1万円・2万円・3万円を即日融資!今すぐ今日中にキャッシング出来るおすすめは?

消費者金融キャッシング

2015.09.11

11

1万円・2万円・3万円…、というようなごくごく少額のキャッシング。これはかなり多くの人に需要があり、誰もが一度は「あと2万円あれば…」などと思ったものでしょう。

カードローンでこのような「超少額借入」をする人も、結構います。「限度額1万円」というような設定はありませんが、「限度額10万円」の中で、自主的に「1万円だけ借りる」…というようなやり方ですね。

5万円未満なら、新生銀行カードローン・レイクが一番

このような5万円未満の超少額キャッシングの場合、一番おすすめの業者・銀行は「新生銀行カードローン・レイク」です。理由は「5万円まで180日間無利息」というルールで融資しているため。つまり、1万円・2万円・3万円だったら「半年間、完全に無利子」ということですね。

誰だって利息は払いたくないでしょうから、これはすべての利用者にとってメリットになるはずです。もちろん、それでレイクの審査が厳しかったらデメリットも大きいですが、レイクの審査は銀行カードローンの中では一番簡単で、一番審査に通りやすいです。

ということで、特にレイクで借りたくない・借りられないという事情がなければ、1万円~3万円の小口借入の場合、新生銀行カードローン・レイクをおすすめします。

1万円・2万円・3万円を1ヶ月借りた時の利息

1万円・2万円・3万円の利息は、1ヶ月借りた場合はどうなるのでしょうか。一覧にすると、下のようになります。

  • 1万円…150円
  • 2万円…300円
  • 3万円…450円

…というように、完全な小銭です。これは「消費者金融」の場合の利息総額なので、銀行カードローンだともっと安くなります。

  • 1万円…120円
  • 2万円…240円
  • 3万円…360円

こちらはさらに小銭です。消費者金融で借りても銀行カードローンで借りても、1万円~3万円という超少額融資の場合、利息はほとんど気にしなくていい…ということがわかるでしょう。

1万円~3万円なら、親や家族・友達に借りるのもあり

そもそも、1万円~3万円というような「ごく普通の金額」で、そんなに深く考える必要もないんですね。確かに「誰にも頼れない」という状況だったら、どの業者・銀行から借りるか…ということを考えないといけません。

しかし、もし親・家族・友達などから借りられる場合、そちらで借りてしまえばいいわけですね。簡単すぎる結論かも知れませんが、実際そうなのです。

キャッシング地獄は、簡単なことができない人が陥る

キャッシング地獄に陥る人というのは、何も特別なことをしていたわけではありません。確かに競馬・パチンコなどのギャンブルにハマったり、夜遊びなどにハマって破滅する…ということもあるでしょう。

しかし、どちらかというと、もっと「普通の人」が多いんですね。1万円・2万円・3万円という少額のお金を「ちょっとだけ借りよう」と思って、怖がりながらキャッシングを申し込んでみたら、予想外に簡単に借りられてしまった。

そして、1万円~3万円程度の少額だったら、利息もほとんどかからない―。追加で借りてもやはりそれほど大したことない…、というのに気づくと、あとはどんどん、追加で借り入れしてしまうのです。

そうして借金総額が30万円を超えたあたりから、徐々に利息の支払いが厳しくなり、その月の返済日を切り抜けるために別の業者・銀行から借金をし、そのままズルズル…。というパターンが非常に多いのです。

3万円未満の超少額借入は、割れ窓理論が当てはまる

「割れ窓理論」というのは、「小さい悪事をなくすと、大きな悪事もなくなる」という理論です。「神は細部に宿る」という格言と似ていますね。

ニューヨークの犯罪をなくすために「小さな割れ窓も放置しない(あるいは割る犯罪者も逃さない)」というスタイルで、徹底的に小さい犯罪でも取り締まった。そして治安が劇的に良くなった…ということから来ています。

1万円・2万円・3万円という超少額借入も、まさにこれです。別に親や友達から借りなくてもいいですが、こういう小さい借り入れの段階で「一気に完済する」「少額だからといって油断しない」という意志を強く持つようにしましょう。

そうしておけば、いわゆるカードローン地獄などにハマることもなく、多重債務に陥ることもなく、計画的にキャッシングを利用することができます。これから3万円以下の少額キャッシングをする人は、ぜひ意識してください。

今すぐ即日融資で3万円借りたい!という場合

今すぐ、今日中にお金を借りたい!という場面でも、1万円だったら家族や友人に借りる…ということは可能でしょう。しかし、3万円となるとなかなか難しいはずです。急に「3万円貸して」と言われても、貸してくれるような友達・知人・兄弟・親などは、やはり少ないでしょうからね。

(仮に3万円すぐに借りられたとしても、あれこれ理由を聞かれたり、何か代わりに頼み事をされたりと、厄介なことが多いでしょう。)

そのような場面(1万円や2万円でなく、3万円以上の少額借り入れの場面)になると、やはり消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングのサービスを利用する…というのが一番です。それはここまでも書いてきた通りです。

つまり、銀行カードローン・消費者金融などの最短即日融資が特に必要になる金額は、同じ少額キャッシングの中でも「3万円以上」がメインとなります。そのため、この段落からは「3万円を今日中にキャッシングする」「今すぐ3万円借りる」というようなテーマで情報をまとめていきます。

最短即日融資のシステム自体は、問題ない

まず、大手の消費者金融・銀行カードローンであれば、最短即日融資のシステム自体はまったく問題なく整っています。つまり審査の通過をできるだけの信用度・クレジットスコアさえあれば、今日中に3万円借りるということは、問題なく可能ということです。審査に通るかどうかは別ですが、審査を通過できるなら、今すぐ3万円キャッシングをするということは、特別難しくないということですね。

そして、3万円という少額なので、例えば30万円とか50万円というような高額借入をするのと違い、審査を通過するのもそれほど難しくはありません。比較的審査通過率が高くなるということですね。

ただ、ここで重要なのは「今日中に借りたい金額は3万円だけであっても、実際には10万円借りられるだけのクレジットスコア(信用度)が必要」ということです。この理由を説明します。

最短即日融資の金額は、最低10万円から

キャッシングを提供する消費者金融・銀行カードローンも、当たり前ですがビジネスなので、最低限赤字にならない程度の利益率にする必要があります。つまり、ある程度利息収入を見込めるような最短即日融資しか、対応できないわけです。

ということを考えるとどんなに申込者が少額融資を希望していたとしても、実際に設定する最高与信枠は、最低でも10万円は必要ということですね。これ以下の5万円や3万円というような超少額では、融資するプロミス・アイフル・アコムなどの消費者金融、あるいは楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行キャッシングの側にとって、利益がまったく出ないわけです。(それはわかりますよね)

ということで、「借りたい金額、最短即日融資を受けたい金額は3万円だけです」ということで申し込みしたとしても、実際には「この人なら、10万円即日融資してもいい」と銀行カードローン・消費者金融の側が感じるような人でなければ、審査に通ることは出来ないということです。

なので、3万円の小口キャッシングをする場合でも、実際には「10万円借り入れ・借金をするだけの、クレジットスコア(信用度)が必要」という風に理解して下さい。

「最短30分」で審査できることは、実は少ない?

大手の消費者金融や、静岡銀行カードローン「セレカ」、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの大手の銀行キャッシングの場合、「最短30分」という審査の所要時間になっています。これは単純な審査作業の時間だけを言っているので、実際の融資までの手続きなどもすべてトータルすると、「最短60分」程度になることが多い…と言われています。

つまり、大手の消費者金融・銀行カードローンであれば最短1時間で即日キャッシングができるわけですが、実は「最短30分」で審査が完了することは、大手の銀行カードローン・消費者金融であっても割と珍しく、実際には審査だけで1時間程度はかかることが多いということです。つまり、あくまで「最短は最短」ということですね。基本的には、もう少し長い審査の所要時間になる、ということです。

具体的にどのような人であれば「最短30分」で審査を通過できるのかというと、あくまで一例ですが、下のような条件を満たしているような人になります。

  • 明らかに高収入である
  • 職業が安定している
  • 他社借入がない
  • クレジットヒストリーが良好である
  • ブラックリスト入りしていない(当然ですが)
  • 勤続年数が長い
  • 自宅の居住年数が長い
  • 自宅が持ち家や、自分名義である

このように、書き出したらいくらでもありますが、「全体的に、審査情報の内容が良好である」という人の場合、早く審査が完了するので、「最短30分」で即日キャッシングができることが多くなる…というわけですね。

これは自分が友達や家族などに1万円から3万円程度お金を貸す場合を想像してもわかるでしょう。明らかに信用できる高額所得者の友達がお金を借りに来たら、「まあ、1万円や2万円くらい、別にいいよ」と言ってすぐに貸すでしょう。しかし、仕事をしていない、無収入のニートの友達などがお金を借りに来たら、たとえ1万円や3万円のような小口融資であっても、躊躇するはずです。

というように、融資や審査のスピードというのは、キャッシングの業者・ブランド・銀行であっても、個人単位であっても「相手の信用度・クレジットスコアによって変わる」のが当然なんですね。そのため、モビット・アイフル・アコムなどの大手の消費者金融の審査の所要時間は「最短30分」となっていますが、実際にはある程度クレジットスコア(信用度)が高い人でなければ「最短60分」くらいになることが多い…というわけです。

(審査だけで最短60分なので、この場合は融資までは90分程度になるかと思われます)

今日中に最短即日融資を受けたい!という時の注意点

最後に補足として「今すぐお金を借りたい」「今日中に消費者金融で最短即日融資を受けたい」というようなことを考えている方に、このような場面・シチュエーションでの注意点を書いておきます。それは、同時に他のキャッシングブランドに申し込みをしたり、審査落ちした後連続で2件や3件も申し込むのはやめた方がいいということです。

これはキャッシングの世界では「多重申し込み」というもので、同時申込みにしても連続申込みにしても「この人は、かなり金銭的に問題があって切羽詰まっているので、融資をしても延滞・滞納をする可能性が高い」という風に判断されるわけですね。実際、借り入れをした後まったく遅延・延滞をしない人というのは、お金を借りる段階から明らかに信用できるものです。

もちろん、キャッシングというのは基本的に「今すぐお金を借りたい」「最短即日融資を受けたい」というような、切羽詰まった人のためのサービスであり、この辺は少々ジレンマというか、どんな職業や業界でも抱えている矛盾のようなものだと言えます。ただ、何にしても「その申込者のクレジットスコア(信用度)によって、審査の所要時間は大きく変わる」ということだけは、知っておいて下さい。

また、当然ですが審査申込みをした当日の申し込み状況(混雑状況)によっても審査の所要時間は大きく変動します。このようなことも見越した上で、できるだけ早めに申し込みをしていただく…というのがいいでしょう。(1万円や3万円のような少額借入の時に限った話ではなく)

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング