査に通らなかった
  • 申込み時間が遅かった
  • 数百万円など、かなりの高額融資を希望している

当然ですが、どんな消費者金融・銀行カードローンで申し込みをしたとしても、やはり審査に通らない人はいます。これは最短即日融資ができるできない以前の問題です。r

また、どれだけオリックス銀行カードローンなどの銀行や消費者金融の側が最短即日融資の体制、最短当日審査のシステムを整備したとしてもそもそも、利用者の申込み時間が深夜や夜間など遅かった場合には、最短即日融資のしようがないというのも理解していただけるでしょう。このような意味から「あくまで最短即日融資」ということなんですね。

逆に言えば、このような「どう考えても、最短即日融資には該当しない」という方でなければ、オリックス銀行カードローンでの審査日数は、基本的に「一日」となるわけです。(当日中ということですね。)

オリックス銀行カードローンのキャッシング審査の流れ

続いて、オリックス銀行カードローンの最短即日融資が「どのような審査の流れによってなされるのか」ということを説明していきます。(オリックス銀行カードローンの最短当日審査・キャッシングの流れについては、ここまでも書いてきた部分がありますが、急ぎでお金を借りたい人にとって特に重要なポイントなので、再度説明していきます)

基本的にはインターネット申込を午前中にして、その後は本人の携帯への確認電話や勤務先への在籍確認の電話などの連絡を受ける、身分確認資料を提出するなどの流れになります。実はこれらの順番は、その申込者の状況・シチュエーションによって変わることがしばしばあるので、何とも言えません。

たとえば、職場への在籍確認の電話については、ほとんどの場合は「本人の携帯への確認電話をかけて、その中で勤務先・職場に電話をしていいかどうかを確認する」という風になっています。それから会社への在籍確認の電話をかける…という流れですね。

しかし、当然ながらオリックス銀行カードローンも含めて、すべての消費者金融・銀行カードローンがこのような流れで電話連絡をすると決まっているわけではありません。また、仮に「オリックス銀行カードローンはこのような流れで在籍確認の電話をかける」という風に決まっていたとしても「申込者によっては、あるいは審査の申し込み状況によっては、流れが変わる」ということもあります。

これはどんな仕事・サービスでも同じことなので、働いている方だったら理解できるでしょう。なので、特に会社への在籍確認の電話に関しては、オリックス銀行カードローンでもどこでも「どのような流れでかかるかは、大体の基準しかわからない」というのが、一番確かな結論になります。

また、身分証明書の提出については、インターネット申込とほぼ同時に送信します。収入確認資料は原則として不要ですが、もしオリックス銀行カードローンの側で「この人は年収確認資料の確認も必要である」と判断した場合には、審査の流れの中に「所得確認資料の提出」も必要となるので、その点は重々承知して下さい。

審査通過から融資までの流れ

審査日数は最短即日が基本ということを書いてきましたが、そのように最短即日融資ができると決まったとして、オリックス銀行カードローンでは審査通過をしてから最短即日融資に至るまで、どのような流れになっているのでしょうか。これは、「ローンカードの発行によってお金を借りる」ということが、アイフル・SMBCモビット・アコムなどの消費者金融や、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などのようにできないので、その点でオリックス銀行カードローンの審査完了から最短即日融資までの流れはシンプルです。

  • 平日の日中…持っている銀行口座に最短即日振り込みしてもらえる
  • 平日の夕方や、土日・祝日…オリックス銀行の口座に振り込みしてもらえる

このようなシステムになっています。オリックス銀行の口座を持っていない人の場合は、銀行が振込システムを稼働させている平日の日中しか最短即日振込ができないということですね。一方、オリックス銀行の口座同士であれば、土曜日・日曜日や夜間でも最短即日振込が反映されるので、上のような流れになるわけです。

ただ、「オリックス銀行の口座なら24時間振り込める」にしても「審査するオリックス銀行カードローンのスタッフさんの就業時間」という都合があります。営業時間ですね。それが大体17時とすると、オリックス銀行の口座に振り込んでもらう場合であっても、やはり17時が最短即日融資の限界の時間…ということになります。なので、その17時までに審査完了しているということを考えると、どんなに遅くても14時には審査の申し込みが必要ということになるでしょう。

(これはあくまで最短の場合なので、基本的にはやはり午前中に申し込みをすべきだと考えますが)


以上、オリックス銀行カードローンで最短即日融資を受ける時の審査日数や流れなども含めて、オリックス銀行カードローンでの最短即日融資について解説してきました。最短当日キャッシングをしたいというニーズはいつの時代、どのような職業・属性の人にも多くあります。パート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用の方々はもちろん、しっかりとしたお給料をもらっている会社員・OL・公務員の方々でもやはり最短即日融資が必要になる場面・シチュエーションはたくさんありますし、年収1000万円を超えるような高額所得者の方々でも、意外とキャッシングを利用している、お金が必要になるということはよくあるのです。

なので、身の回りの方々も、オリックス銀行カードローンなどの銀行キャッシングも含めて、アイフル・ノーローン・アコム・SMBCモビットなどの大手の消費者金融も利用していることが意外と多いという風に考えて下さい。そのような多くの方々のニーズに答えるために、審査日数が一日だけ(当日中)という最短即日融資のシステムは、オリックス銀行カードローンも含めて、ほとんどの金融機関・キャッシング業者などが、流れとして取り入れているということです。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング