アイフルの審査基準 ~パート・アルバイト・フリーターも借入可能?~

審査

2015.09.08

aiful-shinsa

アイフルの審査基準 ~自分の収入があれば借入可能~

アイフルの審査基準はシンプルで「自分の収入があれば借入可能」というもの。これはアイフル以外の消費者金融でも共通する審査基準ですが、非常に借りやすいといえます。

安定収入といっても「正社員」である必要はありません。フリーター・アルバイト・パートなどの人でもまったく問題なくOKです。要は自営業などのように「不安定な収入」ではなく「毎月もらえる、普通のお給料」があればいいということですね。

サラリーマン・OLは当然キャッシング可能

アルバイト・パート・フリーターでもOKなので、当然会社員・OLの人などは、アイフルなら余裕でキャッシングできます。会社員というと正社員から契約社員・派遣社員・嘱託社員など多くの属性・肩書がありますが、どれでも大丈夫です。

もちろん、実際に借りられるかは与信状況・個人信用情報など、総合的な信用度が関わってきますが、とりあえず職業・属性としては、これら会社員・OLの人であれば、契約社員だろうと嘱託社員だろうと、問題なくOKということです。

アイフルは学生キャッシングも対応可能

消費者金融で借りられるかどうか微妙な職業・属性として「学生」があります。しかし、アイフルの場合は学生借入についても問題ありません。親権者の同意書など不要で、学生でも即日審査を受けることができます。

もちろん、アルバイト収入は必要ですし、未成年や10代の人では借りることができません。「自分のアルバイト収入がある」「20才以上」という条件が必要です。逆に言えば、これらの条件さえ満たしていれば学生の融資はアイフルでは問題なく可能ということです。

アイフルでキャッシングできない人の条件

逆にアイフルで借り入れできない、審査に通らないという人の条件―。これは「安定・継続収入がない」ということに尽きます。具体的には「専業主婦」などですね。

専業主婦といっても「パートをしている」人ならOKです。ここでいう専業主婦の定義は「パート・アルバイトを一切していない」というもの。そのように「自分で稼いでいない」という主婦の人の場合、アイフルでは残念ながらキャッシングすることができません。

これはアイフルの審査が厳しいということではなく、消費者金融はどこも同じです。モビット・プロミス・アコム・ノーローン…と、すべての大手の消費者金融は「専業主婦キャッシングは不可」となっています。

無職・ニートの人も、アイフルでは借り入れ不可

これは当然かも知れませんが、ニート・無職の人もアイフルではキャッシングできません。専業主婦の場合は一つの職業なので、銀行カードローンの場合は借り入れできます。

しかし、無職・ニートに関しては「職業」というのは厳しいため、アイフルでも他の消費者金融でもキャッシング不可となっています。投資やアフィリエイトなどで収入を得ているという場合も、それで法人化したり、個人事業主として開業届を出していなければ、無職という扱いになります。

ブラックリスト入り・多重債務者などは不利

その他、職業・属性には問題ない人でも、当然「ブラックリスト入りしている」「現時点で多重債務を抱えている」という人の場合、アイフルでもお金を借りることは難しくなります。

これもアイフルだけでなくどの業者・銀行でも同じといえるでしょう。このような場合、これ以上借りるのはむしろ本人のためになりません。このような条件で借りられないのは、むしろいいことと考えるべきでしょう。

自営業・会社経営者でも、アイフルで借りられる

キャッシング審査に通りにくいと言われている、法人経営者・個人事業主・自営業などの属性の方々…。これらの方についても、アイフルなら問題なく審査に通ります。

ただ、少し審査が厳しくなります。アイフルは通常「50万円までは収入証明書不要」で借りられますが、それが「借入金額がいくらでも、収入証明書が必要」になります。

たとえば確定申告書・納税証明書などですが、自営業の方なら必ずこれらは持っているはずなので、特に問題ないでしょう。

ビジネス用の資金なら「事業サポートプラン」も

アイフルには「事業サポートプラン」という、いわゆる「ビジネスローン」があります。そのため事業性資金を借りたいという場合は、こちらでも借入可能。個人用の借入総額がすでに総量規制に達している場合も、それとは別の計算で借りられます。

ただ、当然事業用でなければなりません。生活費などに使うのはNGです。しかし、もし事業用でお金が必要ということであれば、アイフルの場合、この事業者向けローンの審査を受ける…というのもありでしょう。

アイフルでのパートの主婦のキャッシング

アイフルでは、パート・アルバイト・フリーターのように自分の収入がある方なら借入可能…という審査基準になっています。つまり、パートの主婦だったらお金を借りることができる…という審査基準です。この辺は、アイフルだけに限定された話ではなく、どの大手の消費者金融・銀行カードローンでも完全に共通したルールとなっているので、安心してください。

以下、この段落ではパートの主婦がアイフルでお金を借りることについて、解説していきます。(アルバイト・フリーターの方でも、大体共通する部分があるので、参考にしていただけたら幸いです)

自分の収入がない専業主婦は借入不可

パートの主婦の反対の職業・属性として、無収入の専業主婦では、アイフルでお金を借りることはできないようになっています。上にも書いた通り、アルバイト・パートでもフリーターでも何でもいいので、とにかく自分の安定収入があるということが、アイフルなどのキャッシングブランドでお金を借りるための絶対条件、最短即日融資を受けるための絶対に必要な審査基準…となっているからです。

ということで、世間では「主婦」とひとまとめにされることが多いパートの主婦と専業主婦ですが、キャッシングの審査における扱い(借り入れができるかどうかという審査基準)では、まったく異なるもの…という風に考えて下さい。

パートの主婦ならキャッシングできる

上の段落のように、自分の収入がない専業主婦の方々がアイフルで借り入れ(借金)をするということはできません。銀行カードローンだったらできますが、アイフルのような消費者金融の場合、貸金業法などの規制法の絡みによって、アイフルの側が融資・貸付をしたくでもできない…というのが現状なのです。

(また、そもそも自分の収入がない専業主婦では、お金を借りた後で返済していくのが大変ですからね)

一方、パートをしていて自分の収入がある主婦の女性だったら、アイフルでも借入審査に通ることができます。もちろん、絶対に通ると決まっているわけではありませんが、少なくとも職業・属性的にはまったく問題ないということです。

女性向けローンのSuLaLi(スラリ)

アイフルには、レディースローン・レディースキャッシングとして「SuLaLi(スラリ)」という女性向けローンも用意されています。これは最高限度額10万円という少額融資限定のキャッシングで、借り過ぎが心配という女性のために作られたカードローン商品です。10万円という最高借入枠であれば、当然最大限度額500万円までキャッシングできる、普通のアイフルのカードローンよりも審査に通りやすくなるといえるでしょう。

もちろん、SuLaLi(スラリ)が審査が甘いということではありませんが、最大融資枠が500万円のカードローンと、10万円のキャッシングでは、どう考えても後者の方が審査通過率が高くなる…というのは自明の理でしょう。

ただ、SuLaLi(スラリ)もあくまで、パート・アルバイト・フリーターなどとして働いている「自分の収入がある女性」のためのキャッシング商品です。主婦であればパートをしている必要がありますし、何らかのアルバイトをしていなければいけません。ここでもやはり無収入の専業主婦ではキャッシングができない…ということですね。

アイフルの審査通過率・基準は?

ここまでは、どんな職業・属性の人がアイフルで借入可能かという「審査基準」について主に言及してきました。アルバイトやパート・フリーターなどの非正規雇用でもキャッシングができる…というようなことですね。ここからは、そうした「アイフルの審査基準で借入可能な職業・属性」の方々が、実際に審査に通る可能性はどのくらいなのかという「審査通過率」について解説していきます。

アコムと並んで一番高い?

キャッシング・カードローン・消費者金融について述べられたインターネット上の口コミ・評判を見ていると、やはり多くの人が「審査が甘い・ゆるい」借入先を探していることがわかります。そして、そうした消費者の方々の間で話題になるのが「審査通過率」ですが、この審査に通る確率が、アイフルはアコムと並んで大手の消費者金融で一番高い…という風に言われています。

これはあくまでそのようなネット上の評判・体験談があるというだけなので、事実かどうかは判別できません。確かに、アイフル・アコムの公式ページで月次データ・マンスリーレポートと呼ばれる資料を読む限りは、プロミス・モビットを提供しているSMBCコンシューマーファイナンスの投資家向け資料より、やや審査通過率が高いように見受けられます。

ただ、審査通過率というのは水物で、時期やその他の状況・条件によって大きな変動がありますし、審査基準のように固定されているものではありません。(審査基準は「フリーター・アルバイト・パートでもキャッシング可能」というように固定されているものです)

審査基準と審査通過率の違いはともあれ、このように、口コミ・評判で言われているように「アイフルの審査通過率が仮に高い」ものだったとしても、それは常に高いというわけではありませんし、審査に通りやすいということでもありません。あくまで「平均値がほんのわずかに、SMBCコンシューマーファイナンスが提供するプロミス・モビットよりも、高めになっている」というだけであり、常にアイフルの審査通過率がモビット・プロミスよりも高い…ということではないのです。

最終的には信用度・クレジットスコアが高い人であれば、どの消費者金融で申し込むにしても、審査通過率は関係なく借りられるという風に考えて下さい。

中小の消費者金融よりは、大分審査が厳しい

アイフルは東証1部での上場を長年続けている一流企業なので、当たり前と言えば当たり前ですが、いわゆる街金業者と呼ばれる中小の消費者金融と比較すると、アイフルのキャッシングの審査はかなり厳しくなっています。専業主婦がお金を借りることができないという審査基準の面でもそうですし、審査通過率の面でも、やはり街金業者と比較すると相当厳しいというのが、アイフルのキャッシングの審査の実情になります。

もちろん、これはいいことです。逆に考えれば「あなたはヤミ金融で借りたいですか?」ということです。審査が甘い・ゆるい方が嬉しいのであれば、一番嬉しい&ありがたい借り入れ先は、『闇金ウシジマくん』のようなヤミ金融になるわけですが、誰でもヤミ金融のような違法業者で借りたくはないですよね。「審査がゆるい・甘い=いいことではない」というのは、極端な例ではありますが、これだけを見てもわかるでしょう。

確かに「低年収・ブラックリスト」などで、アイフルのような大手の消費者金融から借りることができない…という人の場合は、審査が甘い・ゆるい業者を求めるのも仕方がないかも知れません。しかし、本来はアイフルのように審査が厳しいということは、消費者にとってもいいことである…という風に考えて下さい。

アイフルの審査基準・借りられる職業・属性、まとめ

以上、アイフルの審査基準やパート・アルバイト・フリーター・専業主婦などでもお金を借りることができるのか…という職業・属性についてのポイント、そして審査通過率などをまとめてきました。最後に要点を箇条書きすると、下のようになります。

  • アルバイト・パート・フリーターは、問題なく借入資格を満たしている
  • 主婦は、パート・アルバイトをしていれば借入可能
  • 自分の収入がない専業主婦は借り入れできない
  • アイフルの審査通過率は、モビット・プロミスよりはやや高めと言われる
  • しかし、中小の消費者金融などと比較するとかなり審査が厳しい

「無収入の専業主婦では借り入れできず、アルバイト・パートなどは借りられる」というのは、アイフル以外の消費者金融でも、ここまで書いてきた通り、共通している審査基準です。このような職業・属性に関するキャッシングの審査のルールについて、特に大手の消費者金融の間での違い・相違点はないと考えて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング