カードローンの契約期間内に返済できないとどうなる? ~強制解約・退会など~

ルール

2016.03.29

213

カードローンには「契約期間」があります。これは「一定期間内に返済しなさい」というルールです。つまり「毎月の返済日を守るだけ」ではダメなんですね。

とは言っても、カードローンの返済期間はそれほど厳しいものではありません。大抵は「普通に返済していれば、余裕で完済できる」という長さです。というわけで、よほど返済の遅延・延滞をしている人や、追加の借り入れを繰り返している人でなければ、特に問題ありません。

契約期間で完済できないとどうなる?

もし契約期間内で完済できなかった場合、どうなるか。ポイントをまとめると下のようになります。

  • 返済状況が悪い場合、最悪強制解約
  • やや悪い場合は「新規借入」のみ停止
  • 返済状況が良い場合は、そのまま継続

という風です。ちょうど「松竹梅」のような感じですね。以下、それぞれ説明します。

強制解約・強制退会になる場合

返済の遅延・延滞があまりに多かったり、遅れる時も事前連絡がない、電話がつながらないなどの問題が多い場合、強制解約や強制退会になる…ということもあります。

ここまではめったにありませんが、相当悪い場合と考えてください。返済さえしっかりしているのであれば、カードローンの利用者というのは、消費者金融や銀行にとって貴重な「収入源」です。(言い方は少々悪いですが)

ということで、そうそう簡単に強制退会・強制解約にするということはないんですね。なので、ここまで行くというのは「よほどのケース」です。

「新規借入のみ停止」ということも

強制解約するほど悪質な利用者でなければ、「新規借入のみ停止」という処分になることもあります。つまり「返済だけしてくれ。しばらく融資はしない」という宣言です。

これも永遠に続くわけではありません。しばらく返済をさせてみて、延滞・遅延することなく返済できていれば、「新規借入も再びできるようになる」ということが多いです。

ブラックと言われる利用者の場合も、大体はこのくらいの措置に収まります。ということで、退会・解約のリスクは、あまり気にしなくて大丈夫です。

返済状況が良い場合は、そのまま継続

また、当然ですが返済状況が良い人の場合、そのまま契約が継続します。カードローン会社としても、しっかり返済してくれるのであれば、むしろ「長期間借りっぱなし」の人の方がありがたいのです。

(どんどん利息を払ってくれますからね)

「しっかり返済していたら、借り入れ期間をすぎることはないのでは?」と思うかも知れません。その通りです、本来は。しかし、下のようなケースでは、「期間内に完済できない」ということも起こるんですね。

  • 期間内に追加の借り入れをした
  • 毎月「最低返済金額」だけを返済した

というケースです。それぞれ詳しく説明しましょう。

期間内に追加のキャッシングをした

当然ですが、返済する度に追加でキャッシングしていたら、借入残高はいつまでも減りません。カードローンというのは、一度もらった限度額の中で何度でも借り入れできるので、こういうパターンは多いのです。

借入限度額の余裕=自分のお金と勘違いしてしまう利用者が多いんですね。というわけで、返済して余裕ができるたびに、また借り入れする…というパターンが常習化している利用者が、結構いるのです。

というわけで、こういう消費者の場合は、契約期間の中で完済することは難しくなります(それでもできる場合が多いですが)。

毎月「利息」だけを返済するとどうなる?

キャッシングでは毎月の「最低支払額」が決まっています。「毎月2000円は最低でも払え」というような内容ですね。ただ、これは利息だけでなく「元本の返済」も含まれています。

「利息を払いながら、徐々に元金も減らしていく」ということですね。当然ですが、こうして借金は徐々に完済されていくのです。

しかし、実はこの最低支払金額より「さらに下の金額」もあるんですね。というのは「元金を減らさず」「利息の返済だけ」すればいいのです。

つまり最低支払金額が2000円だったとしても、利息が1000円だったら、最悪「1000円の支払いだけ」でOKなんですね。これは返済日に間に合わない時などに、業者・ブランド・銀行に電話すると言われます。

何なら、今回は利息だけでもOKですよ、という風に言われるわけです。あくまで事前連絡が必要ですが「利子だけ」の返済も、このように可能なんですね。

利子だけだと、返済は永久に終わらない

当然ですが、「利子だけ支払っている」という場合、返済はいつまでも経っても終わりません。というわけで、こういう返済のパターンにハマってしまっている人も、契約期間内に完済できない可能性が高くなります。

というように、ここまで上げてきたような特殊なケースだと、「契約期間で返済が終わらない」ということもあるでしょう。しかし、大抵の人はそこまでゆっくり返済はしないと思うので、基本的に大丈夫だと思ってください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング